« グルック、シューベルト、ファニー・ヘンゼルの「夏の夜(Die Sommernacht)」を聴く | トップページ | エリー・アーメリングの歌うフォレ「ピエ・イエズ」とヴェルディ「テ・デウム」(1963年11月30日、コンセルトヘバウ) »

ヘレン&クラウス・ドーナト&プライ&ホカンソン/1978年シューベルトの夕べ(ホーエネムス・ライヴ音源)

1978年6月26日にホーエネムスのリッターザール(騎士の間)でシューベルティアーデのコンサートが催されました。
その時のライヴ音源がアップされていたので、シェアしたいと思います。

女声歌曲をヘレン・ドーナト(S)&クラウス・ドーナト(P)夫妻、
男声歌曲をヘルマン・プライ(BR)&レナード・ホカンソン(P)が演奏しています。
二重唱のミニョンと竪琴弾き「ただ憧れを知る者だけが」D 877/1はどちらのピアニストが演奏したのかは分かりません。
さらに「岩の上の羊飼い」ではクラリネットのウルフ・ローデンホイザーが共演しました。

最後に置かれた「岩の上の羊飼い」以外はすべてゲーテの詩による歌曲がプログラミングされ、
前半は『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代(Wilhelm Meisters Lehrjahre)』からの詩が集められています。
男女の歌手が揃ったステージならではの選曲が興味深いです。

26 Juni 1978, 20:00 Uhr, Rittersaal im Palast Hohenems

ヘレン・ドーナト(Helen Donath)(S)
クラウス・ドーナト(Klaus Donath)(P)

ヘルマン・プライ(Hermann Prey)(BR)
レナード・ホカンソン(Leonard Hokanson)(P)

ウルフ・ローデンホイザー(Ulf Rodenhäuser)(CL)

シューベルト(Schubert)作曲:

0:00 歌手(Der Sänger) D 149 (BR)

7:35 竪琴弾きIII「涙と共にパンを食べたことのない者」(Harfenspieler) D 480 (BR)

12:52 竪琴弾きI「孤独に浸り込む者」(Harfenspieler) D 478 (BR)

17:24 ミニョンの歌「あの国をご存知ですか」(Mignon) D 321 (S)

22:21 ミニョンと竪琴弾き「ただ憧れを知る者だけが」(Mignon und der Harfner) D 877/1 (S, BR)

26:25 竪琴弾きII「戸口に忍び寄り」(Harfenspieler) D 479 (BR)

29:27 ミニョンの歌「話せと言わないで下さい」(Mignon) D 877/2 (S)

33:02 ミニョンの歌「私をこのままにしておいて下さい」(Mignon) D 877/3 (S)

〜休憩(Pause)〜

35:52 悲しみの喜び(Wonne der Wehmut) D 260 (S)

36:56 愛「喜びに満ち、悲しみに満ち」(Die Liebe) D 210 (S)

38:33 恋する娘が手紙を書く(Die Liebende schreibt) D 673 (S)

41:36 ミニョンの歌「ただ憧れを知る者だけが」(Mignon) D 877/4 (S)

44:58 ミニョンに(An Mignon) D 161 (BR)

48:24 遥かな女性に(An die Entfernte) D 765 (BR)

52:10 川辺にて(Am Flusse) D 766 (途中雑音あり) (BR)

54:44 歓迎と別れ(Willkommen und Abschied) D 767 (BR)

58:41 岩の上の羊飼い(Der Hirt auf dem Felsen) D 965 (S, CL)

Schubertiadeのアーカイヴページはこちら

|

« グルック、シューベルト、ファニー・ヘンゼルの「夏の夜(Die Sommernacht)」を聴く | トップページ | エリー・アーメリングの歌うフォレ「ピエ・イエズ」とヴェルディ「テ・デウム」(1963年11月30日、コンセルトヘバウ) »

音楽」カテゴリの記事

ソプラノ歌手」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

シューベルト」カテゴリの記事

ヘルマン・プライ」カテゴリの記事

レナード・ホカンソン」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、こんにちは。

これはまた、素敵な動画を見つけて下さってありがとうございました(^-^)v
ゆっくり楽しみますね♪

工事でなかなかゆっくり聞けなかったのですが、後ひとつを残して終わります。
暑い夏からいつしか季節は秋へと、長い工事でした。
引き続き壁紙を貼り直す事になりましたから、また新しく工事ですが、壁の解体とかはないので楽です。

工事中、職人さんにプライさんを「聞かせてあげた」ことに間違いはありません 笑
音で半分以上は聞こえなかったとは思いますが、、

投稿: | 2020年9月18日 (金曜日) 15時55分

すみません。
ひとつ消してください(^-^;

投稿: 真子 | 2020年9月18日 (金曜日) 15時59分

真子さん、こんにちは。

ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。

長い工事、大変でしたね!
本当にお疲れ様です!あと少しなのですね。
その後は壁紙ですか!
壁紙が変わると部屋の雰囲気も変わるのではないでしょうか。

職人さんは、プライの歌を潜在的に聞いて、お仕事がはかどったかもしれませんね(^^)

季節の変わり目ですからどうぞご自愛ください。
お時間出来ましたらゆっくり聞いてみて下さいね。
1978年の録音ですからシューベルトの記念年の歌ということになりますね!
プライもいい歌を聞かせてくれています。

投稿: フランツ | 2020年9月18日 (金曜日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルック、シューベルト、ファニー・ヘンゼルの「夏の夜(Die Sommernacht)」を聴く | トップページ | エリー・アーメリングの歌うフォレ「ピエ・イエズ」とヴェルディ「テ・デウム」(1963年11月30日、コンセルトヘバウ) »