« シューベルト「秘めごと(Geheimes) D 719」を聴く | トップページ | オランダの放送局録音の「冬の旅(Winterreise) D 911」5種 »

アーメリング&ヤンセン/1983年エクサン・プロヴァンス音楽祭リサイタルライヴ (Récital: Elly Ameling au Festival d'Aix en Provence en 1983)

ソプラノのエリー・アーメリング(Elly Ameling)と、ピアニストのルドルフ・ヤンセン(Rudolf Jansen)がフランスのエクサン・プロヴァンス音楽祭で1983年に催したリサイタルのライヴが聞けるようになっています。

 こちら

タイトル"Récital: Elly Ameling au Festival d'Aix en Provence en 1983"の左横に赤い三角マークがあるので、それをクリックするとプレイヤーが表示されて録音が流れます。
ドイツリートとフランスメロディーを中心に、英語1曲、さらにアンコールでは中田喜直の「おやすみなさい」まで歌っています。
まさに「歌の花束」といった趣です。
ちなみにこの時アーメリングはちょうど50歳で、円熟味を増してきた頃の歌唱が聞けます。
アーメリングお気に入りのピアニスト、ヤンセンもいい演奏を聞かせてくれます。
ライヴならではの息遣いなど、素敵なリサイタルですので、ぜひお聞きください。

録音:1983年7月31日, la Cathédrale Saint Sauveur d'Aix en Provence

Elly Ameling (エリー・アーメリング)(S)
Rudolf Jansen (ルドルフ・ヤンセン)(P)

時間:全59分

Wolfgang Amadeus Mozart (モーツァルト): Abendempfindung, K. 523 (夕べの情緒)

John Weldon (ウェルドン): The wakeful nightingale (眠らないナイチンゲール)

Franz Schubert (シューベルト): Nachtviolen, D 752 (はなだいこん)

Franz Schubert: Die Blumensprache, D 519 (花の言葉)

Franz Schubert: Seligkeit, D 433 (至福)

~ラジオ局のアナウンサーによるアナウンス~

Hugo Wolf (ヴォルフ): Wiegenlied im Sommer (夏の子守歌)

Hugo Wolf: Bedeckt mich mit Blumen (私を花で覆ってね)

Johannes Brahms (ブラームス): Botschaft, Op. 47/1 (使い)

Johannes Brahms: Immer leiser wird mein Schlummer, Op. 105/2 (わがまどろみはますます浅くなり)

Robert Schumann (シューマン): Der Nußbaum, Op. 25/3 (くるみの木)

Richard Strauss (リヒャルト・シュトラウス): Ständchen, Op. 17/2 (セレナーデ)

~ラジオ局のアナウンサーによるアナウンス~

Francis Poulenc (プランク): Violon (ヴァイオリン)

Ernest Chausson (ショソン): Le Colibri, Op. 2/7 (ハチドリ)

Henri Duparc (デュパルク): Chanson triste (悲しい歌)

~ラジオ局のアナウンサーによるアナウンス~

Yoshinao Nakada (中田喜直): Oyasuminasai (おやすみなさい) (「こどものための8つのうた」より)

Erik Satie (サティ): La Diva de l'Empire (ランピールの歌姫)

|

« シューベルト「秘めごと(Geheimes) D 719」を聴く | トップページ | オランダの放送局録音の「冬の旅(Winterreise) D 911」5種 »

音楽」カテゴリの記事

エリー・アーメリング」カテゴリの記事

ルドルフ・ヤンセン」カテゴリの記事

コメント

表題とは違うことですみません。
今年は春祭Win7でも聴けます、トップから1,2番目、都響、タカハシ、最後ノホルンを楽しんでいます。
1モーツァルト2スターバト・マーテル安定した都響がすばらしい。
中ほどの管楽もいいです、楽しく音楽を聴かせてくれます。

とっ、妖精を見かけました(スターバト・マーテル フルート)すごい。

アーメリングも全部聴かなければ。

投稿: tada | 2018年8月 3日 (金曜日) 11時45分

tadaさん、こんばんは。
お久しぶりです。お元気でしたか?

「東京・春・音楽祭2018」の動画が気づいたらアップされていましたね。
教えてくださり、有難うございます。

聞きたい動画が沢山ですね。
期間限定なので、こまめに聞いていかなければ・・・。

tadaさんは都響のモーツァルト「交響曲第25番」とロッシーニの「スターバト・マーテル」を聞かれたのですね。
私もちょっと視聴してみましたが、指揮者のスペランツァ・スカップッチという女性が魅力的でした。
ソプラノのエヴァ・メイが歌っているのも私的には興味深いです。
tadaさんのおっしゃる妖精というのは都響のフルーティストさんなのですか。
探してみますね。

それから、こちらの記事のアーメリング&ヤンセンのライヴ、tadaさんに楽しんでいただけると思いますので、ぜひお時間のある時に聞いてみて下さいね!

投稿: フランツ | 2018年8月 3日 (金曜日) 20時32分

フランツさん
ご無沙汰しております.
いつも, アーメリングに関する貴重な情報ありがとうございます. 私は, WEB上を探し回るのを最近怠っていて, 情報を提供できずにいます.
今回の貴重な録音, 味わって聞きました. コンサートががだんだんと盛り上がっていくのも, よく伝わってきます.
ところで, 中田喜直の"おやすみなさい"は, 市販の録音では, CBSのLPしかないのですが, 海外のいくつかのコンサートで歌っているようです. 日本語のこの曲をあえて歌うのは, よほどお気に入りなのですね.

投稿: Sandman | 2018年8月 6日 (月曜日) 15時31分

Sandmanさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。

今回のライヴを見つけた時、Sandmanさんに喜んでいただけるなぁと思っていました!スタジオ録音とは違ったコンサートならではの臨場感が味わえるのがいいですよね。

中田喜直の「おやすみなさい」は日本人へのサービスなのかなと最初は思っていたのですが、Sandmanさんのディスコグラフィを拝見すると、今回同様海外ライヴ録音も存在するようですので、彼女のお気に入りの曲なのでしょうね。過去の来日公演でもアンコールで一度聴けましたし、マスタークラスで日本語の発音について説明する時に「おやすみなさい」と歌ってみせてくれたこともありました。彼女が日本歌曲を他国に広めてくれたのは嬉しいですね。

投稿: フランツ | 2018年8月 7日 (火曜日) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーメリング&ヤンセン/1983年エクサン・プロヴァンス音楽祭リサイタルライヴ (Récital: Elly Ameling au Festival d'Aix en Provence en 1983):

« シューベルト「秘めごと(Geheimes) D 719」を聴く | トップページ | オランダの放送局録音の「冬の旅(Winterreise) D 911」5種 »