ヴォルフ/ねずみとりのおまじない(Mausfallen‑Sprüchlein)

Mausfallen‑Sprüchlein
 ねずみとりのおまじない

Kleine Gäste, kleines Haus.
Liebe Mäusin, oder Maus,
Stelle dich nur kecklich ein
Heute nacht bei Mondenschein!
Mach aber die Tür fein hinter dir zu,
Hörst du?
Dabei hüte dein Schwänzchen!
Nach Tische singen wir
Nach Tische springen wir
Und machen ein Tänzchen:
Witt witt!
Meine alte Katze tanzt wahrscheinlich mit.
 小さなお客さんに、小さなお家。
 メスねずみさんか、オスねずみさん、
 思い切って出ておいでよ、
 月の輝く今夜にね!
 だけど後ろのドアは閉めるんだよ、
 聞いているかい?
 そのとき、しっぽには気をつけてね!
 食事が済んだら歌いましょう、
 食事が済んだら飛び跳ねて
 ダンスしましょう。
 ヴィット、ヴィット!
 私の年寄り猫もおそらく一緒に踊るでしょうよ。

詩:Eduard Mörike (1804-1875)
曲:Hugo Wolf (1860-1903)

-------------------------

ヘッベル、リュッケルト、ライニク、メーリケの詩による初期の歌曲をまとめた「女声のための六つの歌曲(6 Lieder für eine Frauenstimme)」は、ヴォルフのはじめて出版された歌曲集(1888年3月出版)だが、その最後に置かれたのがメーリケの詩による「ねずみとりのおまじない」である。
メーリケの詩の冒頭には"Das Kind geht dreimal um die Falle und spricht:(子供が罠のまわりを三回まわって唱える)"と書かれており、この前置きを語ってから歌うこともある(例えばアーメリングのレコードではそうしていた)。

ねずみとりのおまじないの文句が歌われているが、ヴォルフは"Hörst du?(聞いているかい?)"を下降する2音で繰り返し歌わせることで、ねずみへの語りかけの印象を強めている。
ピアノパートに見られる細かな音型や装飾音などが、おまじないを唱える子供の天真爛漫さをうまく表現しているように感じられる。
"Witt witt!"の箇所では、ヴォルフは「しわがれた声で(rauh)」と指示し、ピアノパートでもトリルで強調して猫の鳴き声を模している。

Leicht bewegt、4分の2拍子(終わり近くに一度だけ8分の5拍子になる)、ヘ長調。
全39小節。
歌声部の最高音は2点ト音、最低音は1点変ニ音。

Sara Beaudet (Soprano)
愛らしくきれいな声で歌い演じていて、良かった。

Marika Ottitsch (Soprano) Margarete Babinsky (piano) 2007
最初の語り付き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォルフ/隠遁(Verborgenheit)

Verborgenheit
 隠遁

Laß, o Welt, o laß mich sein!
Locket nicht mit Liebesgaben,
Laßt dies Herz alleine haben
Seine Wonne, seine Pein!
 おお世間よ、私を放っておいてくれ!
 施し物でおびき出そうとしないでおくれ、
 この心だけに
 喜びや苦しみを味わわせておくれ!

Was ich traure, weiß ich nicht,
Es ist unbekanntes Wehe;
Immerdar durch Tränen sehe
Ich der Sonne liebes Licht.
 何が悲しいのか自分でも分からない、
 未知の悲しみなのだ。
 いつも涙を流しながら
 私は太陽のいとしい光を見る。

Oft bin ich mir kaum bewußt,
Und die helle Freude zücket
Durch die Schwere, so mich drücket,
Wonniglich in meiner Brust.
 しばしばほとんど意識しないまま
 明るい歓喜が
 私を圧迫する困難を通り抜けて
 胸の中で喜びに満ちて光ることがある。

Laß, o Welt, o laß mich sein!
Locket nicht mit Liebesgaben,
Laßt dies Herz alleine haben
Seine Wonne, seine Pein!
 おお世間よ、私を放っておいてくれ!
 施し物でおびき出そうとしないでおくれ、
 この心だけに
 喜びや苦しみを味わわせておくれ!

詩:Eduard Friedrich Mörike (1804-1875)
曲:Hugo Wolf (1860-1903)

---------------------

ヴォルフの53曲からなる歌曲集「メーリケの詩(Gedichte von E.Mörike)」の第12曲。
1888年3月13日(ヴォルフ28歳の誕生日!)作曲。

ヴォルフの歌曲の中で最もポピュラーなものの1つで、歌声部の旋律は素直で親しみやすい。
一見ヴォルフらしさの薄い作品にも思えるが、ピアノパートには半音階進行も見られ、紛れもなくヴォルフの刻印が刻まれている。

動画サイトには世界各国の若者たちの演奏が多くアップされており、いかによく歌われているかが感じられた。

Lotte Lehmann(S)(静止画)
ここで往年の名ソプラノ、ロッテ・レーマンはヴォルフの歌曲を3曲歌っているが、2曲目「隠遁」は2分40秒ぐらいから始まる。
ポルタメントがなんともいいようのない味わいを加味している。

Tiziana Portoghese(mezzosoprano), Francesco Basanisi(piano)(動画)
ポルトガルの演奏者のようだが、深みのある声で素晴らしく、ピアノもいい演奏だった。

ピアノパートのみ(動画)
歌なしで聴くと、ヴォルフがピアノパートにどのような役割を与えていたのかがよく分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォルフ「春に」(詩:メーリケ)

Im Frühling
 春に

Hier lieg' ich auf dem Frühlingshügel:
Die Wolke wird mein Flügel,
Ein Vogel fliegt mir voraus.
Ach, sag' mir, alleinzige Liebe,
Wo du bleibst, daß ich bei dir bliebe!
Doch du und die Lüfte, ihr habt kein Haus.
 この春の丘の上に私は寝転んでいる、
 雲がわが翼となり、
 鳥が私の前を飛ぶ。
 ああ、言っておくれ、たった一つの愛よ、
 おまえはどこにいるのか、私はおまえのそばにいたいのだ!
 だがおまえと風はすみかを持たない。

Der Sonnenblume gleich steht mein Gemüte offen,
Sehnend,
Sich dehnend
In Lieben und Hoffen.
Frühling, was bist du gewillt?
Wann werd' ich gestillt?
 ひまわりさながら私の気持ちは開かれて
 憧れて
 広がっていく、
 愛と希望の中に。
 春よ、何を望んでいるのだ。
 いつになったら私の心は静まるのだろうか。

Die Wolke seh' ich wandeln und den Fluß,
Es dringt der Sonne goldner Kuß
Mir tief bis ins Geblüt hinein;
Die Augen, wunderbar berauschet,
Tun, als schliefen sie ein,
Nur noch das Ohr dem Ton der Biene lauschet.
 雲や川が流れていくのが見え、
 太陽の黄金色の口づけは
 私の血の奥深くまで達している。
 この目は素晴らしさに酔いしれて
 眠り込んでいるかのよう、
 ただ耳だけは蜜蜂の羽音を追っている。

Ich denke dies und denke das,
Ich sehne mich und weiß nicht recht, nach was:
Halb ist es Lust, halb ist es Klage:
Mein Herz, o sage,
Was webst du für Erinnerung
In golden grüner Zweige Dämmerung? -
Alte unnennbare Tage!
 私はあれこれ思いを馳せる、
 憧れを抱くが、何に対してかよく分からない。
 半ばは喜び、半ばは嘆き。
 わが心よ、おお言っておくれ、
 おまえは
 金色に染まる緑の枝の黄昏にどんな思い出を織っているのだ。
 昔の、言葉に出来ない日々!

詩:Eduard Friedrich Mörike (1804.9.8, Ludwigsburg – 1875.6.4, Stuttgart)
曲:Hugo Philipp Jakob Wolf (1860.3.13, Windischgraz – 1903.2.22, Wien)

----------------------------

フーゴ・ヴォルフの最高傑作の一つ。
ヴォルフにとっての「歌の年」1888年(5月8日)に作曲され、53曲からなる歌曲集「メーリケ詩集」の13曲目として出版された。

メーリケは牧師としての役目をたまにさぼっていたというが、この詩に読まれているように寝転んで「昔の、言葉に出来ない日々」の思い出にふけっていたのだろうか。
ヴォルフは詩からさらに深い心情を引き出すことに成功している。
春のけだるい浮遊するような気分を音でこれだけ深く表現するのはやはり天才としか言いようがない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CD | DVD | J-Pop | LP | おすすめサイト | アイヒェンドルフ | アンゲーリカ・キルヒシュラーガー | アンティ・シーララ | アーウィン・ゲイジ | アーリーン・オジェー | イアン・ボストリッジ | イェルク・デームス | イタリア歌曲 | イモジェン・クーパー | ウェブログ・ココログ関連 | エディト・マティス | エリック・ヴェルバ | エリーザベト・シュヴァルツコプフ | エリー・アーメリング | エルンスト・ヘフリガー | オペラ | オルガン | オーラフ・ベーア | カウンターテナー | カール・エンゲル | ギュンター・ヴァイセンボルン | クリスタ・ルートヴィヒ | クリスティアン・ゲアハーアー | クリスティーネ・シェーファー | クリスマス | グリンカ | グリーグ | グレアム・ジョンソン | ゲアハルト・オピッツ | ゲアハルト・ヒュッシュ | ゲロルト・フーバー | ゲーテ | コンサート | コントラルト歌手 | シェック | シベリウス | シュテファン・ゲンツ | シューベルト | シューマン | ショスタコーヴィチ | ショパン | ジェフリー・パーソンズ | ジェラルド・ムーア | ジェラール・スゼー | ジュリアス・ドレイク | ジョン・ワストマン | ソプラノ歌手 | テノール歌手 | ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ | ディートリヒ・ヘンシェル | トーマス・E.バウアー | ドルトン・ボールドウィン | ナタリー・シュトゥッツマン | ノーマン・シェトラー | ハイドン | ハイネ | ハルトムート・ヘル | ハンス・ホッター | バス歌手 | バッハ | バリトン歌手 | バレエ・ダンス | バーバラ・ヘンドリックス | バーバラ・ボニー | パーセル | ピアニスト | ピーター・ピアーズ | フェリシティ・ロット | フランス歌曲 | フリッツ・ヴンダーリヒ | ブラームス | ブリテン | プフィッツナー | ヘルマン・プライ | ヘルムート・ドイチュ | ベルク | ベートーヴェン | ペーター・シュライアー | ペーター・レーゼル | ボドレール | マティアス・ゲルネ | マルコム・マーティノー | マーク・パドモア | マーティン・カッツ | マーラー | メシアン | メゾソプラノ歌手 | メンデルスゾーン | メーリケ | モーツァルト | ヤナーチェク | ヨーハン・ゼン | ルチア・ポップ | ルドルフ・ヤンセン | ルードルフ・ドゥンケル | レナード・ホカンソン | レルシュタープ | レーナウ | レーヴェ | ロシア歌曲 | ロジャー・ヴィニョールズ | ロッテ・レーマン | ロバート・ホル | ローベルト・フランツ | ヴァルター・オルベルツ | ヴァーグナー | ヴェルディ | ヴォルフ | ヴォルフガング・ホルツマイア | 作曲家 | 作詞家 | 内藤明美 | 北欧歌曲 | 合唱曲 | 小林道夫 | 岡原慎也 | 岡田博美 | 平島誠也 | 指揮者 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歌曲投稿サイト「詩と音楽」 | 演奏家 | 白井光子 | 研究者・評論家 | 藤村実穂子 | | 音楽 | R.シュトラウス