« シューベルト「ますD550」を聴く | トップページ | シューベルト「泉のほとりの若者D300」を聴く »

二期会/オッフェンバック「ホフマン物語」(2013年8月1日 新国立劇場 オペラパレス)

《二期会創立60周年記念公演》
東京二期会オペラ劇場
ホフマン物語(Les Contes d'Hoffmann)
オペラ全4幕
日本語字幕付き原語(フランス語)上演
台本:ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ
作曲:ジャック・オッフェンバック(Jacques Offenbach)

2013年8月1日(木)18:30 新国立劇場 オペラパレス

ホフマン:樋口達哉
ミューズ/ニクラウス:小林由佳
リンドルフ/コッペリウス/ミラクル博士/ダペルトゥット:大沼 徹
オランピア:佐藤優子
アントニア:高橋絵理
ジュリエッタ:菊地美奈
スパランツァーニ:羽山晃生
クレスペル:大塚博章
シュレーミル/ヘルマン:佐藤 望
アンドレ/フランツ:田中健晴
ルーテル:倉本晋児
ナタナエル:山本耕平
コシュニーユ/ピティキナッチョ:新津耕平
アントニアの母の声:小林紗季子

合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:ミシェル・プラッソン(Michel Plasson)

演出:粟國 淳

装置:横田あつみ
衣裳:アレッサンドロ・チャンマルーギ
照明:笠原俊幸
演出補:久恒秀典

合唱指揮:大島義彰
音楽アシスタント:佐藤正浩
副指揮:松井和彦

舞台監督:菅原多敢弘
公演監督:三林輝夫

------------------------

オッフェンバックの「ホフマン物語」二期会公演のダブルキャスト2日目を見た。
この演目を鑑賞するのははじめてだが、音楽も魅力的(「ホフマンの舟歌」が有名)、舞台もカラフルで、舞台機構をフルに活用して、オムニバス映画を見ているように楽しめた。
休憩後も前の幕の続きであることを表現した演出が良かった。
未完のオペラということで、版も複数存在するようだが、今回はシューダンス版によるとのこと。
第1幕「ルーテル酒場」、第2幕「オランピア」、第3幕「ジュリエッタ」、第4幕「アントニア」の順に演奏され、第2幕と第3幕の後に休憩が入った。

歌手陣も多数出演するが、みな素晴らしく、とりわけホフマンの樋口達哉とアントニアの高橋絵理は強く印象に残る素晴らしさだった。
樋口達哉はスター歌手のオーラがみなぎっていて、出ずっぱりの歌唱も崩れることなく、見事。
高橋絵理はまず声の押し出しが素晴らしく、非常によく響く。
そのうえ、リリカルな美声がなんとも魅力的で、繊細な表情も聞かせ今後も期待したいソプラノである。
それから悪役4役を一人で演じた大沼 徹の暗く圧迫感のある歌唱も素晴らしかった。
オランピアは機械仕掛けの人形を演じながら歌うわけで、それだけでも大変だろうが、コロラトゥーラを駆使した佐藤優子の歌唱も決まっていて素敵だった。

酒場に集まる学生を演じる男声合唱も楽しげで気持ち良い。

プラッソン指揮の東京フィルは歌に優しく寄り添っていた。

出来れば別キャストでも見てみたかった。
客席はよく埋まっていた。

ちなみに今回公式サイトで全キャストのコメント動画が見られるのが楽しかった。

|

« シューベルト「ますD550」を聴く | トップページ | シューベルト「泉のほとりの若者D300」を聴く »

オペラ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、今晩は。
楽しんでご覧になったようですね。
私もマークしてたんですが、東京を離れていたので・・・。
むかしむかし、まだ戦後と言っていい時代に、イギリス制作のオペラ/バレエ映画がいくつか日本に来たことがあり、「ホフマン物語」もそのひとつでした。音楽はオッフェンバッハの物がそのまま使われていたのでしょうが、私は中学生になったかならないかくらいで、劇中で何度も流れた「ホフマンの舟歌」のメロディーしか覚えていません。
スクリーンに映る美しいカラー画面に、スタイルのいいイギリスのバレリーナ達が踊ったり歌ったり(歌は多分オペラ歌手の吹き替えでしょうが)するさまは、夢のように綺麗で、素敵でした。
俳優の名前などは忘れましたが、リュドミラ・チェリーナという、悪役っぽい、個性的な女優の顔と、細くて長い足が印象的でした。
まだオペラを生で見るのは、一般的でなかった頃、映像で充分満足でした。
余り上演されない作品なので、今回の二期会公演、見たかったなあと思います。

投稿: Clara | 2013年8月 5日 (月曜日) 01時15分

Claraさん、こんばんは。
イギリス映画の「ホフマン物語」というのがあるのですね。バレエも取り入れたものとのことで、見てみたくなりました。リュドミラ・チェリーナという女優さんの名前、覚えておきますね。確かに幻想的な場面は映画だと効果的に表現できそうですね。DVDで出ているといいのですが。
私は今回はじめてこのオペラを見たのですが、音楽が魅力的で(ホフマンの舟歌も美しい音楽でした)、さらに登場人物も個性的で、舞台装置も立派で、心底満喫しました。
今後新国立劇場でも上演予定のようですので、そちらも見てみたいと思っています。
いつも貴重なお話を有難うございます!

投稿: フランツ | 2013年8月 5日 (月曜日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/57926759

この記事へのトラックバック一覧です: 二期会/オッフェンバック「ホフマン物語」(2013年8月1日 新国立劇場 オペラパレス):

« シューベルト「ますD550」を聴く | トップページ | シューベルト「泉のほとりの若者D300」を聴く »