« 我が恩師に | トップページ | ロベルト・ホル&みどり・オルトナー/ロベルト・ホル バス・バリトンリサイタル(2016年11月27日 川口リリア・音楽ホール) »

ブラームス「知らせ(Botschaft)」を聴く

ご無沙汰しております。
すっかり投稿をさぼってしまい、すみませんでした。
気付いたら11月はまだ一度も記事を掲載しておりませんでした。
久しぶりに聴き比べをしたいと思います。

----------

Botschaft, Op. 47 no. 1
 知らせ

Wehe, Lüftchen, lind und lieblich
Um die Wange der Geliebten,
Spiele zart in ihrer Locke,
Eile nicht hinwegzufliehn!
Tut sie dann vielleicht die Frage,
Wie es um mich Armen stehe;
Sprich: »Unendlich war sein Wehe,
Höchst bedenklich seine Lage;
Aber jetzo kann er hoffen,
Wieder herrlich aufzuleben,
Denn du, Holde, denkst an ihn.«
 そよ吹け、風よ、優しく、心地よく
 あの女性(ひと)の頬をかすめて。
 彼女の巻き毛にそっと戯れておくれ、
 急いで逃げ去ってしまっては駄目だよ!
 すると彼女はもしかしたら尋ねるかもしれない、
 かわいそうな僕がどうしているかと。
 そうしたら言っておくれ、「彼の悲しみは果てしなく続いていました。
 状況はきわめて重大です。
 でも今彼は
 再びすっかり元気を取り戻すことが期待できます。
 なぜならいとしいあなたが彼のことを気にかけてくれるからです」と。

詩:Georg Friedrich Daumer (1800-1875)
曲:Johannes Brahms (1833-1897)

----------

私の大好きなブラームスの歌曲のひとつを取り上げることにしました。
一般的には「使い」「ことづて」「便り」などと訳されるこの曲ですが、ダウマーのテキストは、恋する女性へのメッセージをそよ風(Lüftchen)に言付けるという内容です。
この曲のピアノパートは右手で複数の音を同時に弾きながら、素早くレガートにそよ吹く風を表現しなければなりませんが、ジェラルド・ムーアが著書の中で、この曲を低く移調するととても弾きにくくなると書いていました。
そんなムーアが低く移調したホッターとの録音を残しているので、下の音源を聴いてみて下さい。
歌は愛らしく楽しげに進みますが、テキストの展開に応じて途中から深刻な表現も聴かせ、詩を生かしたなかなか良く出来た作品だと思います。
最後にピアノパートのリズムを変えて、盛り上げるところなども素晴らしいです。
あっという間に終わる短い作品ですが、誰もが微笑みたくなるような作品だと思います。
ぜひお聞きください!

----------

ハンス・ホッター(BSBR)&ジェラルド・ムーア(P) (1957)

ホッターの包み込むような温かい声と、その味わいを自身の音に反映させるムーアによって、胸に響く演奏になりました。

ジェシー・ノーマン(S)&ジェフリー・パーソンズ(P) (1980)

1:36~です。ノーマンの歌唱は恰幅がよく、力強さがある一方、繊細さも兼ね備えています。パーソンズがいつもながら上手いです。

ロッテ・レーマン(S)&エルヌー・バロック(P)

レーマンの歌は喜びにあふれ、つやつやして、表情豊かで今でも色あせない素晴らしさです。バロックの粒立ちのよいピアノも良かったです。

カスリーン・フェリア(A)&フィリス・スパー(P)

持ち前の温かみのある声が素晴らしいだけでなく、テキストの表情に対して丁寧に細やかに歌っているのが感じられて感銘を受けます。

ハインリヒ・シュルスヌス(BR)&ゼパスティアン・ペシュコ(P) (1937)

シュルスヌスの甘美で渋い美声に酔いしれることが出来ます。途中、ちょっとブラームスのメロディーとは違う歌い方をしているのも当時のおおらかさを感じさせます。

トマス・アレン(BR)&マルコム・マーティノー(P) (2001)

5:51~です。ライヴ映像。アレンの渋みのある声と、マーティノーのそよ風を模したさらさらとしたタッチが大人の趣を醸し出していると思います。

ペーター・アンダース(T)&ミヒャエル・ラウハイゼン(P) (1943)

オペラのヒーローが歌っているような趣ですが、輝かしい声は魅力的です。

ピアノ伴奏のみ

演奏が終わらないうちに次の楽譜に移ってしまいますが、ピアノパートだけでこの曲を聴くのも新鮮です。カラオケとしても使えます!

|

« 我が恩師に | トップページ | ロベルト・ホル&みどり・オルトナー/ロベルト・ホル バス・バリトンリサイタル(2016年11月27日 川口リリア・音楽ホール) »

ブラームス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、こんばんは。

久しぶりの聴き比べですね!
じっくり聴いてまたコメントしますね♪

投稿: 真子 | 2016年11月27日 (日曜日) 00時13分

真子さん、こんばんは。

久しぶりに聴き比べの記事を書いてみました。
楽しんでいただけたら幸いです。
お時間のある時にでも聴いてみてくださいね(^^)

投稿: フランツ | 2016年11月27日 (日曜日) 20時42分

フランツさん、こんにちは。

母が入院したりですっかりご無沙汰していましました。
いま、聴き始めています。
ホッターのバスバリトンで聴く歌と、ノーマンのソプラノで聴く歌はこんなにも違うんですね。
ムーアのピアノは、うまく表現できないんですが、いつも心に沁みるんです。
調が変わると指遣いが変わってしまいますからね。ムーアほどの大家でも弾きにくかったりするんですね。

女声はこの曲はアルトで聴くのがしっくりくるように感じました。
フェアリーの歌は希望を与えてくれる気がします。

シュルスヌスは柔らかい美声でいいですね。
プライさんが、シュルスヌスの再来のように言われたのがよくわかる演奏でした。

アレンはオペラでも決して派手で華やかな感じはなかったけど、独特の味わいがありますよね。
彼の演じる「フィガロの結婚」の伯爵好きでした。

テノールが歌うとまた印象が違いますね。
リートはやはり若者の歌なんだと思い出させてくれる演奏で。
本当に輝かしい声ですね。
この演奏、結構好きです。
同じ高音でも、この曲はソプラノで聴くよりテノールがいいように思いました。

恥ずかしながら初めて聴きましたが、素敵な歌曲ですね。
ご紹介ありがとうございました。

投稿: 真子 | 2016年12月 2日 (金曜日) 17時44分

真子さん、こんばんは。

お母様、大丈夫ですか?
大変な時期にコメントいただけて申し訳なく思います。
どうぞくれぐれもご無理のないようになさって下さいね。
お母様のご回復を祈っております。

一つ一つじっくり聴いていただけて、そのうえそれぞれの感想も書いてくださり、本当に有難うございます!
とても嬉しいです。

ブラームス歌曲と言えばホッターを挙げる人も多いほど、彼のブラームスは深々として、温かいですね。
ノーマンもブラームスの全集をディースカウと録音するほど、彼女にとってはゆかりの深い作曲家ですが、さすがに見事な歌唱だと思います。
ブラームスほど、男声と女声で印象の変わる歌曲作曲家もほかになかなかいないかもしれませんね。
とかく晦渋でしかめっ面をしてとっつきにくいと思われがちな彼の作品ですが、実はとても愛らしい作品も多く、私は歌曲を聴き始めた頃からブラームス歌曲は常に身近にありました。
そんなわけで、彼の歌曲をこれほど多くの演奏で聴き比べるのはとても贅沢で楽しい時間になりました。
ムーアを「心に沁みる」とおっしゃっていただき、ムーア・ファンの私は感無量です。
決してテクニシャンではないムーアですが、その音色の魅力はちょっとたとえようもないほどです。
そんな魅力を真子さんと共有できて嬉しいです(^^)
シュルスヌスもなんともいえない味わいがありますよね。プライは私の知る限り、この曲を録音していないようですが、シュルスヌスを聴いて、プライが歌ったらこんなふうなのかなと想像するのも興味深いですよね。
アレンの渋さ、フェリアの崇高さなどもいいですよね。
楽しんでいただき、有難うございました!

投稿: フランツ | 2016年12月 2日 (金曜日) 23時41分

フランツさん、こんばんは。

プライさんはこの曲を録音していないようですね。
彼の甘く優しいバリトンで聴いてみたかったです。
シュルスヌスの歌からちょっと想像してみたりしました(*^^*)

ブラームスは、肖像画でちょっと損をしているかもしれないですね。
確かに愛らしかったり、ロマンチックな曲も結構あるのに「四つの厳粛な歌」「ドイツレクイエム」のイメージが強いのかもしれません。
この2曲も好きですけど。
また素敵な曲を教えてくださいね。

投稿: 真子 | 2016年12月 3日 (土曜日) 23時43分

真子さん、こんばんは。

シュルスヌスの歌をあらためて聴いてみましたが、彼の彩りの豊かな湧き出るような美声はまさにプライに受け継がれているように感じました。マグマが噴出するような豊麗な響きはシュルスヌス-プライの魅力の一つだと思いました。

ブラームスは年をとってからのひげ面の肖像が有名なので損をしているようですが、若い頃の肖像を見るとなかなか容姿端麗だったようにも思えるので、音楽室に飾ってある肖像画の罪は重いかもしれませんね(笑)
重厚なブラームスももちろん素晴らしいですが、それだけでない魅力がブラームスの多数の歌曲の中にも聞き取ることが出来ます。
そういう作品を今後も記事にしてみたいと思っています。いつになるかは分かりませんが、気長にお待ちくださいね。

投稿: フランツ | 2016年12月 4日 (日曜日) 22時59分

フランツさん、こんにちは。

>「マグマが噴出するような豊麗な響きはシュルスヌス-プライの魅力の一つ・・」
本当にそうですね!

音楽室の肖像画の採用方法を変えてもいいですよね。
シューベルトも18歳の頃なんて、今で言う超のつく「メケメン」!ですし。
作曲家が男前だったら「この人の曲を聴いてみよう」と思う人もいるかもしれない(笑)
入口はどこでもクラシックファンが増えたら嬉しいです(*^^*)
かくいう私も、「声楽ライブラリー」に載っていた、”発声時の姿勢のお手本”のプライさんの立ち姿に惹かれたのが最初でしたから。

投稿: 真子 | 2016年12月 6日 (火曜日) 08時50分

真子さん、こんばんは。

シューベルトは背が低く、目も悪く、さえない風貌と言われていますが、10代の肖像はそんな感じではなく、決して悪くはなかったですよね。
そういう側面も伝えていけば、そこからシューベルトの世界に足を踏み入れるかもしれませんよね。
入り口はなんでもいいんですよね。
その為の努力をクラシック音楽界がさらに進めていけば、その人の人生を変えるかもしれない出会いがもっと増えるかもしれませんよね。

姿勢の手本としてのプライの立ち方というのが掲載されていたのですね。
プライは確かにふらふら動いたりせずに歌唱と顔の表情で伝えていましたよね。
懐かしいです...。

投稿: フランツ | 2016年12月 6日 (火曜日) 21時39分

フィッシャー=ディースカウとシュトゥッツマンで持っています。ディースカウが歌うと、折り目正しい文書みたいです。

投稿: 田中文人 | 2016年12月 8日 (木曜日) 10時35分

田中さん、こんばんは。
コメントを有難うございます!

フィッシャー=ディースカウとシュトゥッツマンの録音をお持ちなのですね。
私もこの曲の魅力にとりつかれたのは、ディースカウとムーアのザルツブルク・ライヴのCDでした。
軽やかに伸びやかに歌われた名演でした。
シュトゥッツマンはブラームスと相性のよい声をしていますよね。

投稿: フランツ | 2016年12月 9日 (金曜日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/64520281

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス「知らせ(Botschaft)」を聴く:

« 我が恩師に | トップページ | ロベルト・ホル&みどり・オルトナー/ロベルト・ホル バス・バリトンリサイタル(2016年11月27日 川口リリア・音楽ホール) »