アーメリングの歌うマーラー「交響曲第4番」第4楽章の映像!!!

動画サイトにエリー・アーメリングの歌唱シーンが収められた映像がアップされていました。
マーラーの「交響曲第4番」第4楽章の独唱者としてです。
セルジュ・コミッシオーナ指揮RTVE交響楽団で1985年スペインのテアトロ・レアル収録とのことです。

彼女の同曲の録音はスタジオ録音が2種類(ハイティンク指揮とプレヴィン指揮。詳細はSandmanさんのサイトをご覧下さい)、その他に放送局などの録音がいくつか残されていました。
しかし、映像を見るのは私は初めてです。
まさにファン待望のお宝映像です!

Sinfonía nº 4 en Sol Mayor de Gustav Mahler

49分頃から第4楽章が始まります。
アーメリング・ファンの方は49分あたりに目盛りを合わせて、お聞き下さい。
もちろんマーラー・ファンの方は最初からじっくりお聞き下さい。

収録:1985年、Teatro Real

Soprano: Elly Ameling
Orquesta de RTVE
Director: Sergiu Comissiona

若かりし頃の録音のような豊麗さはないかもしれませんが、細やかな言葉さばきは楽しめますし、何しろまだ十分美声を保っています。
歌詞を反映したと思われる微笑みも見られ、歌い方も相変わらずチャーミングです(ファン心理かもしれませんが)。
ぜひご覧下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アーメリングらの歌うバッハ「ミサ曲 ロ短調BWV232」

アーメリングが1987年にローマでジュリーニの指揮で歌ったバッハの「ミサ曲 ロ短調BWV232」の録音がRaiのサイトにアップされていました。

 こちら

おそらく1987年5月10,11,12日にローマで行われたコンサートではないかと思われます。
アーメリングとオッターのデュエットなど、ここでしか聴けないのではないかと思います。
以前某サイトにアップされていましたが、すぐに削除されてしまったので、久しぶりに聴くことが出来ます。

Elly Ameling(S)
Anne Sophie von Otter(A)
Thomas Moser(T)
Andreas Schmidt(BS)
Coro dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia
Philharmonia Chorus
Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia
Carlo Maria Giulini(C)

なお、ジュリーニのコンサート記録がpdf化されていて、
アーメリングは、このコンサートの他に2回ジュリーニの指揮で歌っていることが分かります。

 こちら

●ベートーヴェン「ミサ曲 ハ長調」
20 September 1970
Royal Festival Hall, London

Elly Ameling, Janet Baker, Theo Altmeyer, Marius Rintzler
New Philharmonia Chorus
New Philharmonia Orchestra
Carlo Maria Giulini(C)

Beethoven: Mass in C major

●シューベルト「ミサ曲 変ホ長調」
4, 5, 6 December 1974
Musikverein, Vienna

Elly Ameling, Margarita Lilowa, Ian Partridge, Werner Krenn, Manfred Schenk
Rudolf Scholz, organ
Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien
Wiener Symphoniker
Carlo Maria Giulini(C)

Schubert: Mass in E flat major

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アーメリングの2016年リーズでのインタビュー映像&2017年3月シュトゥットガルトでの写真

Leeds Lieder Festival 2016

昨年のリーズ・リーダー・フェスティヴァルのプレジデントだったアーメリングのインタビューが短いですが聞けます(0:58~)。
その他、テノールのマーク・パドモアやピアニストのジュリアス・ドレイクの演奏シーンなども少し見ることが出来ます。

ここでのアーメリング、80を超えておられるとは思えない若々しさ!
このエネルギーは本当にどこから湧いてくるのでしょう。
ただただ敬意あるのみです。

また、次のサイトで、2017年3月2日(木)~3月5日(日)に行われたアーメリングと歌曲ピアニスト、グレアム・ジョンソンによるシュトゥットガルトでのマスタークラスの写真を見ることが出来ます。

 こちら

-------------

(2017.4.7追記)

Sandmanさんから情報提供していただきましたアーメリングの音声をご紹介します。

以下のサイトにシュトゥットガルトのマスタークラス訪問時と思われますが、ドイツ人インタビュアーと語るアーメリングの話を聞くことが出来ます。

 こちら

アーメリングの歌うシューベルト「音楽に寄せて」やベルリオ-ズ「ヴィラネル」にのせて、彼女の生い立ちから、歌曲に関する話題まで語られています。
途中でマスタークラスの時のものと思われる音声も数秒ですが流れます。
内容についてはじっくり聞き直してからあらためて追記しますので、少々お待ち下さい。

Sandmanさん、有難うございました!

-------------

(2017.4.8追記)

Sandmanさんの紹介してくださった音源の内容を私の理解した範囲内で記しておきます(素人のリスニングなので正確さは保証できません。すみません)。

・多くの人が歌を歌うが、本当にLiedを歌える人は少ない。

・ある歌を自分のものにするためには、沢山歌うことではなく、自分の声、自分のあらゆる個性、気質をこめて歌うことである。

・シュトゥットガルトでのマスタークラスでのひとこま:「もう一度歌ってください。フランス語の2音節を1つの線にして歌うことで、単語になります」

・赤ちゃんの頃、母親と乳母が歌ってくれたが、その時に「この子、はじめて歌ったわ、高い声よ」と言われたとのこと(もちろん記憶にはないが)。

・オランダには当時大小のオペラ劇場がなく、ホールがあっても音響が良くなかった。オペラ文化がなく、若者へのオペラ教育もなかった為、リートを歌うようになった。

・歌曲は目と耳を使って、細部(Detail)を音楽的に歌うことが大事。一晩で25人のキャラクターを歌う時、たとえ登場人物一人一人の時間は短くても、細部に色を吹き込むのが興味深い。

・若い人の多くはテクニックはあるが、個性に乏しく、最近は学ぶ過程を急ぎすぎる。

・母親が美しいメッゾの声だったので、私もそういう声だったらよかったのにと思っていた。メッゾの声はより色彩豊かだったので。でも私は、ソプラノだったので、声の色や、表現の可能性を追求していった。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

F=ディースカウ&サヴァリッシュ/1992年東京公演ライヴCD化!!!

バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウが引退を表明したのは1993年の年明けごろだったと思います。
1992年の大晦日のコンサートが私の歌手活動最後のステージだったという発表を聞いて驚いたことを思い出します。
つまり、引退の1カ月ちょっと前に来日して2晩にわたるシューベルトの夕べを催してくれたのは、彼の長いコンサート・キャリアの殆どピリオドを打とうとしていた時期だったのです。
私は11月16日の個々の歌曲アンソロジーのコンサートを聴いたのですが、池袋の東京芸術劇場ということもあって、遠くてあまりよく見えなかったという印象があります。
しかし、F=ディースカウお得意の歌がずらりと並んだ演奏はやはり私にとっていい思い出になっています。
「水車屋の娘」の日(11月24日)は、アーメリングの府中公演と重なっていた為、迷った挙句、アーメリングの方に行ってしまいました。
そういうわけで、今回、この2夜のシューベルト・リサイタルがCD化されるというのは大歓迎なわけです(CD化されるとは全く想像もしていませんでした)。
この時期は、ディースカウ、アーメリング、ポップ、テオ・アダム、ミュンヒェン歌劇場のガラコンサートなど、毎日異なる公演を連続して聴いたのを懐かしく思い出します。

曲目などの詳細は以下のページをご覧ください。
 こちら

ここのところ、ニコライ・ゲッダやクルト・モルの逝去など、歌曲ファンにとって悲しいニュースが続いたので、久しぶりに嬉しいニュースとなりました。

購入してじっくり聴いてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェラルド・ムーア没後30年

往年の歌曲伴奏の第一人者として途方もない業績を残したジェラルド・ムーア(Gerald Moore: 1899.7.30-1987.3.13)が、今日(2017年3月13日)で没後30年を迎えました。
新聞で彼の訃報を読んだ時の衝撃は今でもはっきり思い出すことが出来るのですが、あれからもう30年も経ってしまったとは月日の経つのは早いものです。

ムーアについては膨大な音源があり、彼の業績を称えるには聴く人それぞれに思い入れのある録音があることと思います。

私も彼の録音を聴いて、歌曲好きを続けてきたようなものです。

30年前の今日を偲んで、彼のフェアウェル・コンサートでアンコールに弾いたムーア自身の編曲によるシューベルトの「音楽に寄せて」を聴いてみたいと思います(1967年2月録音)。

ここでの歌そのものと言いたいほど豊かなピアノの響きを耳にすると、彼が何故これほどまでに多くの共演者から愛されたのかがよく分かります。
ピアノで歌うということの最もよい実例がここにあると思います。
何度聞いても胸を打つ演奏です!
ぜひ聴いてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーメリング&クーベリック指揮コンセルトヘボウ/マーラー「交響曲第4番」1963年音源

動画サイトにアーメリングが参加したクーベリック指揮のマーラー「交響曲第4番」のライヴ録音があがっていました。
1963年ということはアーメリングはまだ30歳!
これまでに聴くことの出来た彼女の同曲のどの音源よりも若いです!!
実際聴いてみると、その若々しさと伸びやかな美声は素晴らしいです!
ライヴということもあるのか、かなりたっぷりと思い入れを込めた熱唱を聴かせてくれています。
ファン必聴です!

マーラー「交響曲第4番」

録音:1963年12月13日、Holland Festival (ライヴ)

エリー・アーメリング(Elly Ameling)(S:4楽章)
コンセルトヘボウ管弦楽団
ラファエル・クーベリック(Rafael Kubelik)(C)

ちなみにアーメリングが登場する第4楽章は、46:20~です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マティス、シュライアーらの歌うブラームス「愛の歌・ワルツ」の映像

エディト・マティスやファスベンダー、シュライアーらによるブラームスの四重唱曲「愛の歌・ワルツ」Op.52がアップされていたのでご紹介します。
これはピアノ連弾を伴った短い18曲からなる作品で、ブラームスの指示に従い時に歌なしで演奏されることもありますが、やはり歌がある方が面白いと思います。
この動画で、私が注目したいのはカール・エンゲルの姿を見ることが出来る点です。
彼の膨大な録音は常々聴いているものの、実演に接する機会もなく、一度NHKでモーツァルトの室内楽を演奏する姿を見たぐらいだったので、こうして彼の演奏する姿が見られるのはとてもうれしいです。
もちろん名歌手たちのアンサンブルも聴きもので、ブラームスの小曲の連続をわくわくしながら楽しむことが出来ます。
ちなみにピアノのセコンド(低音パート)を担当しているメジモレツはマティスのリサイタルなどでしばしば歌曲を演奏している名手です。

ブラームス/「愛の歌・ワルツ(Liebeslieder Walzer)」Op.52

製作:1983年

エディト・マティス(Edith Mathis)(S)
ブリギッテ・ファスベンダー(Brigitte Fassbaender)(MS)
ペーター・シュライアー(Peter Schreier)(T)
バリー・マクダニエル(Barry McDaniel)(BS)
カール・エンゲル(Karl Engel)(P:primo)
ハインツ・メジモレツ(Heinz Medjimorec)(P:secondo)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

祝エリー・アーメリング84歳!

ソプラノのエリー・アーメリング(Elly Ameling)が今年(2017年)の2月8日に84歳を迎えられました。
現在もご健在で世界中を飛び回っておられるそのバイタリティにはただただ頭が下がる思いです。
今年は再び来日されて、5月5日~7日にかけて京都でマスタークラスを開かれる予定になっています。
そんなアーメリング女史を称えて、今年はどんな記事を書こうかなと考えていたのですが、75歳と80歳の時に記念にリリースされた各5枚ずつのライヴ音源の放送録音集の曲目をエクセルを使って録音年月日順に並べたら、どの時期にどんな歌を歌っていたのか分かるのではないかと思い、まとめてみました。
以下のリンク先をご覧ください。

 「elly_ameling_75_jaar_80_jaar.xlsx」をダウンロード

最初のシートに、75 jaarと80 jaarのディスクを一つにして、録音の古い方から順に並べかえてあります。
同じ日の録音が75歳の時にリリースされたものと80歳の時にリリースされたものに分かれている場合もあり、これを見れば、当日どんなプログラムを組んだのかある程度想像出来るのではないかと思います。

来年には85歳記念のアルバムが新たにリリースされるのではと期待してしまいます。

アーメリングさん、いつまでもお元気でお過ごし下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーストリアのシューベルティアーデの過去記録アーカイブ

ヘルマン・プライが提唱してオーストリアで長く継続中のシューベルティアーデの過去プログラムが閲覧できるようになっていました。
日程順に見ることも出来ますし、アーティストごとに見ることも出来ます。
上の写真の左下にあるDEかENをクリックすることで、ドイツ語表記と英語表記を切り替えられます。

日程順はこちら

アーティストごとはこちら(past eventsをクリックして表示されたコンサートのDetailsをクリックすると、それぞれのプログラムが表示されます)

ちなみにシューベルティアーデの歴史についてもまとめられています。
 こちら

アーティストの一部をピックアップしておきましょう(声種別のアルファベット順。最後は伴奏ピアニスト。ここに挙げた以外に大物、中堅は沢山います)。

エリー・アーメリング

バーバラ・ボニー

エディット・マティス

ルチア・ポップ

エリーザベト・シュヴァルツコプフ

プリギッテ・ファンスベンダー

クリスタ・ルートヴィヒ

白井光子

ペーター・シュライアー

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ

ハンス・ホッター

ヘルマン・プライ

ヘルムート・ドイチュ

アーウィン・ゲイジ

グレアム・ジョンソン

ジェフリー・パーソンズ

エリック・ヴェルバ

面白いのが、普段リートの伴奏に並外れた情熱を注いでいるピアニストのレナード・ホカンソン、コンラート・リヒター、アーウィン・ゲイジの3人が1981年6月17日に一同に会して、シューベルトのピアノ・ソロ曲を演奏していることです。

 こちら

シューベルト作曲
3つのピアノ曲D946(ホカンソン)
ソナタ ハ短調D958(リヒター)
6つの楽興の時D780(ゲイジ)
即興曲 ヘ短調D935/1(ゲイジ)
ハンガリーのメロディー ロ短調D817(ゲイジ)
グラーツのワルツとトリオD924/12,D610(ゲイジ)

いずれもプライの伴奏者として名高い人たちですが、ソロ活動もしており、どの曲に誰が振り分けられているかを知ると何となく納得してしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラームス/めんどり(Die Henne)

今年の干支は酉(とり)。
ということで、かなり強引にドイツ歌曲に結び付けて、こんな珍しい曲をご紹介したいと思います。

ブラームスには「14の子供のための民謡集(14 Volks-Kinderlieder)」という作品集があり、中でも「眠りの精(砂男)」はよく知られていますし、シューベルトでお馴染みの「野ばら」のテキストによる歌まであります。
その中から「めんどり」という歌です。

Die Henne
 めんどり

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meld du di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Saht ihr nit mein Hennlein laufen?
Möcht mir gleich die Haar ausraufen!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 教えて!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 きみたち、私のめんどりちゃんが駆け回っているのを見なかった?
 私、すぐにでも髪をかきむしりたいほどよ!

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meld du di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Als i bei dem Bub gesessen,
hat sie noch ihr Futter gfressen!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 教えて!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 私があの子のそばに座っていたときには
 まだえさを食べていたのに!

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meld du di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Was wird da die Mutter sagen?
Sie wird mich zum Tor 'naus jagen!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 教えて!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 お母さんはなんて言うかしら?
 私を門の外に追い出そうとするわね。

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meld du di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Muß geschwind zur Stadt hinlaufen,
muß ein ander Hennlein kaufen!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 教えて!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 急いで町へ走って行って
 別のめんどりを買わなきゃならないわ!

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meld du di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Geh die Gasse auf und nieder,
finde grad mein Hennlein wieder!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 教えて!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 通りを行き来して
 私のめんどりちゃんをまた見つけてきなさい。

Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Hab i di!
Ach, mein Hennlein, bi bi bi!
Meine Mutter gib mir Brocken,
soll damit mein Hennlein locken.
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 つかまえた!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 お母さんが私にパンくずを渡すの
 それで私のめんどりちゃんをおびき寄せなさいって。

Ach, mein Hennlein, bi bi bi! bi bi bi,
und das Bröckli, das schluck i!
 ああ、私のめんどりちゃん、ビー・ビー・ビー!
 そしてこのパンくずは、私がいただくわ!

作曲:Johannes Brahms (1833-1897)
from Volks-Kinderlieder(子供のための民謡集、第5曲)

-------------

訳は渡辺護氏の先訳やインターネット上の英訳なども参考にさせていただきました。
方言を使っているので、大体こんな感じだろうという訳です。
正確ではないことを最初にお詫びいたします。

めんどりを呼び出すのに"bi bi bi"という言葉が繰り返し使われ、
それがユーモラスな雰囲気を醸し出しています。
ブラームスの優しさが垣間見えるような曲ではないかと思います。

ぜひお聞きください。

Júlia Pászty (S) & László Baranyai (P)
ユーリア・パースティ(S) & ラースロー・バラニャイ(P)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | J-Pop | LP | おすすめサイト | アイヒェンドルフ | アンゲーリカ・キルヒシュラーガー | アンティ・シーララ | アーウィン・ゲイジ | アーリーン・オジェー | イアン・ボストリッジ | イェルク・デームス | イタリア歌曲 | イモジェン・クーパー | ウェブログ・ココログ関連 | エディト・マティス | エリック・ヴェルバ | エリーザベト・シュヴァルツコプフ | エリー・アーメリング | エルンスト・ヘフリガー | オペラ | オルガン | オーラフ・ベーア | カウンターテナー | カール・エンゲル | ギュンター・ヴァイセンボルン | クリスタ・ルートヴィヒ | クリスティアン・ゲアハーアー | クリスティーネ・シェーファー | クリスマス | グリンカ | グリーグ | グレアム・ジョンソン | ゲアハルト・オピッツ | ゲアハルト・ヒュッシュ | ゲロルト・フーバー | ゲーテ | コンサート | コントラルト歌手 | シェック | シベリウス | シュテファン・ゲンツ | シューベルト | シューマン | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジェフリー・パーソンズ | ジェラルド・ムーア | ジェラール・スゼー | ジュリアス・ドレイク | ジョン・ワストマン | ソプラノ歌手 | テノール歌手 | ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ | ディートリヒ・ヘンシェル | トーマス・E.バウアー | ドルトン・ボールドウィン | ナタリー・シュトゥッツマン | ノーマン・シェトラー | ハイドン | ハイネ | ハルトムート・ヘル | ハンス・ホッター | バス歌手 | バッハ | バリトン歌手 | バレエ・ダンス | バーバラ・ヘンドリックス | バーバラ・ボニー | パーセル | ピアニスト | ピーター・ピアーズ | フェリシティ・ロット | フランス歌曲 | フリッツ・ヴンダーリヒ | ブラームス | ブリテン | プフィッツナー | ヘルマン・プライ | ヘルムート・ドイチュ | ベルク | ベートーヴェン | ペーター・シュライアー | ペーター・レーゼル | ボドレール | マティアス・ゲルネ | マルコム・マーティノー | マーク・パドモア | マーティン・カッツ | マーラー | メシアン | メゾソプラノ歌手 | メンデルスゾーン | メーリケ | モーツァルト | ヤナーチェク | ヨーハン・ゼン | ルチア・ポップ | ルドルフ・ヤンセン | ルードルフ・ドゥンケル | レナード・ホカンソン | レルシュタープ | レーナウ | レーヴェ | ロシア歌曲 | ロジャー・ヴィニョールズ | ロッテ・レーマン | ロバート・ホル | ローベルト・フランツ | ヴァルター・オルベルツ | ヴァーグナー | ヴェルディ | ヴォルフ | ヴォルフガング・ホルツマイア | 作曲家 | 作詞家 | 内藤明美 | 北欧歌曲 | 合唱曲 | 小林道夫 | 岡原慎也 | 岡田博美 | 平島誠也 | 指揮者 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歌曲投稿サイト「詩と音楽」 | 演奏家 | 白井光子 | 研究者・評論家 | 藤村実穂子 | | 音楽 | R.シュトラウス