« 新国立劇場/池辺晋一郎作曲 オペラ「鹿鳴館」(2014年6月21日 新国立劇場 中劇場) | トップページ | 石崎秀和&石川裕司/石崎秀和バリトンリサイタル(2014年6月29日 JTアートホール アフィニス) »

マイアベーアの歌曲を聴く

今年はドイツ生まれのユダヤ系作曲家ジャコモ・マイアベーア(Giacomo Meyerbeer: 1791-1864)の没後150年記念です。
そこで彼の歌曲をいくつか聴いてみようと思います。

まずはシューベルトが「彼らがここにいたことD775(Daß sie hier gewesen)」というタイトルで作曲したリュッケルトの詩と同じ詩による「彼女と私」を聴いてみます。

Sie und ich
 彼女と私

Daß der Ostwind Düfte
Hauchet durch die Lüfte,
Dadurch tut er kund,
Daß du hier gewesen.
 東風が香りを
 大気中に吹きつける、
 それで香りが知らせてしまうのだ、
 あなたがここにいたことを。

Daß hier Tränen rinnen,
Dadurch wirst du innen,
Wär's dir sonst nicht kund,
Daß ich hier gewesen.
 ここに涙が流れているので、
 あなたは気付くのだ、
 そうでなければ気付かなかっただろう、
 私がここにいたことを。

Schönheit oder Liebe,
Ob versteckt sie bliebe,
Düfte tun's und Tränen kund,
Daß sie hier gewesen.
 美しいもの、もしくは愛するものが
 隠れていることなどできようか。
 香りや涙が知らせてしまうのだから、
 彼らがここにいたことを。

詩:Friedrich Rückert (1788-1866)
曲:Giacomo Meyerbeer (1791-1864)

マイアベーア作曲「彼女と私」

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(BR)&カール・エンゲル(P)

いかがでしょうか。
ピアノソロと歌が交互にあらわれ、言葉を交わしているようではないでしょうか。
ピアノは女性(美しいもの)の香りの気配だったり、男性(愛するもの)の涙の形跡だったりをあらわしているかのようで、そこに少し前まで彼女あるいは彼がいたのではないかと歌声部がいぶかっているかのようです。
高音域で愛らしく演奏されるピアノの間奏・後奏は、男性あるいは女性のお相手の気配を確信できてひそかに喜んでいるかのようです。

ちなみにシューベルトが同じ詩に作曲した音楽はさらに神秘的な響きが唐突に現れ、日常と異なる世界に聴き手を一気に引き込みます。
その魔力はさすがシューベルトと言うほかない素晴らしさです。

シューベルト作曲「彼らがここにいたことD775」

アンネ・ソフィー・フォン・オッター(MS)&ベンクト・フォシュベリ(P)

-----------------

続いて「おいで(Komm!)」という歌曲です。

Komm!
 おいで

Du schönes Fischermädchen,
Treibe den Kahn ans Land:
Komm zu mir, setz dich nieder,
Wir kosen Hand in Hand.
 美しい漁師の娘さん、
 小舟を陸に付けてさ
 オレのところに来て座りなよ、
 手をとりあっていちゃいちゃしちゃおうぜ。

Leg an mein Herz dein Köpfchen
Und fürchte dich nicht zu sehr,
Vertraust du dich doch sorglos
Täglich dem wilden Meer.
 オレの胸にきみの頭をもたれかけなよ、
 怖がることなんか全然ないぜ。
 きみは毎日荒れた海にだって
 怖れずに身を委ねているじゃんか。

Mein Herz gleicht ganz dem Meere,
Hat Sturm und Ebb' und Flut,
Und manche schöne Perle
In seiner Tiefe ruht.
 オレの心は海そのものだよ、
 嵐もあれば潮の満干もある。
 それからきれいな真珠がいっぱい
 深ーいところにあるんだぜ。

Komm! Komm!
Du schönes Fischermädchen, komm, komm,
wir kosen Hand in Hand.
Komm! Komm! Komm!
 おいでよ!おいで!
 美しい漁師の娘さんよ、おいでったら、おいでよ、
 手をとりあっていちゃいちゃしちゃおうぜ。
 おいでよ、来いよ、来いったら!

詩:Heinrich Heine (1797-1856)
曲:Giacomo Meyerbeer (1791-1864)

この詩は読めばすぐにピンとくると思うのですが、ハイネの詩にシューベルトが作曲した「漁師の娘D957-10(Das Fischermädchen)」と同じテキストです。
ただ、マイアベーアは歌の最後に詩から適宜切り取って「おいで、美しい漁師の娘さんよ~」などと追加しています。
さらに別の詩人(ヨハン・バプティスト・ルソー)の詩による節まで加えて有節歌曲として歌えるようにもしているのです。
歌手によってはハイネの詩だけにとどめておく場合もあり、ここで聴いていただくハンプソンもハイネの詩のみを歌っています。
漁師の娘をナンパする軽薄っぷりはシューベルトよりも強いかもしれません。

マイアベーア作曲「おいで」

トマス・ハンプソン(BR)&ヴォルフラム・リーガー(P)

シューベルト版の「漁師の娘」は軟派な男に見えないという見方もされますが、ムーアも著書で指摘しているように"Hand(手)"の箇所の高い音程への跳躍や装飾音でシューベルトなりに軽薄さを表現していると思います。

シューベルト作曲「漁師の娘」

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(BR)[&ジェラルド・ムーア(?)(P)]

|

« 新国立劇場/池辺晋一郎作曲 オペラ「鹿鳴館」(2014年6月21日 新国立劇場 中劇場) | トップページ | 石崎秀和&石川裕司/石崎秀和バリトンリサイタル(2014年6月29日 JTアートホール アフィニス) »

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

面白かった。とても楽しませていただきました。
先ずは、マイアベーアの曲のピアノと声とのやり取りに注目されていることに、私とは聴き方のレベルが違うなあ、と感心しまくり。
それから、マイアベーアとシューベルトの曲作りの差!同じ詩で、これほど変わるか?と。
もう一度、言います。楽しみました。味わいました。

投稿: Zu-Simolin | 2014年7月 5日 (土曜日) 17時05分

Zu-Simolinさん、こんばんは。
楽しんでいただけて嬉しいです!
有難うございます。
「彼女と私」など本当にマイアベーアとシューベルトであまりにも違うので驚くほどです。
シューベルトは未来を先取りした響きを聴かせて天才ぶりを発揮していますが、マイアベーアの方は素朴なリートの伝統の中で曲を付けていますね。どちらも異なる魅力があると思います。

投稿: フランツ | 2014年7月 5日 (土曜日) 21時02分

フランツさん、こんにちは。

これもまた、珍しい曲を見つけてくださいましたね。
フランツさんのブログ、玉手箱みたいです(*^^*)
マイアベーア、初めて聞きました。
シューベルトとマイアベーア、同じ詩でもこんなに違うんですね。

何とも日本人の感性に訴えかけてくる詩ですね。
訳詩を読んで
「東風吹かば匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」を思い出しました。
こういう間接的な表現好きです。
そういう点からすると、シューべルトの曲がしっくりくるようには感じましたが、とても楽しい聴き比べでした。

「おいで」の比較も面白かったです。
確かに、比べると、マイアベーアはちょっとイタリアのノリですね(笑)
そして、シューベルトは、やはりシャイですね。
このような曲をハンプソンが録音していたことに驚きました。
フランツさんのおかげで、知らなかった曲を色々聴くことが出来、感謝しています。


投稿: 真子 | 2014年7月30日 (水曜日) 15時45分

真子さん、こんばんは。

「玉手箱」のようと喜んでいただき、嬉しく思います(^^)
普段馴染みの少ない作品をあらためてじっくり聴きこんでみると、いろいろな発見があって楽しいです。
今回はマイアベーアをフィーチャーしたはずが、シューベルトの凄さをあらためて知ることとなりました(笑)
最初の作品は一般には「美と愛がここにいたことを」という訳で知られている曲です。真子さんが引用してくださった歌は、この曲のテキストと近いものがありますね(趣のある素敵な歌ですね)。歌曲の詩人のリュッケルトは東洋学を専門にしていたので、この日本の歌をひょっとしたら独訳で知っていたのかもしれないですね。

「おいで」のマイアベーアとシューベルトの比較はおっしゃる通りですね。シューベルトの慎みは彼らしいですね。

ハンプソンとリーガーのここでの音源はライヴ録音らしいのですが、これとは別にハンプソンは故パーソンズとEMIにマイアベーア&ロッシーニ歌曲集をスタジオ録音していて、独仏語のテキストによるマイアベーア歌曲をまとめて聴くことが出来ます。

私も楽しみながら記事を書いていますが、いつも丁寧にコメントくださる真子さんには本当に感謝しています。有難うございます!

投稿: フランツ | 2014年7月31日 (木曜日) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/59891653

この記事へのトラックバック一覧です: マイアベーアの歌曲を聴く:

« 新国立劇場/池辺晋一郎作曲 オペラ「鹿鳴館」(2014年6月21日 新国立劇場 中劇場) | トップページ | 石崎秀和&石川裕司/石崎秀和バリトンリサイタル(2014年6月29日 JTアートホール アフィニス) »