NPO Radio4で、エリー・アーメリング(Elly Ameling)の特集ページ公開

オランダのラジオ局NPO Radio4のサイトで、エリー・アーメリング(Elly Ameling)の特集ページが公開されました。

こちら

オランダ語で彼女の経歴が書かれているほか、貴重な写真も掲載されていて、ファンにはたまらない内容になっています!

1963年のフォレ「レクイエム」とヴェルディ「聖歌四篇」は数年前からずっとアップされたままですが、その他のいくつかの音源が久しぶりにアップされているのは嬉しいです。

30 november 1963: Elly Ameling zingt Fauré
フォレ:「レクイエム」とヴェルディ:「聖歌四篇」

1963年11月30日, Concertgebouw, Amsterdam(コンセルトヘバウ、アムステルダム)

Elly Ameling, sopraan
Bernhard Kruysen, bariton (Fauré)
Bernard Bartelink, orgel (Fauré)
Radio Filharmonisch Orkest
Groot Omroepkoor
Carlo Maria Giulini, dirigent

エリー・アーメリング(ソプラノ)
ベルナルト・クライセン(バリトン)(フォレ)
ベルナルト・バルテリンク(オルガン)(フォレ)
オランダ放送大合唱団
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

Gabriel Fauré - Requiem
フォレ:レクイエム(19:15頃からアーメリングの「ピエ・イエズ」)

Giuseppe Verdi - Quattro pezzi sacri (Ave Maria; Stabat Mater; Laudi alla Vergine Maria; Te Deum)
ヴェルディ:「聖歌四篇」(アーメリングは4曲目「テ・デウム」の最後の方37:35からわずかな出番のみ)

Die Zauberflöte door RFO o.l.v Bernard Haitink met Fritz Wunderlich
モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲(アーメリングは第一の童子、ヴンダーリヒがタミーノ)

1958年5月24日

Maria van Dongen(マリア・ファン・ドンゲン) (Pamina; sopraan)(パミーナ)
Fritz Wunderlich(フリッツ・ヴンダーリヒ) (Tamino; tenor)(タミーノ)
Albert van Haasteren(アルベルト・ファン・ハーステレン) (Sarastro/spreker; bas)(ザラストロ、弁者)
Juliane Farkas(ユリアーナ・ファルカス) (Köningin der Nacht; sopraan)(夜の女王)
Jan Derksen(ヤン・デルクセン) (Papageno; bariton)(パパゲーノ)
Nel Duval(ネル・デュヴァル) (Papagena; sopraan)(パパゲーナ)
Annette de la Bije(アネッテ・ド・ラ・ベイエ) (Erste Dame; sopraan)(第一の侍女)
Lucienne Bouwman(ルシエネ・バウマン) (Zweite Dame; mezzosopraan)(第二の侍女)
Annie Deloirie(アニー・デローリ) (Dritte Dame; mezzosopraan)(第三の侍女)
Reinier Schweppe(レニエ・シュヴェッペ) (Monostatos; tenor)(モノスタートス)
Elly Ameling(エリー・アーメリング) (Erste knabe)(第一の童子)
Thea van de Steen(テア・ファン・デア・ステーン) (Zweite knabe)(第二の童子)
Cora Canne Meyer(コーラ・カネ=メイアー) (Dritte knabe)(第三の童子)
Jan Waayer(ヤン・ヴァイアー) (Erster Priester & Erster geharnischter Mann; bas)(第一の僧、第一の武士)
Sybert van Keeken(シーベルト・ファン・ケーケン) (Zweiter Priester & Zweiter geharnischter Mann; bas)(第二の僧、第二の武士)
Nederlands Omroep Koor(オランダ放送合唱団)
Radio Filharmonisch Orkest(オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団)
Bernard Haitink(ベルナルト・ハイティンク) (Dirigent)

Wolfgang Amadeus Mozart - Die Zauberflöte, KV 620
モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲

Elly Ameling en Bernard Haitink
モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」、マーラー:交響曲第2番

1969年11月8日, Concertgebouw, Amsterdam

Elly Ameling (sopraan)
Aafje Heynis (alt)
Groot Omroepkoor
Radio Filharmonisch Orkest
Bernard Haitink (Dirigent)

エリー・アーメリング(ソプラノ)
アーフィエ・ヘイニス(アルト)
オランダ放送大合唱団
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
ベルナルト・ハイティンク(指揮)

Wolfgang Amadeus Mozart - Motet voor sopraan en orkest KV.165, "Exsultate, jubilate"
モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」

Gustav Mahler - Symfonie nr. 2 in c "Auferstehung"
マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」

※上記のサイトから当日のプログラムをPDFでダウンロード出来ます(Mediaという見出しの下の行のリンクを右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」)。

Elly Ameling zingt Schubert
シューベルト・リサイタル(ドルトン・ボールドウィン:ピアノ)

1978年4月14日, Concertgebouw, Amsterdam

Elly Ameling (sopraan)
Dalton Baldwin (piano)

エリー・アーメリング(ソプラノ)
ドルトン・ボールドウィン(ピアノ)

Franz Schubert

1. Ellens Gesang nr.1 (エレンの歌Ⅰ“憩いなさい、兵士よ”D837)
2. Ellens Gesang nr.2 (エレンの歌Ⅱ“狩人よ、休みなさい”D838)
3. Ellens Gesang nr.3 (エレンの歌Ⅲ“アヴェ・マリア”D839)

4. Rosamunde, Fürstin von Zypern D.797: Romanze "Der Vollmond strahlt" (「キプロスの女王ロザムンデ」D797より~ロマンツェ“満月は輝き”)
5. Amalia (アマーリアD195)
6. Das Mädchen (娘D652)
7. Refrainlieder: Die Männer sind méchant (「4つのリフレイン歌曲」より~男はみんなこんなものD866-3)

8. Suleika I (ズライカⅠD720)
9. Der König in Thule (トゥーレの王D367)
10.Gretchens Bitte (グレートヒェンの祈りD564)
11.Gretchen am Spinnrade (糸を紡ぐグレートヒェンD118)

12.Claudine von Villa Bella: "Liebe schwärmt auf allen Wegen" (「ヴィラ・ベラのクラウディーネ」D239より“愛はいたるところに”)
13.Die Liebende schreibt (恋する娘が手紙を書くD673)
14.Nähe des Geliebten (恋人のそばD162)
15.Liebhaber in allen Gestalten (あらゆる姿をとる恋人D558)

16.Heidenröslein (野ばらD257)
17.Der Schmetterling (蝶々D633)

Elly Ameling en Irwin Gage spelen Schubert
シューベルト・リサイタル(アーウィン・ゲイジ:ピアノ)

1975年6月19日, Circustheater, Scheveningen

Elly Ameling (sopraan)
Irwin Gage (piano)

エリー・アーメリング(ソプラノ)
アーウィン・ゲイジ(ピアノ)

Franz Schubert

An Sylvia(シルヴィアにD891)
Ganymed(ガニュメデスD544)
Der Musensohn(ミューズの息子D764)

Ellens Gesang I: Raste, Krieger(エレンの歌ⅠD837:憩いなさい、兵士よ)
Ellens Gesang II: Jäger, ruhe(エレンの歌ⅡD838:狩人よ、狩をお休みなさい)
Ellens Gesang III: Ave Maria(エレンの歌ⅢD839:アヴェ・マリア)

Im Frühling(春にD882)
Suleika I(ズライカⅠD720)
Frühlingsglaube(春の思いD686)

Heimliches Lieben(ひそやかな愛D922)
Der Einsame(孤独な男D800)
Du liebst mich nicht(あなたは私を愛していないD756)
Auf dem Wasser zu singen(水の上で歌うD774)
Gretchen am Spinnrade(糸を紡ぐグレートヒェンD118)
Seligkeit(幸福D433)

Lachen und Weinen(笑ったり泣いたりD777)
Suleika II(ズライカⅡD717)
"Claudine von Villa Bella": Liebe schwärmt auf allen Wegen(「ヴィラ・ベラのクラウディーネ」D239~愛はいたるところに)
An die Musik(音楽に寄せてD547)
Romanze aus "Rosamunde": Der Vollmond strahlt(「ロザムンデ」D797~ロマンス:満月は輝き)
Die Forelle(ますD550)

アーメリングのマスタークラス
Podium Witteman Masterclass: Elly Ameling - 29 augustus

2021年8月29日放送

7分頃~
Lucie Horsch (mezzo soprano), Hans Eijsackers (piano)

Schumann: Widmung, Op. 25-1
シューマン:献呈

25分頃~
Noëlle Drost (soprano), Hans Eijsackers (piano)

Debussy: Mandoline
ドビュッシー:マンドリン

43分頃~
Vincent Kusters (baritone), Hans Eijsackers (piano)

Fauré: Après un rêve, Op. 7-1
フォレ:夢のあとで

Schumann: Widmung, Op. 25-1
シューマン:献呈

| | | コメント (0)

【朗報】アーメリングのPhilipsリサイタル盤、Decca・Philipsのバッハ録音盤の2種類のボックス2023年に発売!

アーメリングファンの皆様、朗報です!
コメント欄でjunさんに教えていただいた情報をシェアいたします。junさん、有難うございます!

なんとエリー・アーメリング(Elly Ameling)の90歳を記念して、2023年にオーストラリアのELOQUENCEレーベルから、彼女の過去の録音をまとめたボックスが2つリリースされるそうです。
1つはPhilipsに録音したリサイタル盤のボックス、もう1つはDeccaとPhilipsのバッハ録音に参加したもののボックスだそうです。

ELOQUENCEレーベルは彼女に限らず、眠ったままになっている音源の発掘を積極的に行っているのですが、まさかこのレーベルからアーメリング全集をリリースしてもらえるとは正直想像していませんでした。

調べたところこちらに情報が出ていますが、詳細はこれから出てくると思います。
来年の楽しみが出来ました!

| | | コメント (0)

アーメリングのカンタータBWV 132初出音源、プライ&シュヴァルツコプフ「フィガロの結婚」、スゼー「ドン・ジョヴァンニ」

すっかり世代交代が進んだ音楽業界ですが、クラシックに親しみはじめた頃に知り実演や録音を夢中で聞いた演奏家たちにノスタルジックな思いを持つのは私も年をとったということなのだと思います。
最近家の大掃除をしていたところ、昔懐かしいコンサートのプログラムやちらしが大量に出てきて、また掃除が捗らなくなってしまいました。

そんなわけで昔懐かしい演奏家たちの珍しい音源をいくつかご紹介したいと思います。

●エリー・アーメリングの参加したバッハ:カンタータBWV132 (1964年)
Bach Kantate BWV 132 Bereitet die Wege, bereitet die Bahn, Gerhard Schmidt Gaden 1964

チャンネル名:Rainer Harald

Aufnahme aus der Stadtpfarrkirche Bad Tölz (original mono)
Bandaufnahme vom Radio

Elly Ameling Sopran
Helen Raab Alt
Theo Altmeyer Tenor
Barry McDaniel Bass
Der Tölzer Knabenchor
Das Collegium musicum des WDR
Leitung: Gerhard Schmidt-Gaden

1.Arie Sopran: Bereitet die Wege, bereitet die Bahn (0:00),
2.Rezitativ Tenor: Willst du dich Gottes Kind und Christi Bruder nennen (7:50)
3.Arie Bass: Wer bist du? Frage dein Gewissen, (10:29)
4.Rezitativ Alt: Ich will mein Gott, dir frei heraus bekennen, (13:51)
5.Arie Alt: Christi Glieder, ach bedenket, (15:42)
6.Choral: Ertöt uns durch deine Güte, erweck uns durch deine Gnad (19:44)

アップしてくださったRainer Haraldさんは過去にもバッハを中心に20世紀後半のラジオ録音を質のよい音源で共有してくださっています。
アーメリングはこの音源では冒頭のアリアを歌っています。31歳のつやつやした美声と伸びやかな発声がファンにはたまりません。素晴らしい音源のアップに感謝です。Sandmanさん作成のElly Ameling Discographyによるとスタジオ録音はされていないレパートリーのようです。
"Kantate zum 4. Advent(第4アドヴェントのカンタータ)"とのことですので、ちょうど今頃のカンタータということなのでしょうか。

●プライ&シュヴァルツコプフ「フィガロの結婚」
Mozart's "Le nozze di Figaro" (Amsterdam, 1961)

チャンネル名:kadoguy(リンク先は音が鳴るのでご注意ください)

Count Almaviva: Hermann Prey
Countess Almaviva: Elisabeth Schwarzkopf
Susanna: Graziella Sciutti
Figaro: Giuseppe Taddei
Cherubino: Stefania Malagu
Marcellina: Mimi Aarden
Don Bartolo: Joseph Rouleau
Don Basilio: Frans Vroons
Don Curzio: Chris Taverne
Barbarina: Wilma Driessen
Antonio: Gé Smit

Netherlands Chamber Choir
Residency Orchestra of the Hague
Conductor: Carlo Maria Giulini

23 June 1961, Stadsschouwburg, Amsterdam, Holland Festival

1961年オランダ・フェスティヴァルのライヴ音源です。ここで注目なのがフィガロではなくアルマヴィーヴァ伯爵をヘルマン・プライ(1929.7.11 - 1998.7.22)が歌っていることと、伯爵夫人のエリーザベト・シュヴァルツコプフ(1915.12.9 - 2006.8.3)と共演していることです。フィガロを当たり役としていたプライがまだ31歳で伯爵を演じていたという事実に驚きました。シュヴァルツコプフはレコード会社の商策なのかF=ディースカウとの共演が多い印象があり、プライと夫婦役というのは珍しいのではないでしょうか。

●スゼー「ドン・ジョヴァンニ」
Mozart's "Don Giovanni" (Lausanne, 1967)

チャンネル名:kadoguy(リンク先は音が鳴るのでご注意ください)

May 19, 1967, Théâtre de Beaulieu, Lausanne, Switzerland

Gérard Souzay (Don Giovanni)
Beverly Sills (Donna Anna)
Michel Sénéchal (Don Ottavio)
Anton Diakov (Il Commendatore)
Arlene Saunders (Donna Elvira)
Heinz Blankenburg (Leporello)
Claude Corbeil (Masetto)
Isabel Garcisanz (Zerlina)

Choir and Orchestra of the Radio Suisse Romande
Reinhard Peters (Conductor)

- Act I 0:00
- Act II 1:29:15

ジェラール・スゼー(1918.12.8 - 2004.8.17)は1963年にドン・ジョヴァンニを初めて歌っているそうですが、正規のスタジオ録音全曲盤はおそらくなかったのではないでしょうか(後でディスコグラフィーを調べてみます)。ライヴ音源でこうして聞けるのは貴重ですね。2004年に亡くなってもう18年が経過したとは本当に早いと思います。

| | | コメント (3)

エリー・アーメリング初期のヴォルフ「イタリア歌曲集」全曲(ハンス・ヴィルブリンク&フェーリクス・ドゥ・ノーベル)(1962年12月)

動画サイトにエリー・アーメリング(Elly Ameling)の新しい音源がアップされていたのでご紹介します!同じくオランダ出身のバリトン歌手ハンス・ヴィルブリンク(Hans Wilbrink: born 8 October 1933 in Rotterdam; died 20 August 2003 in Munich)と分担してヴォルフの「イタリア歌曲集」全曲を演奏した時の録音で、オランダの歌曲ピアノの名手フェーリクス・ドゥ・ノーベル(Felix de Nobel: born 27 May 1907 in Haarlem; died 25 March 1981 in Amsterdam)と共演しています。以前Sandmanさんに教えていただいたサイトBeeld en Geluidの音源とおそらく同じと思われ、最初の数曲は購入して所持していたのですが、その後、おそらく権利の関係で日本からは購入出来なくなってしまった為、こうして全曲を聞くことが出来て嬉しいです。アーメリングとヴィルブリンクは当時29歳、ドゥ・ノーベルは当時55歳で、歌手とピアニストの年齢差26歳です。ちなみにこの年齢差はF=ディースカウとムーアの年齢差と同じです。ベテランのピアニストが有望な若手歌手と組んで世の中に紹介していくという仕組みですね。そういえばJanny de Jong著「Elly Ameling: Vocaal Avontuur」というアーメリングについて書かれた本にこの3人の写真が掲載されていたのを思い出しました。彼女はデームスやボールドウィンと出会う前はドゥ・ノーベルとリサイタルや放送録音でよく共演していたようです。

ここでのアーメリングの声のみずみずしさは言うまでもなく素晴らしいです!安定したテクニックと言葉さばきの見事さは天性のものもきっとあるのでしょう。ヴィルブリンクのハイバリトン(バスバリトンと表記されることもあるようですが)も爽やかで聞いていて気持ちよいです。指揮や合唱ピアノもしていたドゥ・ノーブルは、歌曲のピアニストとしてシュヴァルツコプフやプライなどがオランダに来た時に共演していましたから、日本で言う小林道夫さんのような感じだったのでしょうか。ここでも46曲の難曲を表情豊かに描いていました。

それにしてもヴォルフの「イタリア歌曲集」はやはり楽しいです!!1~2分の曲が多く、全部聴いても75分ぐらい(「冬の旅」と同じぐらい)なので初めて聞くという方もぜひ試しに聞いてみてください。

録音:1962年12月18/20日, デン・ハーグ(デン・ハーハ)(Den Haag)
(※Beeld en Geluidのサイトでは1962年12月18/28日と記載されている。)

エリー・アーメリング(Elly Ameling)(S)
ハンス・ヴィルブリンク(Hans Wilbrink)(BR)
フェーリクス・ドゥ・ノーベル(Felix de Nobel)(P)

1 小さくてもうっとりとさせられるものはある (S) 0:00
2 遠いところに旅立つそうね (S) 2:04
3 あなたは世界で一番美しい (BR) 3:33
4 この世界の生みの親に祝福あれ (BR) 5:06
5 目の見えない人たちは幸いだ (BR) 6:25
6 一体誰があんたを呼んだのよ (S) 8:01
7 月がひどい不満をぶちまけ (BR) 9:12
8 さあ、仲直りしよう (S) 11:01
9 君の魅力がすべて描かれて (BR) 12:50
10 あなたは細い糸たった一本で私を捕まえて (S) 14:25
11 もうどれほどずっと待ち焦がれてきたことでしょう (S) 15:26
12 駄目、お若い方、そんな事しちゃ嫌 (S) 17:35
13 ふんぞり返っておいでだな、麗しき娘よ (BR) 18:21
14 相棒よ、おれたちゃ修道服でもまとって (BR) 19:13
15 私の恋人はとってもちっちゃいの (S) 21:24
16 戦場に向かわれるお若い方々 (S) 23:02
17 君の彼氏が昇天するところを見たいのなら (BR) 24:23
18 ブロンドの頭をあげておくれ、眠るんじゃないぞ (BR) 26:15
19 私たちは二人とも、長いこと押し黙っていました (S) 28:01
20 あたしの恋人が月明りの注ぐ家の前で歌っているわ (S) 30:05
21 あなたのお母さんがお望みでないらしいわね (S) 31:34
22 セレナードを捧げにわたくし参りました (BR) 32:37
23 君にはどんな歌を歌ってあげたらいいのかな (BR) 34:02
24 私はもう濡れていないパンを食べることはありません (S) 35:52
25 彼氏があたしを食事に招いてくれたの (S) 37:16
26 私がしょっちゅう聞かされた噂では (BR) 38:11
27 ベッドの中でへとへとの体を大きく伸ばしているというのに (BR) 39:44
28 侯爵夫人様じゃないんだからって、あたしに言うけど (S) 41:39
29 賤しからぬあなた様の御身分は重々承知しておりますわ (S) 42:50
30 放っておけばいいさ、あんな高慢ちきを演じる女なんか (BR) 44:35
31 どうして陽気でいられるもんか、まして笑うことなんて (S) 45:54
32 なにを怒っているの、大切な方、そんなに熱くなって (S) 47:34
33 僕が死んだら、この体を花で包みこんでおくれ (BR) 49:09
34 それから、あなたが朝早くベッドから起き上がり (BR) 51:17
35 今は亡き君の母上に祝福あれ (BR) 54:03
36 あなたが、愛する方、天国に昇る時がきたら (S) 57:40
37 君を愛することで、どれほどの時間を無駄使いしてきたことか (BR) 59:22
38 君が僕をちら見して笑い出し (BR) 1:00:56
39 緑色と、緑を身にまとう人に幸ありますように (S) 1:02:27
40 ああ、あなたのお家がガラスみたいに透き通っていたらいいのに (S) 1:03:52
41 昨夜、真夜中に私が起き上がると (BR) 1:05:18
42 ぼくはもう歌えないよ、だって風が (BR) 1:06:58
43 ちょっと黙ってよ、そこの不愉快なおしゃべり男 (S) 1:08:04
44 おお、お前は分かっているのだろうか、どれほど俺がお前を思って (BR) 1:09:06
45 深淵が恋人の小屋を飲み込んでしまえ (S) 1:11:03
46 あたし、ペンナに住んでる恋人がいるの (S) 1:12:20

------

Recording: 18/20 December 1962, Den Haag
("Beeld en Geluid" says "Opnameperiode: 1962-12-18 1962-12-28".)

Elly Ameling, soprano
Hans Wilbrink, baritone
Felix de Nobel, piano

1. Auch kleine Dinge können uns entzücken (S) 0:00
2. Mir ward gesagt, du reisest in die Ferne (S) 2:04
3. Ihr seid die Allerschönste weit und breit (BR) 3:33
4. Gesegnet sei, durch den die Welt entstund (BR) 5:06
5. Selig ihr Blinden, die ihr nicht zu schauen (BR) 6:25
6. Wer rief dich denn? Wer hat dich herbestellt (S) 8:01
7. Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben (BR) 9:12
8. Nun laß uns Frieden schließen, liebstes Leben (S) 11:01
9. Daß doch gemalt all deine Reize wären (BR) 12:50
10. Du denkst mit einem Fädchen mich zu fangen (S) 14:25
11. Wie lange schon war immer mein Verlangen (S) 15:26
12. Nein, junger Herr, so treibt man's nicht, fürwahr (S) 17:35
13. Hoffärtig seid Ihr, schönes Kind, und geht (BR) 18:21
14. Geselle, woll'n wir uns in Kutten hüllen (BR) 19:13
15. Mein Liebster ist so klein, daß ohne Bücken (S) 21:24
16. Ihr jungen Leute, die ihr zieht ins Feld (S) 23:02
17. Und willst du deinen Liebsten sterben sehen (BR) 24:23
18. Heb' auf dein blondes Haupt und schlafe nicht (BR) 26:15
19. Wir haben beide lange Zeit geschwiegen (S) 28:01
20. Mein Liebster singt am Haus im Mondenscheine (S) 30:05
21. Man sagt mir, deine Mutter woll es nicht (S) 31:34
22. Ein Ständchen Euch zu bringen kam ich her (BR) 32:37
23. Was für ein Lied soll dir gesungen werden (BR) 34:02
24. Ich esse nun mein Brot nicht trocken mehr (S) 35:52
25. Mein Liebster hat zu Tische mich geladen (S) 37:16
26. Ich ließ mir sagen und mir ward erzählt (BR) 38:11
27. Schon streckt' ich aus im Bett die müden Glieder (BR) 39:44
28. Du sagst mir, daß ich keine Fürstin sei (S) 41:39
29. Wohl kenn' ich Euren Stand, der nicht gering (S) 42:50
30. Laß sie nur gehn, die so die Stolze spielt (BR) 44:35
31. Wie soll ich fröhlich sein und lachen gar (S) 45:54
32. Was soll der Zorn, mein Schatz, der dich erhitzt (S) 47:34
33. Sterb' ich, so hüllt in Blumen meine Glieder (BR) 49:09
34. Und steht Ihr früh am Morgen auf vom Bette (BR) 51:17
35. Benedeit die sel'ger Mutter (BR) 54:03
36. Wenn du, mein Liebster, steigst zum Himmel auf (S) 57:40
37. Wie viele Zeit verlor ich, dich zu lieben (BR) 59:22
38. Wenn du mich mit den Augen streifst und lachst (BR) 1:00:56
39. Gesegnet sei das Grün und wer es trägt (S) 1:02:27
40. O wär dein Haus durchsichtig wie ein Glas (S) 1:03:52
41. Heut Nacht erhob ich mich um Mitternacht (BR) 1:05:18
42. Nicht länger kann ich singen, denn der Wind (BR) 1:06:58
43. Schweig einmal still, du garst'ger Schwätzer dort (S) 1:08:04
44. O wüßtest du, wie viel ich deinetwegen (BR) 1:09:06
45. Verschling der Abgrund meines Liebsten Hütte (S) 1:11:03
46. Ich hab in Penna einen Liebsten wohnen (S) 1:12:20

※私が以前歌曲投稿サイト「詩と音楽」に投稿した「イタリア歌曲集」の全曲訳詩はこちらの曲目リストのリンクからご覧いただけます。

| | | コメント (2)

エリー・アーメリング&ルドルフ・ヤンセン/メンデルスゾーン歌曲集

かつてCBSからLPで発売されていたエリー・アーメリング&ルドルフ・ヤンセンのメンデルスゾーン歌曲集が、アーメリングのYouTube公式チャンネルからアップされました。CD化を諦めていたので、ファンには望外の贈り物となりました!公式チャンネルさん有難うございます!!ちなみにこちらのリンク先に以前オリジナルのLPについて書いた記事があります。

Elly Ameling; Mendelssohn Lieder

録音:1979年12月4日, 30th Street Studio, New York

Elly Ameling(S)
Rudolf Jansen(P)

00:06 Auf Flügeln des Gesanges (歌の翼に), Op. 34-2
03:27 Gruss (挨拶), Op. 19-5
05:07 Neue Liebe (新しい愛), Op. 19-4
07:19 Romanze (ロマンス), Op. 8-10
09:56 Bei der Wiege (ゆりかごのそばで), Op. 47-6
13:48 Tröstung (慰さめ), Op. 71-1
16:14 Im Herbst (秋に), Op. 9-5
18:56 Frühlingslied (春の歌), Op. 47-3
21:45 Der Mond (月), Op. 86-5
23:54 Die Liebende schreibt (恋する女の手紙), Op. 86-3
27:16 Suleika (Ach, um deine feuchten Schwingen) (ズライカ "ああ、湿り気をおびてそよいでくるおまえ"), Op. 34-4
30:10 Suleika (Was bedeutet die Bewegung) (ズライカ "心をかきたてるこのそよぎは何なのでしょう"), Op. 57-3
33:44 Lieblingsplätzchen (お気に入りの場所), Op. 99-3
37:03 Das erste Veilchen (最初のすみれ), Op. 19-2
39:51 Des Mädchens Klage (乙女のなげき)
42:16 Nachtlied (夜の歌), Op. 71-6
45:33 Hexenlied (魔女の歌), Op. 8-8

※曲名の日本語は国内盤LPの表記によりました。

お勧めは全曲です(笑)
このころのアーメリングの弱声で絞りこんだ時のニュアンスの豊かさは心を鷲掴みにされます!
メンデルスゾーンの歌曲は「歌の翼に」「挨拶」「新しい愛」あたりが有名でよく演奏されます。
子守歌の「ゆりかごのそばで」は彼女の良さ全開ですし、「春の歌」と「秋に」の雰囲気の違いはメンデルスゾーンの歌曲創作の振り幅の大きさをあらためて実感でき、同時にアーメリングの多才さが感じられます。
「ズライカ」の2曲はシューベルトと雰囲気が真逆でとても興味深いです。
「乙女のなげき」もシューベルトとの違いを楽しめると思います。
「夜の歌」は真に感動的で、隠れた名曲と言えると思います。
そして「魔女の歌」をはじめてこの録音で知った時の衝撃を思い出しました。歌もピアノパートもとてもドラマティックで楽しめると思います。

個人的に大昔の思い出があって、まだ学生だった頃にラジオでドイツ語講座を聞いていた時期があったのですが、メンデルスゾーンの「お気に入りの場所」の歌詞を解説するという回があり、その時にこのアーメリングの音源が流れたのを思い出しました。よき思い出です。

| | | コメント (0)

エリー・アーメリング・マスタークラス(Internationaal Lied Festival Zeist) (2022/5/18, 5/20)

今月オランダ、ゼイスト(Zeist)で国際リートフェスティヴァル(Internationaal Lied Festival Zeist)が開催されていて、アーメリングのマスタークラスも催されているようです。

Internationaal Lied Festival Zeist
Masterclass Elly Ameling

woensdag 18 mei 2022
10.15 - 13.00 14.00 - 16.45

vrijdag 20 mei 2022
10.15 - 13.00 14.00 - 16.45

5/17のステファヌ・ドゥグー(Stéphane Degout)(BR)とアラン・プラネス(Alain Planès)(P)のリサイタル終演後と思われるアーメリングとの写真もあり、相変わらずお元気そうです。

マスタークラスのレポートを誰かアップしてくれたらいいなと思います。

| | | コメント (2)

エリー・アーメリング89歳誕生日に寄せて:コンサートアーカイヴ

我らがエリー・アーメリング(Elly Ameling)様が本日89歳の誕生日を迎えられました。
おめでとうございます!
昨年の秋にはマスタークラスの模様を映像で公開されてお元気な姿を見ることが出来ました。
今年の誕生日は何を書こうか迷ったのですが、インターネット上で閲覧可能なアーメリング女史の過去のコンサートアーカイヴをまとめてみました。曲目や共演者などの詳細はリンク先からご確認ください。
1957年(当時24歳)にはすでにヴィーンのムズィークフェラインで歌っていたのが驚きです。
これらのコンサートの記録を見ていると、またいつかライヴ録音が発掘されるのではないかと期待してしまいます。
いつまでもお元気でお過ごしください!
Gefeliciteerd met je verjaardag, Elly Ameling!

Musikverein

DI 18. JUNI 1957, 19:30 Uhr
Großer Saal
De Stem des Volks
Antoon Krelage | Beethoven • Dresden

MO 31. JÄNNER 1972, 19:30 Uhr
Brahms-Saal
Elly Ameling • Irwin Gage
Franz Schubert

MI 4. DEZEMBER 1974, 19:30 Uhr
Großer Saal
Wiener Symphoniker
Carlo Maria Giulini | Gabrieli • Mozart • Schubert

DO 5. DEZEMBER 1974, 19:30 Uhr
Großer Saal
Wiener Symphoniker
Carlo Maria Giulini | Gabrieli • Mozart • Schubert

FR 6. DEZEMBER 1974, 19:30 Uhr
Großer Saal
Wiener Symphoniker
Carlo Maria Giulini | Gabrieli • Mozart • Schubert

FR 17. DEZEMBER 1976, 19:30 Uhr
Brahms-Saal
Elly Ameling
Irwin Gage | Ravel • Schubert

MO 20. DEZEMBER 1976, 19:30 Uhr
Brahms-Saal
Elly Ameling
Irwin Gage | Ravel • Schubert

DO 4. OKTOBER 1979, 19:30 Uhr
Brahms-Saal
Elly Ameling
Kecskes • Baldwin | Martin • Brahms • Rossini

SA 6. OKTOBER 1979, 19:30 Uhr
Brahms-Saal
Elly Ameling
Kecskes • Baldwin | Martin • Brahms • Rossini

Holland Festival

Carissimi, J.S. Bach, Bruckner (controleer datum)
Toonkunstkoor Leiden, Residentie Orkest
STADSGEHOORZAAL LEIDEN
vr 5 JULI 1957

J.S. Bach Hohe Messe
Koor Nederlandse Bachvereniging, leden Concertgebouworkest
GROTE KERK NAARDEN
za 5 JULI 1958

J.S. Bach Hohe Messe
Koor Nederlandse Bachvereniging, leden Concertgebouworkest
GROTE KERK NAARDEN
wo 24 JUNI 1959

Händel, Bruckner
Concertgebouworkest, Toonkunstkoor Amsterdam
HET CONCERTGEBOUW
do 9 JULI 1959

J.S. Bach Hohe Messe
Koor Nederlandse Bachvereniging, leden Concertgebouworkest
GROTE KERK NAARDEN
di 21 JUNI 1960

J.S. Bach Hohe Messe
Toonkunstkoor Leiden, leden Concertgebouworkest
PIETERSKERK LEIDEN
di 28 JUNI 1960

Hugo Wolf Ochtendconcert
Nederlands Kamerorkest
HET CONCERTGEBOUW
wo 13 JULI 1960

J.S. Bach Hohe Messe
Toonkunstkoor Leiden, leden Concertgebouworkest
PIETERSKERK LEIDEN (1)
di 27 JUNI 1961

Liederenrecital Elly Ameling
Elly Amerling, Felix de Nobel
HET CONCERTGEBOUW
ma 17 JUNI 1963

Van der Horst, J.S. Bach, Schubert, Bizet
Concertgebouworkest
HET CONCERTGEBOUW
di 15 JUNI 1965

J.S. Bach
Residentie Orkest, Nederlands Kamerkoor
KURHAUS SCHEVENINGEN
wo 7 JULI 1965

J.S. Bach, Mahler
Concertgebouworkest, Toonkunstkoor Amsterdam, Koninklijke Mannenzangvereniging Apollo
HET CONCERTGEBOUW
ma 11 JULI 1966

Openingsconcert Internationaal Orgelconcours
Nederlands Kamerkoor, Radio Kamerorkest
ST. BAVOKERK HAARLEM
di 4 JULI 1967

Monteverdi, J. Andriessen, Moesorgski
Rotterdams Philharmonisch Orkest, Ad hoc jazzcombo
DE DOELEN ROTTERDAM
za 15 JULI 1967

Mozart
Cyclus 3
Elly Ameling
HET CONCERTGEBOUW
za 28 JUNI 1969

Het onbekende lied 1
Elly Ameling, Irwin Gage
DE DOELEN ROTTERDAM
di 16 JUNI 1970

Van den Kerckhoven, Des Prez, Sweelinck, H. Andriessen, Diepenbrock
Nederlands Madrigaalkoor
MAREKERK LEIDEN
wo 16 JUNI 1971

Schubertliederen
Elly Ameling, Ernst Haefliger, Irwin Gage
CONGRESGEBOUW DEN HAAG
do 24 JUNI 1971

Schubert-programma
Nederlands Kamerkoor
HET CONCERTGEBOUW
vr 2 JULI 1971

Smetana, Tsjaikovski, Mozart, Weber, Berlioz
Concertgebouworkest
RAI
vr 30 JUNI 1972

Holland Festifinale
Rotterdams Philharmonisch Orkest, Metropole Orkest, Trio Pim Jacobs, De Sissies, Trio Louis van Dijk e.a.
DE DOELEN ROTTERDAM
za 8 JULI 1972

Schubert-recital
Elly Ameling
CIRCUSTHEATER SCHEVENINGEN
do 19 JUNI 1975

Wolf - Italienisches Liederbuch
Elly Ameling, Paul Sperry, Irwin Gage
CIRCUSTHEATER SCHEVENINGEN
za 5 JUNI 1976

Mozart-programma
Concertgebouworkest
HET CONCERTGEBOUW
za 19 JUNI 1976

Concertgebouworkest

Zaterdag 5 juli 1958 19:30 uur Grote Kerk Naarden

Dinsdag 2 december 1958 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 17 januari 1959 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 18 januari 1959 14:30 uur Concertgebouw Amsterdam

Dinsdag 23 juni 1959 19:30 uur Grote Kerk Naarden

Woensdag 24 juni 1959 19:30 uur Grote Kerk Naarden

Donderdag 9 juli 1959 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Dinsdag 21 juni 1960 19:30 uur Grote Kerk Naarden

Zondag 19 februari 1961 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 23 september 1961 14:30 uur Grote Kerk Naarden

Woensdag 8 november 1961 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 9 november 1961 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Dinsdag 26 december 1961 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Dinsdag 26 februari 1963 20:30 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 18 december 1963 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 19 december 1963 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 26 december 1964 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 12 maart 1965 20:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 14 maart 1965 14:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 12 mei 1965 19:30 uur Grote Kerk Naarden

Dinsdag 15 juni 1965 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 1 juni 1966 20:15 uur De Doelen Rotterdam

Vrijdag 3 juni 1966 Aanvang onbekend Grote Kerk Naarden

Maandag 11 juli 1966 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 13 juli 1966 20:15 uur Ruhrfestspielhauses Recklinghausen, Duitsland

Donderdag 14 juli 1966 20:15 uur Ruhrfestspielhauses Recklinghausen, Duitsland

Vrijdag 28 oktober 1966 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 17 december 1966 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 18 december 1966 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Maandag 26 december 1966 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 5 januari 1967 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 27 september 1967 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 28 september 1967 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 30 september 1967 20:15 uur Kurhaus Scheveningen

Zaterdag 7 oktober 1967 20:15 uur De Doelen Rotterdam

Maandag 9 oktober 1967 20:15 uur Musis Sacrum Arnhem

Dinsdag 12 december 1967 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 18 april 1968 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 21 april 1968 20:00 uur Städtische Festhalle Viersen, Duitsland

Donderdag 16 mei 1968 20:00 uur De Vereeniging Nijmegen

Vrijdag 17 mei 1968 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Maandag 23 december 1968 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 27 maart 1969 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 28 maart 1969 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 30 maart 1969 12:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Dinsdag 6 mei 1969 14:30 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 8 mei 1969 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 11 februari 1970 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 12 februari 1970 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 19 maart 1970 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 20 maart 1970 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 22 maart 1970 12:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 6 februari 1972 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Maandag 7 februari 1972 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 23 maart 1972 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 24 maart 1972 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 26 maart 1972 12:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 30 juni 1972 20:15 uur RAI Amsterdam

Donderdag 21 september 1972 20:30 uur Sint-Baafskathedraal Gent, België

Vrijdag 22 september 1972 20:30 uur Sint-Pieterskerk Leuven, België

Donderdag 5 april 1973 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 6 april 1973 20:30 uur Congresgebouw Den Haag

Donderdag 12 april 1973 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 13 april 1973 19:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 15 april 1973 12:00 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 24 november 1973 20:30 uur Congresgebouw Den Haag

Zondag 25 november 1973 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 2 december 1973 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 21 maart 1975 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 23 maart 1975 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 19 juni 1976 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Maandag 21 juni 1976 20:30 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 1 april 1977 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zondag 3 april 1977 14:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 7 januari 1981 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 8 januari 1981 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Woensdag 23 november 1983 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Donderdag 24 november 1983 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Zaterdag 26 november 1983 20:15 uur Concertgebouw Amsterdam

Vrijdag 21 maart 1986 20:15 uur Muziekcentrum Vredenburg Utrecht

Zondag 23 maart 1986 14:15 uur Muziekcentrum Vredenburg Utrecht

Wiener Konzerthaus
→Suchbegriff(e)欄にElly Amelingと入力してSUCHENをクリックして下さい。

DI 27 FEBRUAR 1968
19:30 Uhr Mozart-Saal
Schubert
Elly Ameling, Sopran
George Pieterson, Klarinette
Irwin Gage, Klavier

MI 8 APRIL 1970
19:30 Uhr Mozart-Saal
Mozart, Schumann, Debussy & Wolf
Elly Ameling, Sopran
Irwin Gage, Klavier

Performances of Elly Ameling at BBC Music

17:00 Sun 21 Jul 1968 Royal Albert Hall
Prom 03
Johann Sebastian Bach: St Matthew Passion
Elly Ameling, soprano
Karl Richter, conductor
English Chamber Orchestra

19:30 Thu 8 Aug 1968 Royal Albert Hall
Prom 19
Robert Schumann: Manfred, Op 115: Overture
Ludwig van Beethoven: Piano Concerto No 5 in E flat major, 'Emperor'
Benjamin Britten: Spring Symphony
Elly Ameling, soprano
Norma Procter, contralto
Alexander Young, tenor
Bernard Haitink, conductor
London Philharmonic Orchestra

19:30 Thu 11 Sep 1969 Royal Albert Hall
Prom 50
Claudio Monteverdi:
Dixit Dominus [II], SV 264
Currite, populi, SV 297
Laudate Dominum omnes gentes [III], SV 274
Nisi Dominus [II], SV 201
Ego flos campi, SV 301
Confitebor tibi Domine [III], SV 267
Beatus vir [I] 'concertato', SV 268
L'Orfeo (Prologue)
L'Orfeo (Act 1)
L'Orfeo (Act 2)
Elly Ameling, soprano, Musica; & others
Sir John Eliot Gardiner, conductor
English Baroque Soloists (pre-1977, Monteverdi Orchestra)

19:30 Thu 27 Aug 1970 Royal Albert Hall
Prom 38
Jean‐Philippe Rameau:
Hippolyte et Aricie: Act 3
Hippolyte et Aricie: Act 4
Igor Stravinsky: Symphony of Psalms
Johann Sebastian Bach:
Concerto in D minor for two violins, BWV 1043
Cantata No. 34, 'O ewiges Feuer, O Ursprung der Liebe', BWV 34
Elly Ameling, Aricie; & others
Sir John Eliot Gardiner, conductor
English Baroque Soloists (pre-1977, Monteverdi Orchestra)

19:30 Wed 1 Sep 1971 Royal Albert Hall
1 Sep: Prom 37
Johann Sebastian Bach:
Ascension Oratorio
Jesu, meine Freude, BWV 227
Brandenburg Concerto No 1 in F major, BWV 1046
Magnificat in D major
Elly Ameling, soprano; & others
Sir John Eliot Gardiner, conductor
English Baroque Soloists

19:30 Mon 7 Aug 1972 Royal Albert Hall
Prom 16
Franz Schubert:
Rosamunde, Fürstin von Zypern, D 797
No. 9 Hunters' Chorus 'Wie lebt sich's fröhlich'
Ständchen, D 920a (with male chorus)
Nachthelle, D 892
Gesang der Geister über den Wassern, D 714
Ludwig van Beethoven: Piano Concerto No 4 in G major
Joseph Haydn: Mass in B flat major 'Theresienmesse', Hob. XXII:12
Elly Ameling, soprano; & others
Sir John Eliot Gardiner, conductor
BBC Symphony Orchestra

19:30 Wed 8 Aug 1973 Royal Albert Hall
Prom 18
Johann Sebastian Bach: Mass in B minor
Elly Ameling, soprano; & others
Sir John Eliot Gardiner, conductor
English Baroque Soloists (pre-1977, Monteverdi Orchestra)

19:30 Sat 17 Aug 1974 Royal Albert Hall
Prom 30
Ludwig van Beethoven: Symphony No. 6 in F major, ‘Pastoral’
Benjamin Britten: Spring Symphony
Elly Ameling, soprano
Helen Watts, contralto
Gerald English, tenor
Bernard Haitink, conductor
London Philharmonic Orchestra

東京文化会館(Tokyo Bunka Kaikan)

ドイツ・バッハ・ソリステン 1972年日本公演 1972年03月01日 大

エリー・アメリンク ソプラノリサイタル 1975年12月11日 大

エリー・アメリンク リサイタル 1978年03月25日 大

エリー・アメリング/トゥルーズ室内管弦楽団 1983年04月04日 大

エリー・アメリング ソプラノ独唱会 1985年11月22日 大

●1972年初来日リサイタル(日比谷公会堂)

プログラム冊子より1

プログラム冊子より2

26 February 1972, Hibiya-kokaido (Tokyo Metropolitan Hibiya Public Hall)
Debussy, Roussel, Caplet & Schubert
Elly Ameling, soprano
Michio Kobayashi(小林道夫), piano

Idomeneo - De Nederlandse Operastichting

Mozart: Idomeneo
18, 20 mei 1973 - Circustheater, Scheveningen
22, 23, 25, 27 mei - Stadsschouwburg, Amsterdam
29 mei - Rotterdamse Schouwburg
1 juni - Stadsschouwburg, Utrecht
Muzikale leiding: Michael Gielen
Regie: Filippo Sanjust
Decor en kostuums: Filippo Sanjust
Ilia Elly Ameling, Elettra Slavka Tasková, Idomeneo Eric Tappy, Idamante Werner Krenn, Arbace Meinard Kraak, Voce di Nettuno Tom Haenen, Gran Sacerdotte Johan van der Zalm, Vocaal kwartet Tine van Grootel, Anke Brokstra, Henk Kooijmans, Tom Haenen
Het Radio Kamerorkest
Het Nederlands Operakoor, koordirigent Cor Olthuis

Reprise 1975/76
6, 8, 10, 18 februari 1976 - Stadsschouwburg, Amsterdam
12 februari - Stadsschouwburg, Eindhoven
14 februari - Circustheater, Scheveningen
16 februari - Rotterdamse Schouwburg
20 februari - Stadsschouwburg, Breda
Muzikale leiding Hans Vonk, Ilia Elly Ameling, Elettra Slavka Tasková, Idomeneo Eric Tappy / George Shirley, Idamante Philip Langridge, Arbace Meinard Kraak, Voce di Nettuno Tom Haenen, Gran Sacerdotte Rudolf Ruivenkamp, Vocaal kwartet Renée van Haarlem, Maud Ockers, Rudolf Ruivenkamp, Tom Haenen
Het Radio Kamerorkest
Het Nederlands Operakoor, koordirigent Thijs Kramer

Carnegie Hall

Elly Ameling, Soprano, and Leon Fleisher, Piano
Nov 16, 1975 at 8 PM — Main Hall

St. Louis Symphony Orchestra
Jan 26, 1978 at 8 PM — Main Hall

Elly Ameling, Soprano
Mar 14, 1982 at 3 PM — Main Hall

The Hague Philharmonic
Apr 29, 1982 at 8 PM — Main Hall

Atlanta Symphony Orchestra
Mar 27, 1983 at 3 PM — Main Hall

Elly Ameling, Soprano
Apr 5, 1984 at 8 PM — Main Hall

Choral Celebration of Bach
Apr 3, 1985 at 7:30 PM — Main Hall

Choral Celebration of Bach
Apr 7, 1985 at 7:30 PM — Main Hall

Elly Ameling, Soprano
Apr 2, 1986 at 8 PM — Main Hall

Orpheus Chamber Orchestra
Mar 14, 1987 at 8 PM — Main Hall

Elly Ameling, Soprano
Nov 5, 1987 at 8 PM — Main Hall

Boston Symphony Orchestra
→リンク先のSoloistの欄にElly Amelingと入力してSearchをクリックして下さい。

04-16-1976 /
1975-1976 Season
Johann Sebastian Bach / St. Matthew Passion, BWV 244
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Symphony Hall
Boston, MA, U.S.A.

04-17-1976 /
1975-1976 Season
Johann Sebastian Bach / St. Matthew Passion, BWV 244
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Symphony Hall
Boston, MA, U.S.A.

04-11-1980 /
1979-1980 Season
Felix Mendelssohn / Elijah, Op. 70
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Symphony Hall
Boston, MA, U.S.A.

04-12-1980 /
1979-1980 Season
Felix Mendelssohn / Elijah, Op. 70
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Symphony Hall
Boston, MA, U.S.A.

08-21-1980 /
1979-1980 Season
Wolfgang Amadeus Mozart / Abendempfindung, K.523
Robert Schumann / Frauenliebe und -leben, Op. 42
Francis Poulenc / Fiançailles pour rire
more...
Elly Ameling / Soprano
Rudolf Jansen / Piano
Tanglewood - Theatre-Concert Hall
Lenox, MA, U.S.A.

08-23-1980 /
1979-1980 Season
Felix Mendelssohn / Elijah, Op. 70
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Tanglewood - Shed
Lenox, MA, U.S.A.

08-24-1980 /
1979-1980 Season
Felix Mendelssohn / Elijah, Op. 70
Elly Ameling / Soprano
Seiji Ozawa
Boston Symphony Orchestra
Tanglewood - Shed
Lenox, MA, U.S.A.

07-14-1984 /
1983-1984 Season
Johann Sebastian Bach / Cantata No. 212, "Mer hahn en neue Oberkeet," BWV 212
Georg Philipp Telemann / Tageszeiten, for soprano, alto, tenor, bass, mixed chorus, and small orchestra
Elly Ameling / Soprano
Kurt Masur
Boston Symphony Orchestra
Tanglewood - Shed
Lenox, MA, U.S.A.

07-15-1984 /
1983-1984 Season
Georg Philipp Telemann / Tageszeiten, for soprano, alto, tenor, bass, mixed chorus, and small orchestra
Johann Sebastian Bach / Cantata No. 212, "Mer hahn en neue Oberkeet," BWV 212
Elly Ameling / Soprano
Kurt Masur
Boston Symphony Orchestra
Tanglewood - Shed
Lenox, MA, U.S.A.

07-19-1984 /
1983-1984 Season
Franz Schubert / An die Musik, D.547
more...
Elly Ameling / Soprano
Rudolf Jansen / Piano
Tanglewood - Theatre-Concert Hall
Lenox, MA, U.S.A.

07-02-1987 /
1986-1987 Season
Franz Schubert / Im Frühling, D.882 (Op. 101, No. 1)
more...
Elly Ameling / Soprano
Rudolf Jansen / Piano
Tanglewood - Theatre-Concert Hall
Lenox, MA, U.S.A.

University of Michigan

November 16, 1976 at 8:30
Rackham Auditorium, Ann Arbor, Michigan
Mozart, Schubert, Martin, Faure, & Satie
Elly Ameling
Dalton Baldwin

March 12, 1980 at 8:30
Rackham Auditorium, Ann Arbor, Michigan
Schumann, Mendelssohn, Poulenc, Chausson, Granados, Guastavino, & Turina
Elly Ameling
Dalton Baldwin

April 13,1991 at 8:00
Rackham Auditorium, Ann Arbor, Michigan
Schumann, Schubert, Poulenc, Ravel, Obradors, Guastavino, & Granados
Elly Ameling
Rudolf Jansen

Göteborgs Symfoniker

1976-11-30 20:00 Stora salen
Mozart, Schubert, Poulenc, Fauré & Satie
Elly Ameling Soprano
Dalton Baldwin Piano

1979-09-15 15:00 Stora salen
Mozart Ch'io Mi Scordi Di Te/non Temer..., K. 505
Ravel Shéhérazade
Elly Ameling Soprano
Rudolf Jansen Piano
Göteborgs Symfoniker
Francesco Cristofoli Conductor

1981-09-22 19:30 Stora salen
Schubert
Elly Ameling Soprano
Rudolf Jansen Piano

1983-09-24 15:00 Stora salen
Mozart, Weldon, Schubert, & others
Elly Ameling Soprano
Rudolf Jansen Piano

Pittsburgh Symphony Orchestra

1977-78 Season
1978-05-12; Friday
1978-05-13; Saturday
1978-05-14; Sunday
Heinz Hall; Pittsburgh; PA
Elly Ameling, soprano
Pittsburgh Symphony Orchestra
Andre Previn, piano, conductor
Franz Joseph Haydn
Symphony No. 94 in G major, "Surprise"
Wolfgang Amadeus Mozart
"Ch'io mi scordi di te--Non temer, amato bene", K. 505
Gustav Mahler
Symphony No. 4 in G major

1979-80 Season
1980-08-13; Wednesday
Temple University Music Festival; Ambler; PA
Elly Ameling, soprano
Pittsburgh Symphony Chamber Orchestra
Sergiu Comissiona, conductor
Richard Wagner
Siegfried Idyll
Johann Sebastian Bach
Weichet nur, betrübte Schatten, BWV 202
Wolfgang Amadeus Mozart
"Vado, ma dove? O dei", K. 583
Wolfgang Amadeus Mozart
"Ch'io mi scordi di te--Non temer, amato bene", K. 505
Wolfgang Amadeus Mozart
Symphony No. 36 in C major, K. 425, "Linz"

Lucerne Festival

7. September 1979, 20:00 Franziskanerkirche, Bach & Handel, Linde Consort, Hans-Martin Linde

Schubertiade

23 Juni 1982, 20:00, Rittersaal im Palast, Hohenems
Schubert
Elly Ameling Sopran; Rudolf Jansen Klavier; Tom Krause Bariton; Irwin Gage Klavier

22 Juni 1984, 18:30, Rittersaal im Palast, Hohenems
Schubert
Elly Ameling Sopran; Rudolf Jansen Klavier

27 Juni 1985, 20:00, Rittersaal im Palast, Hohenems
Schubert
Elly Ameling Sopran; Rudolf Jansen Klavier; Sabine Meyer Klarinette

サントリーホール(Suntory Hall)

エリー・アメリング ソプラノリサイタル 1987年11月29日 大ホール

エリー・アメリング ソプラノリサイタル 1989年11月3日 大ホール

Philadelphia Chamber Music Society

Elly Ameling, soprano
Rudolf Jansen, piano
TUESDAY, APRIL 16, 1991 - 8:00 PM
Independence Seaport Museum

Elly Ameling, soprano
Dalton Baldwin, piano
TUESDAY, OCTOBER 20, 1992 - 8:00 PM
Independence Seaport Museum

【おまけ】
アーメリングの公式YouTubeチャンネルに、シューベルト「岩の上の羊飼い(Der Hirt auf dem Felsen), D 965」のオーケストラ伴奏版の音源がアップされました(編曲者が誰なのかは明記されていません)。
アーメリングの80歳記念の5枚組CD"80 jaar"に収録された演奏と同一音源ですが、シェアしていただけるとは有り難い配慮だと思います。
1973年という彼女の声の全盛期の録音です。悪かろうはずがありません!

Der Hirt auf dem Felsen(岩の上の羊飼い), D 965
Elly Ameling(エリー・アーメリング)
Bas de Jong(バス・ドゥ・ヨング), clarinet
Radio Filharmonisch Orkest(オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団)
Jean Fournet(ジャン・フルネ)
VARA 10-02-1973, Concertgebouw Amsterdam

---------

(2022/3/6追記)

Indiana University Auditorium

Nov 13, 1975 - Elly Ameling and Dalton Baldwin

Jul 06, 1981 - Elly Ameling

Gewandhaus Orchester

DO 08. DEZ 1983 20:00 GROSSER SAAL
Mendelssohn-Bartholdy-Zyklus
3. Konzert Serie I
Gewandhausorchester, Kurt Masur Dirigent, Elly Ameling Sopran
Felix Mendelssohn Bartholdy — Sinfonia XII g-Moll MWV N 12
Christoph Willibald Gluck — O del mio dolce ardor – Arie aus der Oper "Paride ed Elena"
Antonio Vivaldi — Armatae face et anguibus – Arie aus dem Oratorium "Juditha triumphans" RV 644
Georg Friedrich Händel — Piangerò la sorte mia – Arie der Cleopatra aus der Oper "Giulio Cesare in Egitto" HWV 17
Giovanni Paisiello — Nel cor più non mi sento – Arietta aus "L'amor contrastato ossia La molinarella"
Pause
Robert Schumann — 1. Sinfonie B-Dur op. 38 ("Frühlingssinfonie")

FR 09. DEZ 1983 20:00 GROSSER SAAL
Mendelssohn-Bartholdy-Zyklus
3. Konzert Serie I
Gewandhausorchester, Kurt Masur Dirigent, Elly Ameling Sopran
Felix Mendelssohn Bartholdy — Sinfonia XII g-Moll MWV N 12
Christoph Willibald Gluck — O del mio dolce ardor – Arie aus der Oper "Paride ed Elena"
Antonio Vivaldi — Armatae face et anguibus – Arie aus dem Oratorium "Juditha triumphans" RV 644
Georg Friedrich Händel — Piangerò la sorte mia – Arie der Cleopatra aus der Oper "Giulio Cesare in Egitto" HWV 17
Giovanni Paisiello — Nel cor più non mi sento – Arietta aus "L'amor contrastato ossia La molinarella"
Pause
Robert Schumann — 1. Sinfonie B-Dur op. 38 ("Frühlingssinfonie")

---------

(2022/10/23追記)

La Fonoteca nazionale svizzera fa parte della Biblioteca nazionale svizzera

17.04.1966, ZH (Studio 1)
Schmid, Erich; Radio-Orchester Beromünster; Ameling, Elly
Mahler, Gustav: Sinfonie Nr. 4 G-Dur

09.11.1983, Basel (Stadtcasino, Grosser Musiksaal)
Comissiona, Sergiu; Basler Sinfonieorchester; Ameling, Elly
Ravel, Maurice: Shéhérazade. 3 Lieder für Singstimme und Orchester

| | | コメント (2)

エリー・アーメリング公式チャンネル動画2本更新:ショッソン『7つの歌曲』、コンサートアンコール(トゥリーナ、エリントン)

嬉しいことにエリー・アーメリング公式チャンネルに新しい動画が2本アップされていました。

●コンサートのアンコール2曲:トゥリーナ、エリントン
Elly Ameling; Two encores, Turina and Ellington

アンコール2曲、1985年10月6日フレーデンビュルフ録音
00:05 ホアキン・トゥリーナ:カンタレス(歌)
2:09 デューク・エリントン:ソフィスティケイテッド・レイディー

エリー・アーメリング(S)
ルドルフ・ヤンセン(P)

Two encores, recorded Vredenburg, October 6 1985
00:05 Joaquín Turina - Cantares
2:09 Duke Ellington - Sophisticated Lady

Elly Ameling, soprano
Rudolf Jansen, piano

コンサートのアンコールとして演奏された2曲とのことです。私の知る限り初出音源ではないでしょうか。スペイン歌曲とジャズのスタンダードナンバーをヤンセンがピアノでつないで続けて演奏しているのが興味深いです。全く異なる様式の作品をこうしてまとめて披露してしまえるアーメリングはやはり凄い人ですね。

●ショッソン(一般的な表記はショーソン)『7つの歌曲』Op. 2
Elly Ameling; Sept Mélodies op. 2 - Chausson

ショッソン『7つの歌曲』Op. 2
00:05 1.ナニー
02:43 2.魅惑
04:46 3.蝶々
06:08 4.最後の一葉
08:27 5.イタリア風のセレナード
10:22 6.ヘーベ
13:06 7.ハチドリ

Sept Mélodies op. 2 - Ernest Chausson (1855-1899)
00:05 Nanny (Charles Leconte de Lisle)
02:43 Le charme (Paul Armand Sylvestre)
04:46 Les Papillons (Théophile Gautier)
06:08 La dernière feuille (Théophile Gautier)
08:27 Sérénade Italienne (Paul Bourget)
10:22 Hébé (Louise Ackermann)
13:06 Le Colibri (Charles Leconte de Lisle)

Elly Ameling, soprano
Rudolf Jansen, piano
AVRO RK3, 1-12-1982

ショッソンの『7つの歌曲』Op. 2全曲がここで演奏されていますが、このうち1曲目の「ナニー」のみ彼女の放送録音集"80 jaar"に同一音源が収録されています。実はオランダのネットラジオ局Radio 4で以前にこの全曲が放送されたことがありますが、こうして動画サイトで繰り返し聴けるようにしてもらえるのはファンにとって嬉しいだけでなく歌を勉強している方にとっても有難いことではないかと思います。ショッソンの歌曲は和声の機微がなんとも言えない味を醸し出していて、聞くたびに惹かれます。この7曲のうち「ハチドリ」はコンサートで彼女がよく歌っていて私もアンコールで実際に聴きました。歌曲集としてまとめて聴くと、ショッソンの作風の様々な側面が感じられてとても魅力的でした。そしてアーメリングの歌唱とヤンセンのピアノはいつもながらそれぞれの異なる世界観を細やかに提示してくれています。

------------

(2021/11/7追記)

2021/10/30の10:15-12:45、14:00-16:30にエリー・アーメリングのマスタークラスが実施されたようです。オランダのゼイストで2021/10/22-31まで催された国際リート・フェスティヴァル(Internationaal Lied Festival Zeist)の一環のようです。
Twitterに参加された方からのリポートがありましたのでリンクを貼っておきます。日本のピアニスト木口さんも参加されたそうです。

木口雄人
https://twitter.com/kiguchi_yuto/status/1453402816266096642

Margriet Schipper
https://twitter.com/MargrietSchipp1/status/1454108546119917570

それからアーメリングといくつかの録音やコンサートで名演を残した指揮者ベルナルト・ハイティンクさん(Bernard Haitink: 4 March 1929 – 21 October 2021)のご冥福をお祈りいたします。

| | | コメント (2)

エリー・アーメリング&ルドルフ・ヤンセン他(Elly Ameling, Rudolf Jansen, & others)フランス放送録音(1985年1月28日)

エリー・アーメリング((Elly Ameling)の1985年の初出音源がアップされていました!!
未知だった音源がどんどん発掘されていくのはファンにとってはたまらなく嬉しいです。
1985年のフランスでの放送音源とのことで、プログラムは、フォレ、ラヴェルのアンサンブル版歌曲集とシューベルトの「岩の上の羊飼い」を含む7曲です。

フォレの歌曲集『優れた歌(La bonne chanson)』は抜粋の7曲ですが、おそらくライヴでは全9曲披露されて、ラジオ番組の時間制約上第1曲、第8曲がカットされたのだろうと推測されます。

演奏形態は、フォレが歌+弦楽四重奏+ピアノ、ラヴェルが歌+フルート2+クラリネット2+弦楽四重奏+ピアノ、シューベルトは「岩の上の羊飼い」のみ歌+クラリネット+ピアノで他は歌+ピアノです。

アーメリングは1985年1月&9月にERATOレーベルにラヴェル歌曲集を録音しているのですが、その時の共演メンバーが今回の音源と同じなので、おそらくスタジオ録音と放送用録音を平行して行ったのではないかと推測されます。

そしてアーメリングの歌声、とても素晴らしかったです!相変わらずきめの細かい感触が彼女の歌から感じられます。言葉一つ一つを大切にしながら、フレーズの大きな流れも意識した至芸!
ピアノ、弦楽四重奏、管楽器とのアンサンブルも美しかったです。

それにしてもアーメリングは「岩の上の羊飼い」が好きだったようで、いろんな音源が発掘されていますね(日本では一度も披露されなかったのが意外です)。

An Elly Ameling Recital (France, 1985)

チャンネル名:kadoguy

フランス放送音源
1985年1月28日

エリー・アーメリング(S)
ルドルフ・ヤンセン(P)
ヴィオッティ四重奏団
フィリップ・ゴティエ(FL)
ジャン=ルイ・ボマディエ(FL)
ロラン・スィモンスィニ(CL)
ジャン=マルク・ヴォルタ(CL)

I. ガブリエル・フォレ:『優れた歌』Op. 61 (抜粋)
2. 曙の色がひろがり 0:00
3. 白い月 2:00
4. ぼくは不実な道を歩いていた 4:26
5. ほんとに、ぼくはこわいくらいだ 6:14
6. おまえがいなくなる前に 8:33
7. さて、それは或る明るい夏の日のことだ 10:56
9. 冬は終わった 13:24

II. モリス・ラヴェル:『3つのステファヌ・マラルメの詩』M. 64
溜息 16:27
叶わぬ望み 20:16
臀部より出でて,ひと跳びで 24:08

III. フランツ・シューベルト:
夕映えの中で, D. 799 26:58
月に寄せて, D. 193 31:12
ひそやかな恋, D. 922 34:30
乙女の嘆き, D. 191 38:30
ここにいたこと, D. 775 42:06
若い尼僧, D. 828 46:04

IV. フランツ・シューベルト: 岩の上の羊飼い, D. 965 50:49

---------

French radio broadcast
28 January 1985

Elly Ameling(S)
Rudolf Jansen(P)
Quatuor Viotti
(Philippe Goulut, violin; Mark Duprez, violin; Pierre Franck, viola; and Hugh Mackenzie, cello)
Philippe Gautier(FL)
Jean-Louis Beaumadier(FL)
Roland Simoncini(CL)
Jean-Marc Volta(CL)

I. Gabriel Fauré: "La bonne chanson", op. 61 (excerpts)
2. "Puisque l'aube grandit" 0:00
3. "La lune blanche luit dans les bois" 2:00
4. "J'allais par des chemins perfides" 4:26
5. "J'ai presque peur, en vérité" 6:14
6. "Avant que tu ne t'en ailles" 8:33
7. "Donc, ce sera par un clair jour d'été" 10:56
9. "L'hiver a cessé" 13:24

II. Maurice Ravel: "Trois Poèmes de Stéphane Mallarmé", M. 64
"Soupir" 16:27
"Placet futile" 20:16
"Surgi de la croupe et du bond" 24:08

III. Franz Schubert: Six Songs
"Im Abendrot", D. 799 26:58
"An den Mond", D. 193 31:12
"Heimliches Lieben", D. 922 34:30
"Des Mädchens Klage", D. 191 38:30
"Daß sie hier gewesen", D. 775 42:06
"Die junge Nonne", D. 828 46:04

IV. Franz Schubert: "Der Hirt auf dem Felsen", D. 965 50:49

| | | コメント (4)

エリー・アーメリング最近の情報(2021年9月):「岩の上の羊飼い」1986年5月ライヴ音源他

●シューベルト/岩の上の羊飼い D 965
Elly Ameling; Schubert - Der Hirt auf dem Felsen, Op. 129, D 965

エリー・アーメリング(S), カール・ライスター(Cl), ルドルフ・ヤンセン(P)
Elly Ameling - soprano
Karl Leister - clarinet
Rudolf Jansen - piano
Mai-festival Rellinger Kirche 1986
アーメリングが演奏活動の初期から後期まで変わらず取り上げていた「岩の上の羊飼い」のライヴ音源が公式チャンネルにアップされていました。Sandmanさんの「Elly Ameling Discography」に掲載されている録音と同一と思われます。私はこのCDは入手できていないので、こうしてYouTubeでアップしてもらえて感激です!アーメリングの声のコンディションも良く、美しく収録されていました。一番最後の締めのところで、彼女のこれまでのどの録音にも聞かれなかったほどテンポをあげてころころと声を転がせるように上昇していく歌いぶりに驚きました。ここは聴きどころのひとつですね。この曲で彼女は今回のカール・ライスターのように名だたるクラリネット奏者と共演しているのですね(シューベルティアーデではザビーネ・マイアーとも共演したそうです)。ピアノは彼女が長いこと共演してきたオランダ出身のルドルフ・ヤンセンです。

●1980年4月30日
1980 "30 April 1980" Kant A
Klankreportage van abdicatie van Koningin Juliana en de huldiging van Koningin Beatrix in de Nieuwe Kerk te Amsterdam.

1980年4月30日にオランダのベアトリクス女王の即位式がアムステルダム新教会で行われました。その際にモーツァルトの「戴冠ミサK.317」のソプラノ独唱でアーメリングが歌った音源がこちらのLP(Sandmanさんのサイト)の音源にほんのわずかだけ記録されています。17:38からアーメリングの歌声が少しだけ流れます。
エリー・アーメリング(S), スィルヴィア・シュリューター(A), ヘイン・メーンス(T), リウヴェ・フィッサー(BS), ハーグ自由高等学校少年合唱団, アムステルダム室内管弦楽団, シャルル・ドゥ・ヴォルフ(C)
Elly Ameling(S), Sylvia Schlüter(A), Hein Meens(T), Lieuwe Visser(BS), Jeugdkoor Van De Vrije Hoge School Te Den Haag, Amsterdams Kamerorkest, Charles de Wolff(C)

また、Sandmanさんに教えていただいたのですが、ベアトリクス女王の即位式をおさめた下の3時間以上にも及ぶ動画の50分19秒からアーメリングたちの歌う映像が流れ、上述のLP音源よりも少し長く見ることが出来ます。こういう映像はなかなか見れないので貴重ですね。

●アーメリングの最新のマスタークラス
Podium Witteman
Zo 29 aug 18:20 - Seizoen 10 Afl. 1 - Podium Witteman Masterclass
こちらに動画を貼りつけることが出来ないようですので、このリンク先からご覧ください。
Paul Witteman ontvangt Elly Ameling in de Singelkerk in Amsterdam, waar zij bariton Vincent Kusters, sopraan Noëlle Drost en mezzosopraan Lucie Horsch de finesses van de liedkunst zal bijbrengen. Alle drie zijn jong, maar zitten elk in een andere fase van hun zangersloopbaan. Met Elly Ameling werken ze aan liederen van Schubert, Schumann, Debussy en Fauré. De begeleiding is in handen van pianist Hans Eijsackers.
2021年8月29日に放送されたアーメリングのマスタークラスの映像で、約1時間ほどの番組でエネルギッシュに指導しています。ピアノはオランダの名手ハンス・エイサッカース(Hans Eijsackers)が全員担当しています。
受講者と曲は下記の通りです。

7分頃~
Lucie Horsch (mezzo soprano)
シューマン:献呈
Schumann: Widmung, Op. 25-1

25分頃~
Noëlle Drost (soprano)
ドビュッシー:マンドリン
Debussy: Mandoline

43分頃~
Vincent Kusters (baritone)
フォレ:夢のあとで
Fauré: Après un rêve, Op. 7-1
シューマン:献呈
Schumann: Widmung, Op. 25-1

バリトン歌手のみ2曲披露しています。
アーメリングは88歳にしてこのエネルギッシュな指導、ただただ頭が下がります。芸術歌曲に一生を捧げた人だからこその指導だったと思います。
画面右下の歯車マークからOndertitelingをクリックしてNederlandsをクリックするとオランダ語の字幕を表示できます(英語訳の字幕はないですが、なんとなく字面だけでも多少は判断の助けになるので表示しておくといいと思います)。

●モーツァルト: コンサート・アリア「私は行く、だがどこへ」K 583
Mozart: Concert Aria, K 583: Vado, ma dove? Oh Dei!

エリー・アーメリング(S), バイエルン放送交響楽団, ズデニェク・マーカル(C)
Elly Ameling(S), Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks, Zdeněk Mácal(C)
2021年にリリースされた「Wolfgang Amadé Mozart: Imperial Hall Concerts」という6枚組CDに1曲アーメリングの初出ライヴ音源が収録されていて、すでに動画サイトにもアップされていました。
録音日はCDの解説書に記載されている可能性がありますが未入手の為今のところ分かりません(1980年代でしょうか?)(→2021/9/21追記:Sandmanさんから、この演奏が1973年録音であることを教えていただきました。有難うございます)。
アーメリングは日本では歌曲や宗教曲のイメージが強いと思いますが、実際にはオペラアリアやコンサートアリアも沢山歌っていたんですよね。この歌唱、レガートがとても素晴らしいです。

今回の記事の多くは「Elly Ameling Discography」の運営をされているSandmanから情報提供いただいたものです。あらためてお礼申し上げます。

| | | コメント (12)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD DVD J-Pop LP 【ライラックさんの部屋】 おすすめサイト アイヒェンドルフ アンゲーリカ・キルヒシュラーガー アンティ・シーララ アーウィン・ゲイジ アーリーン・オジェー イアン・ボストリッジ イェルク・デームス イタリア歌曲 イモジェン・クーパー イングリート・ヘブラー ウェブログ・ココログ関連 エディタ・グルベロヴァ エディト・マティス エリック・ヴェルバ エリーザベト・シュヴァルツコプフ エリー・アーメリング エルンスト・ヘフリガー オペラ オルガン オーラフ・ベーア カウンターテナー カール・エンゲル ギュンター・ヴァイセンボルン クラーラ・シューマン クリスタ・ルートヴィヒ クリスティアン・ゲアハーアー クリスティーネ・シェーファー クリストフ・プレガルディアン クリスマス グリンカ グリーグ グレアム・ジョンソン ゲアハルト・オピッツ ゲアハルト・ヒュッシュ ゲロルト・フーバー ゲーテ コルネーリウス コンサート コントラルト歌手 シェック シベリウス シュテファン・ゲンツ シューベルト シューマン ショスタコーヴィチ ショパン ジェシー・ノーマン ジェフリー・パーソンズ ジェラルド・ムーア ジェラール・スゼー ジュリアス・ドレイク ジョン・ワストマン ソプラノ歌手 テノール歌手 テレサ・ベルガンサ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ ディートリヒ・ヘンシェル トマス・ハンプソン トーマス・E.バウアー ドビュッシー ドルトン・ボールドウィン ナタリー・シュトゥッツマン ノーマン・シェトラー ハイドン ハイネ ハルトムート・ヘル ハンス・ホッター バス歌手 バッハ バリトン歌手 バレエ・ダンス バーバラ・ヘンドリックス バーバラ・ボニー パーセル ピアニスト ピーター・ピアーズ ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル フェリシティ・ロット フランク フランス歌曲 フリッツ・ヴンダーリヒ ブラームス ブリテン ブログ プフィッツナー ヘルマン・プライ ヘルムート・ドイチュ ベルク ベートーヴェン ペーター・シュライアー ペーター・レーゼル ボドレール マティアス・ゲルネ マルコム・マーティノー マーク・パドモア マーティン・カッツ マーラー メシアン メゾソプラノ歌手 メンデルスゾーン メーリケ モーツァルト ヤナーチェク ヨーハン・ゼン ルチア・ポップ ルドルフ・ヤンセン ルードルフ・ドゥンケル レナード・ホカンソン レルシュタープ レーナウ レーヴェ ロシア歌曲 ロジャー・ヴィニョールズ ロッテ・レーマン ロバート・ホル ローベルト・フランツ ヴァルター・オルベルツ ヴァーグナー ヴェルディ ヴォルフ ヴォルフガング・ホルツマイア ヴォーン・ウィリアムズ 作曲家 作詞家 内藤明美 北欧歌曲 合唱曲 小林道夫 岡原慎也 岡田博美 平島誠也 指揮者 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 歌曲投稿サイト「詩と音楽」 演奏家 白井光子 目次 研究者・評論家 藤村実穂子 音楽 R.シュトラウス