« アーメリングの「死と乙女(Der Tod und das Mädchen, D 531)」がドイツのラジオ局で放送されていた! | トップページ | 歌曲ピアニスト平島誠也の録音を聴く »

ヘルマン・プライ(Hermann Prey)の1963年の映像

2019年7月11日が生誕90年にあたるドイツの名バリトン、ヘルマン・プライ(Hermann Prey: 1929-1998)を祝して、ドイツのサイトで彼の記事がいくつか書かれていますが、そうした中、1分強ですが、1963年のプライの映像がアップされていました(映像の右下にマウスポインターを持っていくとスピーカーのマークが表示されますので、それをクリックすると音が出ます)。

 こちら

BR_KLASSIKのツイッターに掲載された映像で、たった1分7秒だけですが、若かりしプライが導入の挨拶(19世紀のロマン派の作曲家といえば多くの人はシューマンを思い浮かべます・・・といった話)に続いてシューマン(Schumann)のケルナーの詩による「旅の喜び(Wanderlust), Op. 35/3」の一部を歌っています。
右下の記載を見ると1963年の映像のようです。
こんなに若いプライの映像はなかなか見る機会がなかったので貴重です。

なんともみずみずしく、繊細ですらあるプライの美声です!

少しだけ映るピアニストはおそらくギュンター・ヴァイセンボルン(Günther Weissenborn)と思われます。

こういう映像をどんどんアップしてくれると有難いのですが、権利の問題などで難しいのでしょうか・・・。
いずれにせよ、この短い映像は、プライファンの渇望を少しでも癒してくれるものではないでしょうか。

|

« アーメリングの「死と乙女(Der Tod und das Mädchen, D 531)」がドイツのラジオ局で放送されていた! | トップページ | 歌曲ピアニスト平島誠也の録音を聴く »

音楽」カテゴリの記事

ヘルマン・プライ」カテゴリの記事

ギュンター・ヴァイセンボルン」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、こんばんは。

よくこんな素敵な映像を見つけてくださいましたね!
確かにここまで若いころの映像は初めてです(^^)
若いっていいなあ、と改めて思いますね♪
やはり映像ですと、ここはこんな表情で歌ってはるんや、この音はこうやって出してはるんや、と興味がつきません。何度もみてしまいます!!

ファンになったときは11歳だった息子が、今年、このときのプライさんと同い年になります。
息子は今もプライファンで、レコードプレーヤーを買って、私がやったレコードを聴いています。この映像も知らせてやります!

いつも素晴らしいプライさんを見つけて下さって感謝です(^^)

投稿: 真子 | 2019年7月22日 (月曜日) 21時13分

真子さん、こんにちは。

私もこういう形でこんな貴重な動画がアップされるとは思ってもみなかったので、見つけた時は嬉しかったです!
若かりしプライの映像はやはり興味が尽きませんね。
繊細さも感じられて若い時期ならではの魅力的な歌唱だと思いました。
放送局はきっとこの類の記録を沢山持っているのでしょうね。
出し惜しみせずにこのような宝物はどんどん出してほしいですね。

真子さんの息子さんもプライファンになられて、親子で同じ趣味を共有出来るというのは素晴らしいことですね!
ぜひ楽しんで下さいね。

投稿: フランツ | 2019年7月23日 (火曜日) 08時13分

フランツさん、こんにちは。

おっしゃるように、若い勢いだけではなく、繊細さがあるのも大きな魅力ですよね。表情も若い頃のプライさん、はにかんだようなところもあって、ちょっとかわいいんです 笑

ドイツの放送局には、このような魅力的なお宝映像がたくさん眠っていそうですね。
特に今年は映像化して欲しかったです。

日本でも、NHKにはたくさん映像があるはずですから、深夜帯のBSでもいいから、放送して欲しかったです。

1971年に10年ぶりに来日した時の「美しい水車小屋の娘」が、とても感動的だったそうです。
もし、まだNHKにテープがのこっていたら、是非とも観たいです‼️

投稿: 真子 | 2019年7月23日 (火曜日) 12時25分

真子さん、こんにちは。

この映像のような若い頃の姿を写真でしか知らなかった私にとっても、今回の映像でのプライの初々しさは微笑ましく感じられました。一生懸命さが伝わってきますね。

ドイツの放送局にもNHKにもお宝は沢山眠っていることでしょう。
高い受信料を取っているNHKにはもっと有効活用してほしいですよね。
BSでも過去の名演のレギュラー番組が出来ればいいのにと思います。

でも音源の発掘については、歌手の場合、アニバーサリーとは関係のないタイミングでリリースされることも少なくないので、気長に待つしかないですね。

それまでは従来の膨大な録音をじっくり楽しんでいきたいものです。
1971年の「水車屋」も聴いてみたいです!

投稿: フランツ | 2019年7月24日 (水曜日) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーメリングの「死と乙女(Der Tod und das Mädchen, D 531)」がドイツのラジオ局で放送されていた! | トップページ | 歌曲ピアニスト平島誠也の録音を聴く »