« シューベルト「水の上で歌うD774」を聴く | トップページ | 友野玲子&白岩貢&小木曽美津子/ヴォルフ「イタリア歌曲集」(2013年7月5日 杉並公会堂 小ホール) »

チョ・ソンジン/ピアノ・リサイタル(2013年6月24日 浜離宮朝日ホール)

チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル
2013年6月24日(月)19:00 浜離宮朝日ホール(1階2列1番)

チョ・ソンジン(Seong-Jin Cho) (Piano)

シューベルト(Schubert)/ピアノ・ソナタ第13番イ長調 Op.120, D664

プロコフィエフ(Prokofiev)/ピアノ・ソナタ 第2番 ニ短調 op.14

~休憩~

ショパン(Chopin)/ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35「葬送」

ラヴェル(Ravel)/ラ・ヴァルス

~アンコール~

シューベルト/4つの即興曲集D899より 第2番 変ホ長調
リスト(Liszt)/超絶技巧練習曲より 第10番
シューマン(Schumann)/子供の情景より トロイメライ

-------------------

韓国の若手ピアニスト、チョ・ソンジンをはじめて聴いた。
1994年生まれというからまだ19歳。
おそるべき才能があらわれたものだ。

見た目は童顔の若者である。
しかし、まぁ涼しい顔してバリバリと弾くものだ。
指がよく回るだけでなく、作品への没入の仕方もすごい。
体をゆらしたり、腰を浮かしたり、全身を使って、音をつくりあげていくように見える。
フォルテが気持ち良いほどにすかっと響く。
しかも音が汚れずに華やかさを演出する。
そのテクニックは相当のものと思われる。
若さを思いっきり演奏にぶつけているさまは爽快ですらある。
そういう意味ではプロコフィエフのソナタのデモーニッシュな雰囲気や、ラヴェルでの狂気のような乱舞はうってつけであった。
だが、それだけでなく、作品の構築感という意味で良かったのがショパンのソナタ。
スケールの大きさもさることながら、作品を手中に収めていると思われる安定感が素晴らしい。
手垢にまみれた作品からこれほどの新鮮な魅力を引き出したのはすごいと思った。

一方、私の感覚ではシューベルトは今の彼からはちょっと遠い存在なのかなという印象を受けた。
フォルテでの充実とは逆に、静かな箇所では音に芯がないことがあり、のっぺりした感じに聞こえてしまうのである。
一生懸命歌おうとしているのは感じられるのだが、それがまだ自然な表情にはいたっておらず、とってつけたような感じにうけとられたのである。
おそらくこれは年齢を重ねることによって解決されると思われるので、成熟を待つことにしたいと思う。

アンコールは熱烈な拍手にこたえて3曲。
「トロイメライ」の表情の付け方がとても良かったので、シューマンは今の彼に向いているのではないか。

|

« シューベルト「水の上で歌うD774」を聴く | トップページ | 友野玲子&白岩貢&小木曽美津子/ヴォルフ「イタリア歌曲集」(2013年7月5日 杉並公会堂 小ホール) »

コンサート」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/57696292

この記事へのトラックバック一覧です: チョ・ソンジン/ピアノ・リサイタル(2013年6月24日 浜離宮朝日ホール):

« シューベルト「水の上で歌うD774」を聴く | トップページ | 友野玲子&白岩貢&小木曽美津子/ヴォルフ「イタリア歌曲集」(2013年7月5日 杉並公会堂 小ホール) »