« アーフィエ・ヘイニス逝去(2015年12月17~18日) | トップページ | 明けましておめでとうございます »

ヘルマン・プライ/ドイツ歌曲ドキュメンタリー映像「ミンネザングから現代まで」(約100分)

今年最後の記事はヘルマン・プライのドキュメンタリー映像です。
1970年代にプライがPHILIPSレーベルに録音したドイツ歌曲集大成について録音を聴きながら語る場面、あるいはザルツブルク音楽祭のリハーサルの一場面などが出てきます。
プライがくつろいで、相手役のクルト・パーレンとドイツ歌曲について語る場面は、彼の音楽への情熱が強く感じられて微笑ましいです。
この時期のプライの映像は貴重と思われます。
ぜひお楽しみ下さい!

piano: Leonard Hokanson, Kurt Pahlen

04:27- シューベルト/憩いなき愛(Rastlose Liebe)D138(ピアノ:レナード・ホカンソン)

06:11- シューベルト/羊飼いの嘆きの歌(Schäfers Klagelied)D121(ピアノ前奏付、冒頭部分のみ)(ピアノ:レナード・ホカンソン)

26:32- レーヴェ/エーバーシュタイン伯爵(Graf Eberstein)Op.9-6-5(ピアノ:レナード・ホカンソン)

33:47- シューベルト/夕映えの中で(Im Abendrot)D799(ピアノ:クルト・パーレン)

40:06- シューベルト/ミューズの息子(Der Musensohn)D764(ピアノ:レナード・ホカンソン)

48:54- シューマン/献呈(Widmung)Op.25-1(ピアノ:レナード・ホカンソン)

59:39- ブラームス/教会墓地にて(Auf dem Kirchhofe)Op.105-4(ピアノ:レナード・ホカンソン)

1:04:42- ヴォルフ/お別れ(Abschied)(ピアノ:レナード・ホカンソン)

1:17:57- プフィッツナー/沈む太陽は美しく輝く(Es glänzt so schön die sinkende Sonne)Op.4-1(ピアノ:レナード・ホカンソン)

1:25:08- フォルトナー/「ヘルダーリンの4つの歌曲」~II.ヒュペーリオンの運命の歌(Hyperions Schicksalslied)

1:35:57- シューベルト/音楽に寄せて(An die Musik)D547(ピアノ:クルト・パーレン)

|

« アーフィエ・ヘイニス逝去(2015年12月17~18日) | トップページ | 明けましておめでとうございます »

ヘルマン・プライ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、こんにちは。

今年の最後を飾る記事がプライさんだなんて嬉しいです(*^^*)
実は少し前に、この動画をある方に教えていただいて見たのですが、でもこうしてまた記事にしてくださったものを見るのは楽しく嬉しいです(*^^*)

シューマンの献呈やヴォルフのお別れは、断片的に上がっているのを見たことがありましたが、このようなドキュメントの中に入っていたんですね。

作曲家名といくつかの言葉が聞き取れるくらいで、話の内容はよくわからないのですが、引き込まれるように100分見てしまいました。
以前フランツさんが取り上げてくださった、パーレンとのR・シュトラウスの「Freundliche Vison」も入っていましたね。

ドイツでは、このような映像がたくさん残されていそうですね。
このような素敵な映像を見ますと、日本語を付けてDVDにして欲しいなあ、と思ってしまいます。
素敵な映像をご紹介くださってありがとうございました(*^^*)

投稿: 真子 | 2015年12月31日 (木曜日) 15時11分

フランツさん、こんにちは。ご無沙汰してます。
今年もあとわずかになりましたが、思いがけずヘルマン・プライのドキュメンタリー記事を読ませていただけるのは、大変幸せに思います。
いつもながら、いろいろな演奏家たちの貴重な動画や、それに関する記事、フランツさんのおかげで堪能させていただけること、ありがたく思っています。
今、まだ新年の用意に追われてますが、一段落したら、ゆっくり楽しませていただこうと思います。
どうぞ佳い年をお迎えください。

投稿: Clara | 2015年12月31日 (木曜日) 15時41分

真子さん、こんにちは。

プライ・ファンの真子さんはさすがにご存知だったのですね。

YouTubeに歌曲だけ数曲アップされていますが、こうしてまとめて見るとまた違った楽しみ方が出来ますね。

「Freundliche Vision」も含まれていましたか。ご指摘有難うございます。急いで記事を作ったので見落としが他にもあるかもしれません。

喜んでいただけて私も嬉しいです(^o^)/
プライの人柄が感じられるドキュメンタリーですよね。パーレンと歌曲談義に夢中になったり、レコードの自分の録音を聴きながら一緒に口ずさむ場面など、人間的で魅力的だなぁと思います。

来年も何かいい映像を見つけたらご紹介したいと思います!

投稿: フランツ | 2015年12月31日 (木曜日) 19時08分

Claraさん、こんにちは。お久しぶりですが、いつもご投稿は拝見しています。

Claraさんにも多くのクラシカジャパンの記事をご紹介いただき、良い映像が沢山残されていることを教えていただいています。
私はクラシカ加入していないのですが、代わりにYouTubeでいろいろ探しては楽しんでいます。
ヘルマン・プライの映像もたまに貴重なものがアップされているので、皆さんにも見ていただけたらと思い、記事にしています。
今は年末年始の慌ただしい時期だと思いますので、落ち着きましたら楽しんでいただけたらと思います。
ただし、この動画、字幕は付いていないので、雰囲気を味わっていただくのもいいかなと思います。プライの名唱も沢山聞けます。

Claraさんもどうぞよい年をお迎え下さいね。

投稿: フランツ | 2015年12月31日 (木曜日) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/62969899

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルマン・プライ/ドイツ歌曲ドキュメンタリー映像「ミンネザングから現代まで」(約100分):

« アーフィエ・ヘイニス逝去(2015年12月17~18日) | トップページ | 明けましておめでとうございます »