« 河原忠之/リサイタル・シリーズ 2014 ~歌霊(うたたま)~第6回 フランシス・プーランクⅡ(2014年03月28日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | 佐藤卓史/シューベルトツィクルス ピアノ曲全曲演奏会 第1回(2014年4月2日 東京文化会館 小ホール) »

マルリス・ペーターゼン&イェンドリック・シュプリンガー/東京春祭 歌曲シリーズ vol.12(2014年3月29日 東京文化会館 小ホール)

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2014-
東京春祭 歌曲シリーズ vol.12マルリス・ペーターゼン(ソプラノ)

2014年3月29日(土)18:00 東京文化会館 小ホール

マルリス・ペーターゼン(Marlis Petersen)(ソプラノ)
イェンドリック・シュプリンガー(Jendrik Springer)(ピアノ)

R.シュトラウス(R.Strauss)/献呈(Zueignung) op.10-1

シューマン(Schumann)/《女の愛と生涯(Frauenliebe und -leben)》op.42
1.彼に会ってから(Seit ich ihn gesehen)
2.だれにもまさる彼(Er, der Herrlichste von allen)
3.私にはわからない、信じられない(Ich kann's nicht fassen, nicht glauben)
4.私の指につけた指環よ(Du Ring an meinem Finger)
5.姉妹よ、手をかして(Helft mir, ihr Schwestern)
6.やさしい友よ、あなたは見つめる(Süsser Freund, du blickest)
7.私の心に、私の胸に(An meinem Herzen, an meiner Brust)
8.あなたは初めての悲しみを私に与えた(Nun hast du mir den ersten Schmerz getan)

R.シュトラウス/《おとめの花(Mädchenblumen)》op.22
1.矢車菊(Kornblumen)
2.けしの花(Mohnblumen)
3.きづた(Epheu)
4.すいれん(Wasserrose)

~休憩(Intermission)~

R.シュトラウス/オフィーリアの歌(Lieder der Ophelia)(《6つの歌》op.67より)
1.どうしたらほんとうの恋人を見分けられるだろう(Wie erkenn' ich mein Treulieb)
2.おはよう、今日は聖ヴァレンタインの日(Guten Morgen, 's ist Sankt Velentinstag)
3.彼女は布もかけずに棺台にのせられ(Sie trugen ihn auf der Bahre bloss)

リーム(Rihm: 1952-)/《赤(Das Rot)》
1.真紅(Hochrot)
2.すべては音もなくうつろに(Ist alles stumm und leer)
3.少年の朝のあいさつ(Des Knaben Morgengruss)
4.少年の夜のあいさつ(Des Knaben Abendgruss)
5.クロイツァーへ(An Creuzer)
6.あなたは暗闇を好む(Liebst du das Dunkel)

R.シュトラウス/ツェチーリエ(Cäcilie) op.27-2

~アンコール~

R.シュトラウス/万霊節(Allerseelen) op.10-8
シューマン/献呈(Widmung) op.25-1
即興「さくら」

---------------

二日連続で東京文化会館の小ホールに来ることも珍しい。
しかもどちらも歌曲の夕べ。
私としてはうれしい2 daysだ。

今年は東京・春・音楽祭が10周年を迎えたとのこと。
おめでとうございます。
このシリーズは実行委員長の鈴木幸一氏が私財を投げ打って始めたと聞いた。
最初は動員も厳しかったそうだが、今はすっかり春の恒例イベントに定着した感がある。
今回は(いつも通り無料で)配布される分厚いプログラムに過去10年の全公演の記録も掲載されているので、このプログラムめあてに何か1公演聴かれるのもいいかもしれない。

今日聴くのは、ドイツ出身の今活躍中のソプラノ、マルリス・ペーターゼンの初リサイタル。
ピアノ共演はこの音楽祭ではお馴染みのイェンドリック・シュプリンガー。

今回のコンサートについて、演奏者2人の名前によるコメントがあり、テーマは「女性」とのこと。
シューマンの「女の愛と生涯」や、ハムレットによるシュトラウスの「オフィーリアの歌」は言うまでもないが、シュトラウスの歌曲集「おとめの花」は男性が女性を花にたとえた内容である。
そしてリームの「赤」という歌曲集の詩はカロリーネ・フォン・ギュンダーローデという女性の手による。
この人は、演奏者のコメントによれば「既婚の愛人、文献学者のフリードリヒ・クロイツァーが最終的に彼女のもとを去った時、26歳で自害」したとのこと。
歌曲集の5曲目の「クロイツァー」というのは愛人に向けての内容ということになる。

そのリームの歌曲集「赤」は、あまり現代音楽特有の趣は強くなく、歌の旋律などは後期ロマン派の流れといってもいいぐらいに親しみやすい。
ピアノパートもそれほど奇抜ではなく、歌唱パートに寄り添っているのは明らかだ。

ペーターゼンはカラフルな花をあしらった明るいドレスで登場した。
髪も一部をピンクに染めて、快活な現代っ子という感じ。
だが、その歌唱はリート歌唱の伝統を受け継ぐに足る充実したものだった。

声は基本リリックソプラノのようだが、芯があり、ボリュームも豊かで朗々とよく響く。
クールな美声と恵まれた容姿をもち、すでに完成されたアーティストという印象だ。
リームの歌曲集のみ楽譜を見ながらの歌唱だったが、他はもちろん暗譜。
シュトラウスの名品の数々も生き生きと躍動感にあふれて歌われ、しっとりとした趣の「おとめの花」の中の歌も魅力的な歌唱。
シューマンの「女の愛と生涯」はテキストに沿った丁寧な歌唱で、主人公になりきって歌ってはいるものの、第三者的な冷静な目も感じさせる。
そのクールな声の質感からそう感じさせられるのか。
リームの歌曲集では音の跳躍やら音程やらのおそらく難関を余裕で突破した見事な歌唱。

そして「ツェチーリエ」でドラマティックに締めくくる。
リート歌手としての知性と感性のバランスの良さを感じさせる逸材と思う。

アンコールはシュトラウスとシューマンから名作を1曲ずつ。
そして、最後は桜の美しさに触発されて短い即興を歌ってみせた(シュプリンガーのみやびやかな分散和音にのって)。

ピアノのイェンドリック・シュプリンガーはその対応能力の高さを感じさせた。
1972年ゲッティンゲン生まれというからまだ40台に入ったところ。
軽めのタッチだが、曲の特徴をよくつかんだ演奏を聴かせる。
上半身をゆっくり回転させながら演奏するのが特徴的だ。
今後の成熟が楽しみである。

演奏会前に寄った上野公園はすでに花見客でごったがえしている。
しかし、その活気もまた今の日本には必要なものだろう。
上野の森に耳と目を堪能させてもらった。

Petersen_springer_20140329_chirashi


Petersen_springer_autograph_2014032←二人のサイン(右下がペーターゼン、左上がシュプリンガー)

Tokyo_bunka_kaikan_20140329←東京文化会館がリボンで結ばれています。

Ueno_koen_20140329_1_2


Ueno_koen_20140329_2


Ueno_koen_20140329_3

|

« 河原忠之/リサイタル・シリーズ 2014 ~歌霊(うたたま)~第6回 フランシス・プーランクⅡ(2014年03月28日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | 佐藤卓史/シューベルトツィクルス ピアノ曲全曲演奏会 第1回(2014年4月2日 東京文化会館 小ホール) »

コンサート」カテゴリの記事

ソプラノ歌手」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、こんにちは。

2日続けて素敵な歌曲の夕べを体験されたんですね。
サインももらわれたようで(*^^*)

>シューマンの「女の愛と生涯」は・・・、第三者的な冷静な目も感じさせる。
とのことですが、これはもしかしたら、やや前時代的な歌詞によるところもあるのかもしれませんね。
この歌曲集は、私も昔レッスンを受けたのですが、ピアノを弾いてくれた友人が「歌詞がどうも・・」と言っていました。

男性から見て好ましい女性像を描いているという感じがしたのでしょうね。
しかし、恋のま只中にいるときは、どんなに男勝りで現代的な女性もこの詩のような気持ちになるのでとは思います。
現代っ子の年齢のマルリス・ペーターゼンが、そのあたりをどう思いながら歌ったのか、とても興味があります。

私は女心を見事に捉えた詩だと思いながら歌っていました。
1曲目、4曲目の素直な気持ち。
2曲目の、逆説的な気持ちの表し方は絶妙だと思います。
恋がみのり、結婚し、子供も生まれ、幸せの絶頂期に突然夫を失う。
8曲目の悲痛な歌が終わると、1曲目のメロディが長い後奏を奏でますが、これは残酷さを増しますね。
シューマンの狂気を感じます。

ちなみに、この曲集を初めて聞いてとても感銘を受けたのは、アメリングの歌でです(70年代のフィリップス盤です)。


リームの歌曲集は初めて知りました。
美しい写真も載せてくださって、目でも楽しみました。
急に暖かくなったから、一気に桜が開花してきましたね。

投稿: 真子 | 2014年3月31日 (月曜日) 10時36分

真子さん、こんばんは。
そうなんです(^^)
歌曲の夕べを満喫して、さらにサインまでもらってしまいました。

「女の愛と生涯」について興味深いお話を有り難うございます。真子さんは歌われたのですね!!
「女の愛と生涯」の詩についてはいろいろ言われていますよね。確かに古い女性像なのかもしれません。男性詩人に都合のよい女性像という見方も出来るかもしれません。でも、詩の主人公が彼氏に夢中になって周りが見えなくなっている時に理性的ではない言葉を発したとしても不思議ではない気もします。輝いて見える彼氏を敬う表現としてへりくだった言葉を発したのだとしたら、特に自らを卑下しようというつもりではないのかもしれません。

>恋のま只中にいるときは、どんなに男勝りで現代的な女性もこの詩のような気持ちになるのでは

私は男なので想像するしかないのですが、おっしゃること分かる気がします。シューマンの付けた曲もロマンティックですよね。

>8曲目の悲痛な歌が終わると、1曲目のメロディが長い後奏を奏でますが、これは残酷さを増しますね。
シューマンの狂気を感じます。

これは新鮮な解釈ですね。これまで気付きませんでしたが、確かにシューマンの狂気ととらえることも出来そうですね。

アーメリングがボールドウィンとPhilipsに録音した演奏、真子さんも気に入っておられたと知り、うれしいです(^.^)
一見淡白なのですが、自然な味わいがじわじわ染みてくるので私も好きです。他には白井さんやマティスも素敵です。

上野公園は美しく桜が咲いていましたので、ちょっとしたおすそわけに写真を掲載しました。喜んでいただけて良かったです!

投稿: フランツ | 2014年3月31日 (月曜日) 23時39分

フランツさん、こんにちは。

>輝いて見える彼氏を敬う表現としてへりくだった言葉を発したのだとしたら、特に自らを卑下しようというつもりではないのかもしれません。
おっしゃる通りだと思います。
女性は、好きになった相手を美化し、尊敬する傾向がありますから。
こんな素敵な人を好きになっている自分に酔っている、とも言えるかもしれません。
2曲目の詩はそのあたりを実にうまく表現していると思います。
シューマンは威勢のいいメロディをつけていますが、これは今もあるガールズトークのテンションと一緒かもしれませんね。
実際歌っていて、気持ちのいい曲でした。

シューマンの狂気というのは、初めて終曲の後奏を聞いたときにゾクっとしたのです。
恋し始めの頃の戸惑うような、手垢のついていない気持ちを表したメロディを最後にもう一度持ってくるというのは、回想しているとも言えるでしょうが、私には気が触れてしまったように思えたのです。

この歌曲集を書いている時は、シューマンはクララの父親から結婚を反対されていたそうですね。
そういうシューマン自身の気持ちも反映されているのかもしませんね。

この曲は大好きで、マリア・シュターダー、マティス(威勢がいいですね))、ポップのCDを持っていますが、やはアメリングが一番好きです(*^^*)

投稿: | 2014年4月 1日 (火曜日) 11時37分

真子さん、こんばんは。
2曲目をガールズトークにたとえて考えるとはまさに目からうろこです!真子さんの感性の豊かさに脱帽です!
終曲の狂気もそうですが、想像もしていなかった解釈を教えていただき、とても興味深いコメントに感謝しております。
「女の愛と生涯」は男性詩人の書いた詩ですが、どうやら女性の心理をよく知っていた人だったのかもしれませんね。
そしてクララとの結婚を反対されたシューマンが、より一層結婚への気持ちを強めてこの歌曲集に取り組んだということなのかもしれませんね。
アーメリングにマティス、ポップなど多くの名演に恵まれた作品ですが、珍しいところでセーナ・ユリナッチの録音も素晴らしかった記憶があります。今後も数少ない女性専用のレパートリーとして、多くの女声歌手に歌われ続けることでしょう。

投稿: フランツ | 2014年4月 2日 (水曜日) 03時15分

フランツさん、こんにちは。

前回のコメントに記名し忘れていましたね。
失礼いたしました。

ユリナッチも素晴らしいのですね。
フランツさんご推薦の盤は、いつも名演奏ですので探してみたいと思います。
ユリナッチ、懐かしいですね。

投稿: 真子 | 2014年4月 2日 (水曜日) 11時32分

真子さん、こんばんは。
ユリナッチ、今は入手しにくいかもしれませんが、もし機会があればぜひ聴いてみてくださいね。

投稿: フランツ | 2014年4月 3日 (木曜日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/59382083

この記事へのトラックバック一覧です: マルリス・ペーターゼン&イェンドリック・シュプリンガー/東京春祭 歌曲シリーズ vol.12(2014年3月29日 東京文化会館 小ホール):

« 河原忠之/リサイタル・シリーズ 2014 ~歌霊(うたたま)~第6回 フランシス・プーランクⅡ(2014年03月28日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | 佐藤卓史/シューベルトツィクルス ピアノ曲全曲演奏会 第1回(2014年4月2日 東京文化会館 小ホール) »