« シューベルト「夜と夢D827」を聴く | トップページ | シューベルト「ますD550」を聴く »

キム・ソヌク/ピアノ・リサイタル(2013年7月19日 紀尾井ホール)

プロジェクト3×3 Vol.5-2
キム・ソヌク ピアノ・リサイタル

2013年7月19日(金)19:00 紀尾井ホール(1階6列5番)

キム・ソヌク(Sunwook Kim)(piano)

J.S.バッハ(Bach)/パルティータ第1番変ロ長調BWV825
 Preludium
 Allemande
 Courante
 Sarabande
 Menuet Ⅰ
 Menuet Ⅱ
 Gigue

ベートーヴェン(Beethoven)/ピアノ・ソナタ第21番ハ長調Op.53「ワルトシュタイン」
 Allegro con brio
 Introduzione - Adagio molto ~ Rondo - Allegretto moderato

~休憩~

ブラームス(Brahms)/ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調Op.5
 Allegro maestoso
 Andante espressivo
 Scherzo. Allegro energico
 Intermezzo (Rückblick). Andante molto
 Finale: Allegro moderato ma rubato

~アンコール~

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」op.13より第2楽章

-------------------------------

韓国のピアニスト、キム・ソヌクを再び聴いた。
この日の客席は不思議なほど閑散としていた。
おそらく同じ日に築地市場で催されたホジャイノフのリサイタルにピアノ・ファンが流れてしまったのだろう。
惜しいことだ。

キム・ソヌクは現在25歳とのこと。
しかし、年齢のわりに落ち着いた雰囲気のとおりの音楽を聴かせる。
特に冒頭のバッハ「パルティータ第1番」の美しく洗練されたタッチとリズムはそうそう聴けるものではない逸品であり、深く感銘を受けた。

続くベートーヴェン「ワルトシュタイン」で、バッハでは見せなかった強靭なタッチが顔を出す。
時にそれがコントロールを失ってきつい音になることもないではなかったが、全体的に自然な表情の好ましい演奏に感じられた。
3楽章の例のグリッサンドはオクターブで弾かず、完全に両手に分けて弾いていたが、演奏が良かったのであるからそれで構わないだろう。

後半のブラームスではさらに感情を解き放ち、重厚で輝かしい響きが聴かれる。
それはブラームスの音楽が求めているものに忠実であろうとする、ピアニストの誠実な姿勢と感じられた。

まだ若さが顔を出すのは当然のこと、それ以上に現段階での大人びた表現の落ち着きと安定感、粒のそろったタッチの美しさなどを頼もしく聴いた。

次回は他のピアノ・リサイタルとかぶらないことを祈りたい。

|

« シューベルト「夜と夢D827」を聴く | トップページ | シューベルト「ますD550」を聴く »

コンサート」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/57836918

この記事へのトラックバック一覧です: キム・ソヌク/ピアノ・リサイタル(2013年7月19日 紀尾井ホール):

« シューベルト「夜と夢D827」を聴く | トップページ | シューベルト「ますD550」を聴く »