« ラ・フォル・ジュルネ2013「パリ、至福の時」(2013年5月5日 よみうりホール) | トップページ | 岡田博美/《イベリア》全曲を弾く(2013年5月24日 トッパンホール) »

80歳のアーメリングの近況

最近マスタークラスなどの活動情報も聞こえてこなかったアーメリング(Elly Ameling)だが、今年(2013年)の7月15日-20日にカナダのToronto Summer MusicのThe Art of Song programでコーチをするということを知った。
 ソースはこちら
上記のサイトには最近のものと思われる彼女の穏やかな表情の顔写真が掲載されている(最近発売されたCD box「80 jaar」のブックレットにも掲載されている)。
生涯音楽活動をストップしない精力的な彼女の姿勢に脱帽である。
いつまでもお元気で!

|

« ラ・フォル・ジュルネ2013「パリ、至福の時」(2013年5月5日 よみうりホール) | トップページ | 岡田博美/《イベリア》全曲を弾く(2013年5月24日 トッパンホール) »

エリー・アーメリング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

とっても品のあるおばあ様になられていますね。
そして若い頃のチャーミングな面影が残っていますね。
最近、EMIから出ている「ICON」(8枚組)を買いました。
フィリップスの4真央組は持っていたのですが、より若いころのストレートな歌い口が好きでした。
若い人たちに、アメリングの歌曲の真髄が継承されていくと嬉しいです。

投稿: 真子 | 2013年5月14日 (火曜日) 09時55分

真子さん、こんばんは。
この写真のアーメリング、彼女の経てきた人生が刻み込まれているようで、胸があつくなりました。
真子さんもEMIの「ICON」買われたのですね。彼女の最盛期の名演がたっぷり収められていますので、楽しんでくださいね。
おっしゃようにアーメリングの芸術を若い歌い手たちが引き継いでいってくれるとうれしいです。

投稿: フランツ | 2013年5月15日 (水曜日) 21時04分

只の雑感
これ何んなのだと言う感じで。
知らない人ですが、何処かで見たような。
http://www.youtube.com/watch?v=6BSqC0tuQqA

これを見ようとして押し間違えたのですが。
見つけたときは1200程でしたか。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=j10M6rGKuxA&feature=fvwp
ひとりだけ黒枠のスコア カッコいいと思ってはいけないですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=t9tFMFQHsgU

春祭動画雑感

東博でバッハvol.12 郷古 廉(ヴァイオリン)
青年バッハいです。

vol.1 スペイン音楽紀行 ~松山冴花(ヴァイオリン)
とても、のびやか

金子亜未 オーボエ・リサイタル
いいですね~。

東京春祭チェンバー・オーケストラ
~トップ奏者たちによる《響宴》
堀 正文さんの繊細で美しい音は聴けませんでしたが。
漆原啓子さんどこを取ってもいい、もっと威張った(?)演奏をしても良いとも
思う。

アーメリング様
それが、最新でしたか。(ベア~・・・?)
そのお年でその体型は素晴らしいです。

投稿: tada | 2013年5月29日 (水曜日) 23時29分

tadaさん、こんばんは。
教えていただいたYouTubeの映像、ミュージカル作曲家のロイド・ウェッバーによる「ピエ・イエズス」なんですね。ソプラノ歌手は清澄な美声で、tadaさんがお好きなタイプではないでしょうか。
春祭の動画もいろいろ聴いておられますね。郷古氏のバッハは無垢な若々しさが気持ちよく感じられました。
私が実際にホールで聴いた「春の祭典」のベジャール版バレエはぜひ映像配信してほしいものです。生で接すると迫力がありました。
また、春祭の歌曲シリーズからストーティンのリサイタルが次の水曜日にBSのクラシック倶楽部で放映予定なので楽しみです。

アーメリングはすっかりおばあさまになりましたが、いい表情をしていると思います。

投稿: フランツ | 2013年6月 1日 (土曜日) 00時29分

フランツさん
Sandmanです.
実際にTRONTOで行われたMaster Classの記事をWEB上で見つけましたので, ご参考まで.
http://blog.scena.org/2013/07/elly-ameling-weaves-her-pedagogical.html
写真見ると, そして記事を読むと, とても元気で精力的に活躍しているようです.
記事の内容から, Master ClassのDVDの映像を彷彿させます.

投稿: Sandman | 2013年9月17日 (火曜日) 20時22分

Sandmanさん、こんばんは。
アーメリングのトロントでのリポートを教えてくださり、有難うございます!
写真で見る限り、まだまだお元気そうで安心しました。
今後もお元気な姿をたまに見たいものですね。

投稿: フランツ | 2013年9月18日 (水曜日) 01時49分

Sandmanさん ありがとうございます。見させて貰いました。
堅物? ばあさんになったかと思っていたら。
穏やかで柔らかな感じで素晴らしいです。
歌が聞えそうなスナップ写真が良くてかな。

”音楽に寄せて”がリクエストに上がっていましたが
私は アーメリングのこの歌からは
音楽に対する(歌に生きていく)決意の様なものを
感じられ とても 大切な歌のように思っています。
じっくりとゆっくりと待ちたいです。

と、 書いていたら出ましたね。
残念ながらアーメリングは無いですね。

投稿: tada | 2013年9月22日 (日曜日) 21時28分

tadaさん、こんにちは。
Sandmanさんへのコメントに横から失礼します。
アーメリングのマスタークラスはきっと穏やかに進んでいったのでしょうね。彼女の指導の様子を見た限りでは、声を荒げたことなどは一度もなかったと思います。
それから「音楽に寄せて」の記事にアーメリングの録音も選んでいますので聴いてみてください。

投稿: フランツ | 2013年9月23日 (月曜日) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/57360607

この記事へのトラックバック一覧です: 80歳のアーメリングの近況:

« ラ・フォル・ジュルネ2013「パリ、至福の時」(2013年5月5日 よみうりホール) | トップページ | 岡田博美/《イベリア》全曲を弾く(2013年5月24日 トッパンホール) »