アーメリングの「エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、幸いなる魂よ)」(1969年11月8日, アムステルダム・コンセルトヘバウ)

アーメリングの歌う「エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、幸いなる魂よ)」の放送録音が聴けるサイトがありましたので、ご紹介します。
ただし、Internet Explorerでサイトを開くと画面がずれて、再生ボタンが表示されませんので、お手数ですが、下記のサイトを開く時はブラウザをGoogle Chromeにして下さい。

 こちら

36歳のアーメリングのまばゆいほどのつやつやした美声を堪能できます。
指揮は彼女との共演も多いハイティンクです。

Mozart: Exsultate, jubilate

rec. 8 November 1969, Concertgebouw, Amsterdam

Elly Ameling, soprano
Netherlands Radio Philharmonic Orchestra
Bernard Haitink, Conductor

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エリー・アーメリング2018年の予定

早速今年のアーメリングのマスタークラスの予定が出ていましたのでご紹介します(とは言ってもオランダですが)。

2018年5月23日(水) Mastercourse Elly Ameling
14:00-17:00 Kerk Evangelische Broedergemeente, Zeist

今後アーメリング関連の情報が入りましたら、随時お伝えしていきたいと思います。

-------------

(2018.1.14追記)

2018年1月20日, 27日 Masterclass sopraan Elly Ameling bij Fontys Academy of Music and Performing Arts
13:00-16:00 in de Muziekzaal (A 0.16) van Fontys Hogeschool voor de Kunsten, Zwijsenplein 1 in Tilburg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エディト・マティスの芸術(The Art of Edith Mathis)」発売情報(Deutsche Grammophon, 7CDs)

1963年にベルリン・ドイツ・オペラの一員として初来日を果たし、その時のケルビーノは語り草になるほどだった名ソプラノのエディト・マティスが、今年の2月11日で80歳を迎えます(生年は諸説ありますが、1938年説が一般に信じられています)。
その彼女を称えて、Deutsche Grammophonレーベルに残した数々の録音の中から厳選された選曲で7枚組のCDが発売されるそうです。

彼女のレパートリーの幅広さは膨大で、オペラや宗教曲、声楽曲に彼女が参加した録音の多さはただただ驚くばかりです。
さらに嬉しいことに彼女は歌曲も沢山歌ってくれています。

今回の選集では、前半に宗教曲、中盤にオペラからの抜粋、後半に歌曲が収められています。
歌曲に関しては、名高いシューマンの女性用歌曲集(エッシェンバッハのピアノ)がまとめて収められているのが貴重でしょう(国内盤ではF=ディースカウの録音とまとめてかつて発売されていましたが、海外盤では一部を除いて初出ではないでしょうか)。
そして、ご主人のクレーのピアノによるモーツァルト歌曲から数曲、ブラームスの網羅的な全集からの抜粋などもありますが、ここで私が最も注目したいのは、ヴォルフの「イタリア歌曲集」からの抜粋が収められていることです。
おそらく正規盤としてはこれらのCD復活は初めてではないでしょうか。
ただ残念なことにマティスの歌った曲が全部収録されているわけではなく、オペラティックな情熱が聞きものの"Verschling' der Abgrund meines Liebsten Hütte(深淵が恋人の小屋を飲み込んでしまえ)"などを含む数曲が省かれています。
レコード・アカデミー賞も受賞した名盤で、テノールのシュライアーやピアノのエンゲルも見事なので、ぜひとも全曲の復活を期待したいところです。

今回の選集の曲目詳細は下記のサイトをご覧ください。
 こちら

マティスさん、80歳おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京芸術劇場シリーズ~ペーター・シュライヤー1996年10月16日リーダー・アーベント(ピアノ:ヘルムート・ドイチュ)のCD化

1996年10月16日に東京芸術劇場で催されたテノールのペーター・シュライヤー(Peter Schreier)とピアニストのヘルムート・ドイチュ(Helmut Deutsch)によるリーダーアーベントがCD化されたようです。
東京芸術劇場は以前にもF=ディースカウの最後の来日公演(1992年)を2公演ともCD化して歌曲ファンを驚かせてくれましたが、今回のシュライアーの録音もまさか復活するとは思っていなかっただけに、望外の贈り物です。
そもそも東京芸術劇場がこれらの演奏を独自に録音して保管していたということすら想定していなかったのですが、今後も東京芸術劇場で催されたコンサートが復刻されるのではないかと期待してしまいます。
シュライアーはこの公演で、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、メンデルスゾーンの有名な作品を歌い、さらに後半ではシューマンの「詩人の恋」を歌っています。
一晩のリーダーアーベントとしては相当なボリュームであり、演奏者も気力体力を持続させるのが大変ではないかと思われます。

実はこの日のコンサート会場に私もいました。
シュライアーとドイチュの組み合わせは、スタジオ録音では私の知る限り皆無だったはずで、来日を知った時に伴奏者がドイチュということを知って珍しいなと思ったことを今でも覚えています(当時シュライアーの来日公演はヴァルター・オルベルツが同行することが多かったので)。ただ海外ではこのコンビで演奏することもあったようです(ドイチュの著書に少しシュライアーのことが触れられています)。

曲目などの詳細はこちら

私も入手したらじっくり聞いてみようと思います。

スタジオ録音とは違った臨場感なども味わえるのではないかと期待しています。
興味のある方はお聞きになってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イム・スンヘ&シモ・マキネン&ラルフ・ゴトーニ指揮アンサンブル・オーパス/ヴォルフ「イタリア歌曲集」全曲の映像(2016年10月5日, Soul Arts Center Concert Hall)

フィンランドのピアニスト、ラルフ・ゴトーニが歌とアンサンブル用に編曲したヴォルフの「イタリア歌曲集」全曲の映像がアップされていましたので、ご紹介します。
ヴォルフの「イタリア歌曲集」は男女の恋愛の機微を1~2分の短い音楽に凝縮して表現した歌曲を46曲集めたもので、第1部と第2部とに分かれています。
ヴォルフが並べた順序で演奏することも多いのですが、演奏家によっては、男女の駆け引きをさらに明確に際立たせる為に独自の曲順に並べ替えて演奏することも少なくありません。
今回のゴトーニ編曲版の韓国初演も、全46曲を独自の順序に並べ替えた形で演奏されています。

ゴトーニは歌曲のピアニストとしても知られているだけあって、ピアノパートに必要以上に手を加えることはなく、ほぼそのまま別の楽器に置き換えています。
オリジナルの音は出来る限り尊重しながら、どの楽器がふさわしいのか、ゴトーニなりの解釈が披露されています。

韓国のソプラノ歌手、イム・スンヘ(1976年生まれ)と、フィンランドのテノール歌手、シモ・マキネン(1982年生まれ)が、韓国のアンサンブル集団、アンサンブル・オーパスと共に演奏しています。
指揮はゴトーニです。

なお、普通は各曲が男女どちらか一人によって歌われるのですが、休憩前の最初と最後に置かれた曲、休憩後の最後の曲は男女二人で歌われています。
休憩後の演奏は目盛りの46分ぐらいから始まります。
興味のある方はぜひお聴きになってみて下さい。

コンサート情報はこちら

歌詞対訳はこちら

ヴォルフ作曲、ゴトーニ編曲「イタリア歌曲集」全曲

収録日時: 2016.10.5.Soul Arts Center Concert Hall

イム・スンヘ(Sunhae Im)(S)
シモ・マキネン(Simo Mäkinen)(T)
アンサンブル・オーパスEnsemble OPUS)
ラルフ・ゴトーニ(Ralf Gothóni)(C)

H. Wolf: Italienisches Liederbuch
arranged by Ralf Gothóni, Chamber version, Korea premiere

Auch kleine Dinge (S,T)
Was für ein Lied soll dir gesungen werden (T)
Ihr seid die Allerschönste (T)
Du denkst mit einem Fädchen mich zu fangen (S)
Mein Liebster ist so klein (S)
Selig ihr Blinden (T)
Ich liess mir sagen (S)
Schon streckt ich aus (T)
Nicht länger kann ich singen (T)
Schweig' einmal still (S)
Wohl kenn ich Euren Stand (T)
Ein Ständchen Euch zu bringen (T)
Und steht Ihr früh am Morgen auf von Bette (T)
Benedeit die sel'ge Mutter (T)
Ich esse nun mein Brot nicht trocken mehr (S)
Heut Nacht erhob ich mich um Mitternacht (S)
O wär' dein Haus durchsichtig (S)
Gesegnet sei, durch den die Welt entstund (T)
Gesegnet sei das Grün (S)
Mir ward gesagt, du reisest in die Ferne (S)
Daß doch gemalt all deine Reize wären (T)
Ihr jungen Leute (S)
Sterb ich, so hüllt in Blumen meine Glieder (T)
Wenn du, mein Liebster, steigst zum Himmel auf (S,T)

休憩

Wie lange schon war immer mein Verlangen (S)
Man sagt mir, deine Mutter woll es nicht (S)
Wie soll ich fröhlich sein (T)
Mein Liebster singt am Haus im Mondenscheine (S)
Was soll der Zorn (S)
Wie viele Zeit verlor ich, dich zu lieben (T)
Wir haben beide lange Zeit geschwiegen (S)
Mein Liebster hat zu Tische mich geladen (S)
Der Mond hat eine schwere Klag erhoben (T)
Wenn du mich mit den Augen streifst und lachst (T)
Und willst du deinen Liebsten sterben sehen (T)
Heb' auf dein blondes Haupt (T)
Geselle, wolln wir uns in Kutten hüllen (T)
Nein, junger Herr (S)
Hoffärtig seid Ihr, schönes Kind (T)
Verschling der Abgrund meines Liebstens Hütte (S)
O wüßtest du, wieviel ich deinetwegen (T)
Du sagst mir, daß ich keine Fürstin sei (S)
Wer rief dich denn? (S)
Lass sie nur gehn (T)
Ich hab in Penna einen Liebsten wohnen (S)
Nun laß uns Frieden schließen (T,S)

アンコール
Auch kleine Dinge (S,T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーメリングの2017年IVCマスタークラス映像(2017.9.13)

ソプラノのエリー・アーメリング(Elly Ameling)が2017年9月13日にオランダで行ったマスタークラスの映像がアップされていましたので、ご紹介します。
なお、リート・ピアニストのハンス・エイサッカース(Hans Eijsackers)も同席して、二人で指導しています。

IVC 2017. Masterclass door Elly Ameling in theater Aan de Parade in Den Bosch.
 こちら

一組目は男性のコンビで、ブラームスの「4つの厳粛な歌(Vier ernste Gesänge, Op. 121)」から第1曲「人の子らに臨むところは獣にも臨むからである(Denn es gehet dem Menschen wie dem Vieh)」が取り上げられています。

二組目は女性のコンビで、R.シュトラウスの「ダリア(Die Georgine, Op. 10 No. 4)」が演奏されています。

1時間16分ほどですので、お時間のある時にでもご覧ください(私もまだ全部は見ていません)。

ちょっと見た感じではアーメリングさん、とてもお元気です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニャ・ハルテロス&ヴォルフラム・リーガー、リサイタル映像(2017年10月1日、シュトゥットガルト)

2017年に国際フーゴー・ヴォルフ・アカデミー(Internationale Hugo-Wolf-Akademie)によってトマス・ハンプソン(Thomas Hampson)&ヴォルフラム・リーガー(Wolfram Rieger)にフーゴー・ヴォルフ・メダルが授与されたことは以前記事にしましたが、その記念公演として、アニャ・ハルテロス(Anja Harteros)と、受賞者のリーガーがリートマチネを催しました。
その模様がYouTubeに正式にあがっていましたのでご紹介します。

まずは、ハンプソン&リーガーへのメダル授与式のハイライト・シーンから。
Hugo-Wolf-Medaille 2017: Trailer / trailer award ceremony

続いて、ハルテロス&リーガーによる記念のコンサートです(1時間32分あります。お時間のある時にどうぞ)。
Verleihung Hugo-Wolf-Medaille 2017 / award ceremony / Liedmatinee Anja Harteros & Wolfram Rieger

Anja Harteros(S) & Wolfram Rieger(P)

収録日時と場所:2017年10月1日, Opernhaus Stuttgart(シュトゥットガルト・オペラハウス)

Konzertteil 1(コンサート第一部):
Franz Schubert(シューベルト): Fischerweise(漁師の調べ) D 881 - 0:18
Franz Schubert: Die Forelle(ます) D 550 - 3:50
Franz Schubert: Schwanengesang(白鳥の歌) D 744 - 6:10
Franz Schubert: An die Laute(リュートに寄せて) D 905 - 9:43
Franz Schubert: Im Haine(林にて) D 738 - 11:42

Robert Schumann(シューマン): Venetianisches Lied I(ヴェネツィアの歌Ⅰ) "Leis' rudern hin" op. 25/17 - 16:10
Robert Schumann: Venetianisches Lied II(ヴェネツィアの歌Ⅱ) "Wenn durch die Piazetta" op. 25/18 - 17:59
Robert Schumann: Der Hidalgo(スペインの伊達男) op. 30/3 - 19:28

Verleihung der Hugo-Wolf Medaille (フーゴー・ヴォルフ・メダルの授与)
22:50 - Begrüßung (挨拶)
32:55 - Laudatio (賛辞)
50:30 - Preisverleihung (賞の授与)

Konzertteil 2(コンサート第二部):
Hugo Wolf(ヴォルフ): Mein Liebster singt am Haus(私の恋人が歌っているわ) - 58:40
Hugo Wolf: Verschwiegene Liebe(ひそやかな愛) - 1:00:20
Hugo Wolf: Verborgenheit(世を逃れて) - 1:03:22
Hugo Wolf: Er ist's(春だ) - 1:06:52
Richard Strauss(R.シュトラウス): Allerseelen(万霊節) op. 10/8 - 1:09:12
Richard Strauss: Meinem Kinde(わが子に) op. 37/7 - 1:12:42
Richard Strauss: Waldseligkeit(森の幸せ) op. 49/1 - 1:15:50
Richard Strauss: Cäcilie(ツェツィーリエ) op. 27/2 - 1:19:32
Richard Strauss: Zuneigung(献呈) - 1:23:45
Richard Strauss: Morgen(明日) - 1:26:43

なぜハンプソンが歌わないのかは不明ですが、受賞者へ向けてのお祝いのコンサートという意味合いで別の歌手が歌っているのでしょうか(前回のアーメリングへの授与式ではクリストフ・プレガルディエンが歌いました)。
受賞者のリーガーのピアノは実によく歌っています。
細やかな表情が聞きものです。
ハルテロスの硬質なソプラノの響きも魅力的です。
ただ、せっかくのヴォルフ・メダルなのですから、もっとヴォルフを沢山歌ってほしかったところですが、彼女のレパートリーの関係なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーメリングのオランダでのマスタークラス時の写真(2017年9月13日, セルトーヘンボス)

オランダのセルトーヘンボス('s-Hertogenbosch)で催されたコンクール時のイベントとして、名歌手たちのマスタークラスが行われましたが、2017年9月13日にエリー・アーメリング(Elly Ameling)が行った際の写真を下のサイトで見ることが出来ます(拡大して見ることが出来ます)。

 こちら

上記のリンクをクリックすると、サイトのトップ画面に飛んでしまうようですので、画面上にあります"Photo & Video"をクリックして、"Liedrecital Sergei Leiferkus & Masterclass Elly Ameling"の項目の"View album >"をクリックすると表示されます。

上の段の左の4枚は同じ日に行われたSergei Leiferkusのリサイタルの模様で、アーメリングはそれ以外の写真です。
ちょっとふくよかになられたでしょうか。
相変わらずお元気そうでなによりです!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

東京・春・音楽祭(2017年公演)動画配信中(2017.10.13まで)

2017年に催された東京・春・音楽祭の公演の動画が現在配信中です。
私は今年は何も聞けなかったので、期間中にいくつか聞いてみようと思います。

 こちら

歌曲シリーズからは4月2日(日)に東京文化会館小ホールで行われたバリトンのマルクス・アイヒェ(Markus Eiche)とピアノのクリストフ・ベルナー(Christoph Berner)によるリサイタルが配信されています。

 曲目詳細はこちら

ヴァーグナーの「神々の黄昏」のグンター役を歌った翌日に行われたリサイタルですが、ちょっと聞いた感じでは声が荒れているということもなさそうです。
シューベルト、ベートーヴェン、シューマンなどの名歌が並んでいますが、特にシューベルトのプログラミングが渋くて歌曲ファンには垂涎ものです。

歌曲以外にも多くの公演が配信されていますので、ぜひお好みの動画を期間内にご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年フーゴー・ヴォルフ・メダルをハンプソン&リーガーが受賞

今年のシュトゥットガルト、フーゴー・ヴォルフ・メダル(Hugo-Wolf-Medaille)は、バリトンのトマス・ハンプソン(Thomas Hampson)とピアニストのヴォルフラム・リーガー(Wolfram Rieger)が受賞するとのことです。
この二人は長年一緒に演奏してきていますが、Liedduo(リートドゥオ)としての受賞のようです。

そして、過去の受賞シーンをまとめた動画がアップされていました。
F=ディースカウは静止画ですが、クリスタ・ルートヴィヒ、ペーター・シュライアー、ブリギッテ・ファスベンダー、グレアム・ジョンソン、エリー・アーメリングの受賞シーンが数秒ずつですが見られます。
みな嬉しそうな表情です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | J-Pop | LP | おすすめサイト | アイヒェンドルフ | アンゲーリカ・キルヒシュラーガー | アンティ・シーララ | アーウィン・ゲイジ | アーリーン・オジェー | イアン・ボストリッジ | イェルク・デームス | イタリア歌曲 | イモジェン・クーパー | ウェブログ・ココログ関連 | エディト・マティス | エリック・ヴェルバ | エリーザベト・シュヴァルツコプフ | エリー・アーメリング | エルンスト・ヘフリガー | オペラ | オルガン | オーラフ・ベーア | カウンターテナー | カール・エンゲル | ギュンター・ヴァイセンボルン | クリスタ・ルートヴィヒ | クリスティアン・ゲアハーアー | クリスティーネ・シェーファー | クリスマス | グリンカ | グリーグ | グレアム・ジョンソン | ゲアハルト・オピッツ | ゲアハルト・ヒュッシュ | ゲロルト・フーバー | ゲーテ | コンサート | コントラルト歌手 | シェック | シベリウス | シュテファン・ゲンツ | シューベルト | シューマン | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジェフリー・パーソンズ | ジェラルド・ムーア | ジェラール・スゼー | ジュリアス・ドレイク | ジョン・ワストマン | ソプラノ歌手 | テノール歌手 | ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ | ディートリヒ・ヘンシェル | トマス・ハンプソン | トーマス・E.バウアー | ドルトン・ボールドウィン | ナタリー・シュトゥッツマン | ノーマン・シェトラー | ハイドン | ハイネ | ハルトムート・ヘル | ハンス・ホッター | バス歌手 | バッハ | バリトン歌手 | バレエ・ダンス | バーバラ・ヘンドリックス | バーバラ・ボニー | パーセル | ピアニスト | ピーター・ピアーズ | フェリシティ・ロット | フランス歌曲 | フリッツ・ヴンダーリヒ | ブラームス | ブリテン | プフィッツナー | ヘルマン・プライ | ヘルムート・ドイチュ | ベルク | ベートーヴェン | ペーター・シュライアー | ペーター・レーゼル | ボドレール | マティアス・ゲルネ | マルコム・マーティノー | マーク・パドモア | マーティン・カッツ | マーラー | メシアン | メゾソプラノ歌手 | メンデルスゾーン | メーリケ | モーツァルト | ヤナーチェク | ヨーハン・ゼン | ルチア・ポップ | ルドルフ・ヤンセン | ルードルフ・ドゥンケル | レナード・ホカンソン | レルシュタープ | レーナウ | レーヴェ | ロシア歌曲 | ロジャー・ヴィニョールズ | ロッテ・レーマン | ロバート・ホル | ローベルト・フランツ | ヴァルター・オルベルツ | ヴァーグナー | ヴェルディ | ヴォルフ | ヴォルフガング・ホルツマイア | 作曲家 | 作詞家 | 内藤明美 | 北欧歌曲 | 合唱曲 | 小林道夫 | 岡原慎也 | 岡田博美 | 平島誠也 | 指揮者 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歌曲投稿サイト「詩と音楽」 | 演奏家 | 白井光子 | 研究者・評論家 | 藤村実穂子 | | 音楽 | R.シュトラウス