« マイアベーアの歌曲を聴く(その2) | トップページ | ヘルマン・プライのレーヴェ「時計」 »

ジュリアス・ドレイクのインタビュー

今年の4月にテノールのイアン・ボストリッジと共に来日公演を行ったピアニスト、ジュリアス・ドレイク(Julius Drake)。
王子ホールのWebサイトでドレイクへのインタビュー記事が掲載されています。
 こちら

一般にソロピアニストへのインタビューならば頻繁に行われていますが、室内楽や歌曲を中心に演奏するピアニストがフィーチャーされることはまれです。
それでもこの王子ホールのサイトでは以前にもグレアム・ジョンソンのインタビューが掲載され、ホール関係者の歌曲愛が感じられたものでした。

ジュリアス・ドレイクは今や押しも押されもせぬ共演ピアニストとして世界中で活躍していますし、その技量は歌曲を弾かせたら絶品で失望されられることはまずありません。
そんなドレイクがどのように共演ピアニストになったのか、また最初から共演ピアニストを志していたのか否かなど、興味深い話が掲載されています。

「十代のうちにベートーヴェンのソナタをひと通り学ぶことができ」たという意外な告白もあり、興味深いです。
また「私は歌曲を専門にやっているわけではないんです」という言葉も重みがあります。
一度レッテルが貼られてしまうと、楽器奏者との共演がしたくても、歌曲のオファーばかりくるのだとか。
逆に普段レーピンなど弦楽器奏者と共演することの多いイタマル・ゴランは以前なにかの記事で「歌曲も弾きたいが楽器奏者からのオファーしかない」というようなことを言っていました。
枠を決めつけているのは案外周りだったりするのかもしれません。
ドレイクは無言歌的な趣をもった作品を集めたソロピアノの録音をリリースしていますが、そちらはいかにも歌心にあふれた名伴奏者による渋みあふれる演奏でした。
機会がありましたらぜひ聴いてみてください。

なお、4月の来日公演の模様は7月30日(水)午前6時00分~6時55分のクラシック倶楽部で放映予定とのことです。楽しみです。

|

« マイアベーアの歌曲を聴く(その2) | トップページ | ヘルマン・プライのレーヴェ「時計」 »

ジュリアス・ドレイク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/59972736

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリアス・ドレイクのインタビュー:

« マイアベーアの歌曲を聴く(その2) | トップページ | ヘルマン・プライのレーヴェ「時計」 »