« 祝80歳!!!エリー・アーメリング(Elly Ameling) | トップページ | ヴォルフガング・サヴァリッシュ、マリー=クレール・アラン逝去 »

ナタリー・シュトゥッツマン&インゲル・ゼーデルグレン/〈歌曲(リート)の森〉第5篇(2013年2月6日 トッパンホール)

〈歌曲(リート)の森〉 ~詩と音楽 Gedichte und Musik~第5篇
ナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト)

2013年2月6日(水)19:00 トッパンホール(B列4番)

ナタリー・シュトゥッツマン(Nathalie Stutzmann)(contralto)
インゲル・ゼーデルグレン(Inger Södergren)(piano)

マーラー(Mahler)/《若き日の歌》より(Lieder und Gesänge aus der Jugendzeit)
 春の朝(Frühlingsmorgen)
 思い出(Erinnerung)
 もう会えない(Nicht wiedersehen!)

マーラー/《子どもの魔法の角笛》より(Lieder aus "Des Knaben Wunderhorn")
 ラインの伝説(Rheinlegendchen)

シューマン(Schumann)/《詩人の恋(Dichterliebe)》Op.48
 うるわしい、妙なる五月に
 ぼくの涙はあふれ出て
 ばらや、百合や、鳩
 ぼくがきみの瞳を見つめると
 ぼくの心をひそめてみたい
 ラインの聖なる流れの
 ぼくは恨みはしない
 花が、小さな花がわかってくれるなら
 あれはフルートとヴァイオリンのひびきだ
 かつて愛する人のうたってくれた
 ある若ものが娘に恋をした
 まばゆく明るい夏の朝に
 ぼくは夢のなかで泣きぬれた
 夜ごとにぼくはきみを夢に見る
 むかしむかしの童話のなかから
 むかしの、いまわしい歌草を

~休憩(intermission)~

ヴォルフ(Wolf)/《メーリケ歌曲集》より(Lieder aus "Gedichte von Eduard Mörike")
 散歩(Fussreise)
 飽きることのない恋(Nimmersatte Liebe)
 出会い(Begegnung)
 捨てられた娘(Das verlassene Mägdlein)
 古画に寄せて(Auf ein altes Bild)
 隠棲(Verborgenheit)

ヴォルフ/《ゲーテ歌曲集》より(Lieder aus "Gedichte von Goethe")
 ねずみをとる男(Der Rattenfänger)

~アンコール~

マルティーニ(Martini)/愛の喜びは(Plaisir d'Amour)
メンデルスゾーン(Mendelssohn)/小姓の歌(Pagenlied)
アーン(Hahn)/クロリスに(À Chloris)

-------------

フランスのコントラルト歌手、ナタリー・シュトゥッツマンのリサイタルを久しぶりに生で聴いた。
ピアノはシュトゥッツマン長年のパートナーであるスウェーデン出身のインゲル・セーデルグレン。
数年前に同じプログラムでリサイタルが予定されていながら、シュトゥッツマンの病気で中止となっていた為、今回はその延期公演ということになろうか。

今回久しぶりに日本のホールに現れたシュトゥッツマンは、以前のような宝塚の男役スターばりの雰囲気は封印して、胸の開いたシックな黒のドレスに身を包み、髪も伸ばし、女性的な雰囲気を出していたのがまず印象的だった。
一方のセーデルグレンは失礼ながらちょっとふけたかなぁという印象。
かなり顔が痩せていて、ニコリともせず拍手にこたえる。

マーラーの歌曲4曲にシューマンの「詩人の恋」全曲という前半に対して、ヴォルフ歌曲7曲の後半というプログラミングは、若干頭でっかちな印象を受けた。
せっかくならばもう数曲ヴォルフのゲーテ歌曲でも増やして歌えばバランスがいいのになどと勝手なことを思いながら、演奏を聴く。

マーラーの第1曲を聴き始めた時、コントラルトという女声の最も低い響きにあっという間に惹きこまれた。
思い起こせば、この歌手をCDで初めて聴いた時の印象は今も忘れられない。
「詩人の恋」や「ビリティスの歌」を一体何度低く下げたのか、聴き慣れた響きや雰囲気とは全く異なる世界がそこにはあって、当初とまどい、否定的な感想を持ったことを今でも思い出すことが出来る。
だが、長年聴き続けるにつれて、彼女ほど印象ががらっと変わった演奏家は他にいない。
今はこの低音の響きに心地よく包まれている自分を感じている。
なんというユニークで素晴らしい音楽家なのだろう。
それを今回のコンサートでも終始全身で感じることが出来た。

マーラーの「春の朝」では「起きなさい(Steh' auf!)」を様々なニュアンスで表現し、
「思い出」と「もう会えない」では異なる哀しみを表現し分け、
「ラインの伝説」では素朴な物語を起伏に富んだ語り口で聴かせてくれた。

「詩人の恋」はシュトゥッツマンの主人公になりきった自在な表現が、詩人の鬱屈した心情を外に解き放っていて心に響いた。
セーデルグレンも思いのこもった演奏ぶりだが、どの曲も最後の音を伸ばし気味なのは、各曲をつなげようとしたのだろうか。
曲によっては弛緩した印象も受けてしまった。

後半のヴォルフは、シュトゥッツマンの歌で聴くのは私にとって初めてだが、これもかなり良い。
彼女の重心の低い光沢に満ちた声が、ヴォルフ歌曲の渋みとよい化学反応を起こして、とても真実味にあふれた表現となっていた。
こういう歌でヴォルフを聴けば、難しいという先入観も取っ払われるのではないだろうか。
圧巻だったのが、「ねずみをとる男」。
急速なテンポで町からねずみも女の子もみんな連れ去ってしまうという内容を臨場感豊かに歌う。
セーデルグレンもさりげなく巧さを見せた。

そのセーデルグレン(スウェーデン人なので「ゼ」ではなく「セ」だろう)のピアノ、以前聴いた時の粗雑で表面的だった印象から考えると、今回は随分味わいを増したいい音楽となっていたように感じた。
昨今ピアニストが歌ったり、唸ったりしながら弾くのは別に珍しいことではなくなったが(先日聴いたポール・ルイスでさえ唸っていた)、今回のセーデルグレンはちょっと調子はずれな鼻歌風に歌うので、シュトゥッツマンの歌と変なデュエットとなり、あまり有難くはなかった。
ゲアハーアー(ゲルハーヘル)のピアニストとして日本で演奏したゲロルト・フーバーはホラー映画ばりの低い唸り声をあげてはいたが、そこに節がついていなかったからそれほど邪魔にならなかったのだろうか。
ちなみにセーデルグレンは今回ピアノの蓋を短いスティックで少し開けていたに過ぎなかった。

アンコールではシュトゥッツマンの母国語の歌が2曲聴けたのがうれしかったが、メンデルスゾーンの「小姓の歌」といったドイツリートも選曲するあたり、相当ドイツものに入れ込んでいるのであろう。
彼女のドイツ語はネイティヴの歌手たちと遜色のないほど、よく訓練された美しい響きであり、彼女のリートを聴くということは、本物のリートを聴くということに近いのではないだろうか。

なお、このトッパンホール公演の数日前に行われたフィリアホールでの公演はNHK BSプレミアムで放映予定とのこと。
そちらも楽しみに待ちたい。

|

« 祝80歳!!!エリー・アーメリング(Elly Ameling) | トップページ | ヴォルフガング・サヴァリッシュ、マリー=クレール・アラン逝去 »

コンサート」カテゴリの記事

ナタリー・シュトゥッツマン」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。Zu-Simolin です。
実は私、CDでしか知りませんが、結構シュトゥッツマンが(B・ボニーもですが)好きなんです。といっても、聴き知っている範囲でではありますが。
 シュトゥッツマンのシューマン(クララのも含む)歌曲集では特に、♪Streib, Lieb' und Freud が気に入ってよく聴いています(今も)。短い詩の中に物語が織り込まれ、シューマンがそれを歌に変え、シュトゥッツマンがそれを歌っているのですが。
 シュトゥッツマンの、♪冬の旅 も好んで聴いています。
 因みに、どちらのCDもピアノはゼ(セ)ーデルグレンです。鼻歌はCDでは聞こえません!
 

投稿: Zu-Simolin | 2013年2月12日 (火曜日) 17時01分

Zu-Simolinさん、こんばんは。
Zu-Simolinさんもシュトゥッツマンがお好きなのですね。
シュトゥッツマンはかつてシューマン歌曲全集を録音しようとしていて、何枚かはリリースされましたが、結局途中で頓挫してしまったようです。
でも録音された曲を聞いていると、繊細で気難しいはずのシューマンの歌が聴き手をなんと心地よく包み込んでくれることかと思います。
彼女のおおらかな声の魅力がシューマンの歌曲に新たな魅力を付け加えているように感じます。

ちなみにピアニストの鼻歌ですが、録音ではおそらく削っているのではないかと思います。CDで鼻歌が聞こえる録音にはおそらく出会っていないので。

投稿: フランツ | 2013年2月13日 (水曜日) 22時08分

ナタリー・シュトゥッツマン、聞きに行かれたのですね。
彼女が若かりし頃「音楽の友」に、本当の意味でのコントラルトは、わずかしかいない。
シュトゥッツマンは本当のコントラルトだ、と書かれていた事を思い出します。

容姿もキリリとして、今で言うハンサムな女性でしたね。
プライさんが亡くなり、追悼記事も尽きた頃から音楽雑誌も買わなくなりましたので、最近はどんな歌手が活躍しているのかもさっぱりわからない状態です。

アンドレアス・シュミットやオラフベーア、トーマスハンプソンといった、当時若手だった人達もそろそろ後進の指導にあたる年齢になって来ているんでしょうね。
感慨深いです。

投稿: 真子 | 2013年2月16日 (土曜日) 11時03分

真子さん、こんにちは。
シュトゥッツマンに出会うまでコントラルト歌手というものがよく分かっていなかったので、彼女をはじめて聴いた時は衝撃的でした。目を閉じて聞けばカウンターテナーと錯覚しそうな性別を超越した声に感じられました。きっとおっしゃるように彼女こそ本当のコントラルト歌手なのでしょうね。
アンドレアス・シュミット、オーラフ・ベーア、トマス・ハンプソンといった人たちもそろそろ円熟期を迎えつつあるのでしょうが、ハンプソン以外はあまり活動を聞かなくなってしまった気がします。今こそ彼らの歌を再び聞いてみたいものですね。

投稿: フランツ | 2013年2月17日 (日曜日) 10時37分

フランツさん、こんばんは。
アンドレアス・シュミット、オーラフ・ベーアの今も聴いてみたいですね。
確かシュミットは、ディススカウさんのお弟子さんで、声もよく似ていましたよね。
本国では、ご活躍されているのでしょうかね。

ハンプソンはとても女性に人気があったようですね。
私は、ヘルマン・プライさん一筋でしたが(笑)

投稿: 真子 | 2013年2月17日 (日曜日) 22時20分

真子さん、こんばんは。
おっしゃるとおり、シュミットはディースカウの弟子でした。ディースカウ本人もシュミットのことは高く評価しました。
最近はどうしているのか気になるところです。
ハンプソンは凛々しいマスクが女性ファンを虜にしたようですね。

投稿: フランツ | 2013年2月17日 (日曜日) 23時51分

女の愛と生涯を他の歌い手で聞きたいと思った時、
その一人がシュトゥッツマンだったと思う。
女の愛と生涯も良かったのですが、詩人の恋のピアノと歌がまるでバラバラに
勝手に演奏されてるような、しかし互いにジャマにはならない見事さに
感動した覚えがあります。そして、ミルテの花全曲もこの人くらい。
希少、貴重な人とも思います。

ナタリー、ナタリー、ジャンス、ガルーとフランスばかり
ムラーさんに頑張ってもらわねば。
と、言いつつナタリーのフオーレが聴きたいと思っていたり。

投稿: tada | 2013年2月27日 (水曜日) 11時59分

tadaさん、こんにちは。
シュトゥッツマンの「女の愛と生涯」と「詩人の恋」のCD。
今は亡きカトリーヌ・コラールとの共演でしたね。
当時はその低さに驚きましたが、今では私も気に入っています。
「ミルテ」をダルベルトと共に一人で歌ったものも見事でしたね。
フォーレのCDもあったと思います。
フランス人歌手たちの層の厚さは頼もしい限りです。
来週にはBSで来日公演が放送されるので楽しみですね。

投稿: フランツ | 2013年3月 1日 (金曜日) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/56744184

この記事へのトラックバック一覧です: ナタリー・シュトゥッツマン&インゲル・ゼーデルグレン/〈歌曲(リート)の森〉第5篇(2013年2月6日 トッパンホール):

« 祝80歳!!!エリー・アーメリング(Elly Ameling) | トップページ | ヴォルフガング・サヴァリッシュ、マリー=クレール・アラン逝去 »