« エリー・アーメリングの近況2014年9月~10月 | トップページ | 北村朋幹/Vol.2―室内楽(2014年10月8日 トッパンホール) »

伴奏者フーベルト・ギーゼンを動画で見る

早世した名テノール、フリッツ・ヴンダーリヒが歌曲の録音を残した時、そのピアノ伴奏をつとめたのは多くの場合、フーベルト・ギーゼン(Hubert Giesen)でした。
ジェラルド・ムーアより1歳年長のこのピアニストは往年のヴァイオリニスト、メニューヒンなどとも共演していました。
ヴンダーリヒにギーゼンを勧めたのは親友プライだったそうですが、そのギーゼンの動画を見つけたのでご紹介します。

歌っているのはヴンダーリヒではなく、ヴォルフガング・ヴィントガッセン(Wolfgang Windgassen)。
歌はシュトラウスの名曲「たそがれを通る夢(Traum durch die Dämmerung)」です。

ギーゼンの話し声も聞けて、レアな動画だと思います。
ギーゼンのタッチも確認できます。
もちろんヴィントガッセンの味わい深い歌唱も素晴らしいです。
往年の演奏家たちの実際に演奏する姿が見られるのは有難いことです。

|

« エリー・アーメリングの近況2014年9月~10月 | トップページ | 北村朋幹/Vol.2―室内楽(2014年10月8日 トッパンホール) »

テノール歌手」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/60421099

この記事へのトラックバック一覧です: 伴奏者フーベルト・ギーゼンを動画で見る:

« エリー・アーメリングの近況2014年9月~10月 | トップページ | 北村朋幹/Vol.2―室内楽(2014年10月8日 トッパンホール) »