« R.シュトラウス「四つの最後の歌」 | トップページ | 2014年も大変お世話になりました »

オランダのWebサイト"Beeld en Geluid"でのアーメリングの録音

Elly Ameling Discographyのサイトを運営しておられるSandmanさんからの情報をこちらでもお知らせいたします。
オランダのBeeld en Geluidというサイトで、アーメリングの放送音源が多数購入可能であることが分かりました。

「Beeld en Geluid」はこちら

そして、このサイトから音楽ファイルを購入する方法についてはSandmanさんがブログに詳細に記してくださっています。

「オランダのBeeld en Geluidから音楽ファイルを入手する手順について」はこちら

注文から実際にダウンロード出来るまでに数日かかりますのでご注意ください。
またダウンロード時間も私の場合30分程度のファイルで約2時間前後かかりました。
入手時に住所欄の記入が必要なのですが、こちらはPC経由でダウンロードするので、あくまでも形式上のもののようです。
ただし、必須入力欄が2箇所あり、おそらく片方は外国での州を入力するためと思われますので、その辺は適当に記入してみてください(字数制限もあります)。
また、Sandmanさんも書かれていますが、“個人の利用に限る”とのことなので、その点ご注意ください。

私もいくつかのファイルを入手しましたが、中でもSandmanさんも触れておられるR.シュトラウスの「商人の鑑」全12曲中8曲を若かりしアーメリングが歌っていたという事実にまず驚かされました。
そして実際の演奏ですが、…素晴らしいです!
この皮肉たっぷりな作品に対して、彼女の表情の細やかさが最大限に発揮されています。
たとえば第2曲最後の"hinterwärts"の歌い方、第3曲最後の"Edelmut"のポルタメントで下がってくるところ、第6曲「のっぽの(langen)」のメリスマの表情、第10曲の最後数行の出版業者をほめ殺す箇所での"und"などに見せるなんとも言えないニュアンスなど、聴きどころ満載です。
このディクションの明晰さは若い頃から際立っていたことが分かります。
おそらくオランダ伴奏界の長とも言えるフェーリクス・ドゥ・ノーブル(一般にはフェリックス・デ・ノベルと表記されることが多いようです)が若かりしアーメリングの才能を見込んで、いろいろな珍しい作品を歌わせていたのではないでしょうか。

以下が私が購入したファイルですが、グリーグやフランツ、コルネーリウスなどの商品化されていない作品が含まれていて大変貴重な録音です。
もちろん演奏はどれも若々しい美声が輝かしく響き渡る実にチャーミングなものでした。

●6481721
AMELING__ELLY-AEN5648421Y 29:37
Felix de Nobel(p)
1964.11.28

R.シュトラウス
「商人の鑑」(Krämerspiegel) Op.66より
1. 昔々一匹の雄山羊がおったとさ(Es war einmal ein Bock)
2. かつて雄山羊が使いに来た(Einst kam der Bock als Bote)
3. かつて一匹の野うさぎが愛していた(Es liebte einst ein Hase)
5. きみが交響詩を書き上げたら(Hast du ein Tongedicht vollbracht)
6. おおいとしい芸術家よ、戒めを聞くように(O lieber Künstler sei ermahnt)
7. 我々の敵は、偉大なる神よ(Unser Feind ist,grosser Gott)
10. 芸術家は創造者である(Die Künstler sind die Schöpfer)
12. おお吸血鬼の一団よ、おお商人業界よ(O Schröpferschwarm,o Händlerkreis)

●6437985
AMELING__ELLY-AEN564830PC 37:24
Felix de Nobel(p)
1963.10.23

メンデルスゾーン(Mendelssohn)/最初のすみれ(Das erste Veilchen) Op.19, No.2
グリーグ(Grieg)/春の雨(Forarsregn) Op.49, No.6
グリーグ/ばらに囲まれて(Millom Rosor) Op.39, No.4
グリーグ/初めての出会い(Det første mødes) Op.21, No.1
メンデルスゾーン/恋する娘が手紙を書く(Die Liebende schreibt) Op.86, No.3
シューベルト(Schubert)/捕われた歌びと(Die gefangenen Sänger) D712
フランツ(Franz)/はすの花(Die Lotosblume) Op.25, No.1
コルネーリウス(Cornelius)/すみれ(Veilchen) Op.1, No.2
シューベルト/夕べの情景(Abendbilder) D650
シューベルト/イーピゲネイア(Iphigenia) D573
シューベルト/白鳥の歌(Schwanengesang) D744
グレチャニノフ(Gretchaninov)/子守歌(Berceuse) Op.1, No.5(フランス語歌唱)

AMELING__ELLY-AEN564830UB 14:58
Felix de Nobel(p)
1963.10.23

ビゼー(Bizet)/古風な旋律の子守歌(Berceuse sur un vieil air)
ベルリオーズ(Berlioz)/日暮れ時(Le coucher du soleil) Op.2, No.1
シューベルト(Schubert)/アンティゴネとオイディプス(Antigone und Oedip) D542(後半オイディプスの箇所はピアノパートのみ演奏される)

●6437815
AMELING__ELLY-AEN564830OC 26'35
ハンス・ヴィルブリンク(Hans Wilbrink)(Br)
フェーリクス・ドゥ・ノーブル(Felix de Nobel)(p)
Montagedatum 1963.1.3
Annotatie Opnameperiode: 1962.12.18 1962.12.28

ヴォルフ(Wolf)/「イタリア歌曲集」("Italienisches Liederbuch")より

1.小さくてもうっとりとさせられるものはある(Auch kleine Dinge können uns entzücken) (Ameling)
2.遠いところに旅立つそうね(Mir ward gesagt, du reisest in die Ferne) (Ameling)
3.あなたは世界で一番美しい(Ihr seid die Allerschönste) (Wilbrink)
4.この世界の生みの親に祝福あれ(Gesegnet sei, durch den die Welt entstund) (Wilbrink)
5.目の見えない人たちは幸いだ(Selig ihr Blinden) (Wilbrink)
6.一体誰があんたを呼んだのよ(Wer rief dich denn?) (Ameling)
7.月がひどい不満をぶちまけ(Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben) (Wilbrink)
8.さあ、仲直りしよう(Nun laß uns Frieden schließen) (Ameling)
9.君の魅力がすべて描かれて(Daß doch gemalt all' deine Reize wären) (Wilbrink)
10.あなたは細い糸たった一本で私を捕まえて(Du denkst, mit einem Fädchen mich zu fangen) (Ameling)
11.もうどれほどずっと待ち焦がれてきたことでしょう(Wie lange schon war immer mein Verlangen) (Ameling)
12.駄目、お若い方(Nein, junger Herr!) (Ameling)
13.ふんぞり返っておいでだな、麗しき娘よ(Hoffärtig seid ihr, schönes Kind) (Wilbrink)
14.相棒よ、おれたちゃ修道服でもまとって(Geselle, woll'n wir uns in Kutten hüllen) (Wilbrink)
15.私の恋人はとってもちっちゃいの(Mein Liebster ist so klein) (Ameling)
16.戦場に向かわれるお若い方々(Ihr jungen Leute, die ihr zieht ins Feld) (Ameling)

ヴォルフの「イタリア歌曲集」はヴォルフの順序通りに最初の16曲がバリトン歌手ヴィルブリンクと共に歌われています。
残りの曲の音源が他にあるのかもしれませんが、まだ今のところ見つけていません。

なお、6481721の番号で検索すると出てくるロリン・マゼール指揮ロッテルダム・フィルとのマーラー「ラインの伝説」他の歌曲は、結局アナウンスのみで音源はファイルには含まれず、指揮者もマゼールではなく、ズデニェク・マーツァルなので、お気をつけください(リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」のみ2ファイル)。
おそらく、日付から6573082が同内容と思われますので、こちらにマーラー歌曲が含まれているのではないかと推測されます。
ただ、マーツァルとのマーラー3曲は2008年1月にRadio4で放送されたものと同一内容のようですので、私はあらためて購入はしませんが。

|

« R.シュトラウス「四つの最後の歌」 | トップページ | 2014年も大変お世話になりました »

エリー・アーメリング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん, こんばんは.
Sandmanです.
Beeeld en Geluidの音源を入手できたとのこと, 安心しました.
また, アーメリングの「商人の鑑」について, 的確なコメントありがとうございます. さすがにフランツさんです.
また, 私が入手していないファイルの情報を頂き感謝します. 恐らく, 私が聞いたのでは, 作曲者と作品名が分からない曲が多いと思います.
そのうち, 金銭的な余裕ができたら, 入手して見ます. グリークが是非とも聞きたいです.
なお,ヴォルフのイタリア歌曲集と, マゼールのマーラーは私も入手して見たいと思っていたところなので, 詳細な情報, 助かりました.
今後も情報交換できれば幸いです.

投稿: Sandman | 2014年12月29日 (月曜日) 22時18分

Sandmanさん、こんにちは。
教えていただいたとおりの手順で無事ファイルを入手出来ました。
Sandmanさんのおかげです。
本当に有難うございました!!
アーメリングがこんな曲を歌っていたのかという発見にワクワクが止まりません。
Sandmanさんが紹介されているルゲルネやフォーレの「悲しみ」もいずれ購入しようと思っています。
私が購入したグリーグなどのファイルは作曲者と曲名のアナウンスが入るので、それを参考にして曲名を特定しました。
今後も情報交換出来たら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

投稿: フランツ | 2014年12月30日 (火曜日) 11時29分

フランツさん
質問があります.
フランツさんが紹介してくれた, Beeld en GeluidのID:6437985 を購入したのですが, ダウンロードのアドレスの連絡が来たのは, 1つ目のファイルAEN564830PCのみで, 2つめのファイルAEN564830UBに関しては, 何も情報が送られてきませんでした. 後者のファイルも欲しいのだがとメールを送りましたが, 回答がありません. フランツさんはどのようにして2つ目のファイルを入手したのでしょうか. 差し支えなければお教えください.
(一つのIDの中に複数のファイルがある場合があることを最近気がつきました.)

投稿: Sandman | 2015年2月11日 (水曜日) 21時41分

Sandmanさん、こんばんは。
ダウンロードのメールは同じ日に複数回来ましたが、最後のメールに
You did not receive all files yet, so here is the rest of the recordings
と書かれて、残りの録音のリンクが貼られていました。
私の場合、ファイルはこの複数のメールですべて入手できたので、Sandmanさんにそのファイルが知らされていないのは、店側の怠慢ですよね。

私はこの注文の後しばらくして、新しい注文をしたのですが、全く返事がなく、かといって問い合わせる英語力もないので、もう少し間隔をあけて再チャレンジしてみます。
意外と対応がしっかりしていないのではないかという気がします。

投稿: フランツ | 2015年2月13日 (金曜日) 01時44分

フランツさん
回答, ありがとうございます.
私も, フランツさんが入手したファイルを注文したのですが, 2週間以上しても何の返答もないので, メールで問い合わせをしたら, やっと連絡が来ました. 注文の履歴を見ることができない等, 色々問題がありますね.

投稿: Sandman | 2015年2月13日 (金曜日) 21時36分

Sandmanさん、こんにちは!

Sandmanさんも2週間以上返事がなかったのですね。
私は1ヶ月以上です(笑)
やはり問い合わせないことには動いてくれないのかもしれませんね。
注文の履歴が見れないのは不便ですよね。
まだ発展途上のサービスなのでしょう。

投稿: フランツ | 2015年2月14日 (土曜日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/60881256

この記事へのトラックバック一覧です: オランダのWebサイト"Beeld en Geluid"でのアーメリングの録音:

« R.シュトラウス「四つの最後の歌」 | トップページ | 2014年も大変お世話になりました »