« 新国立劇場オペラ/プッチーニ「ラ・ボエーム」(2012年1月29日 新国立劇場 オペラパレス) | トップページ | 髙橋節子&太田直樹&平島誠也/ジョイントコンサート(2012年3月6日 大泉学園ゆめりあホール) »

ヴェルディ/ナブッコ(2012年2月17日 東京文化会館大ホール)

《二期会創立60周年記念公演》
東京二期会オペラ劇場
ヴェルディ(Verdi)/ナブッコ(Nabucodonosor)
2012年2月17日(金)18:30 東京文化会館大ホール(3階R1列37番)

ナブッコ(Nabucco):上江隼人(KAMIE, Hayato)
イズマエーレ(Ismaele):松村英行(MATSUMURA, Hideyuki)
ザッカーリア(Zaccaria):ジョン・ハオ(ZHONG, Hao)
アビガイッレ(Abigaille):板波利加(ITANAMI, Rika)
フェネーナ(Fenena):中島郁子(NAKAJIMA, Ikuko)
アンナ(Anna):江口順子(EGUCHI, Junko)
アブダッロ(Abdallo):塚田裕之(TSUKADA, Hiroyuki)
ベルの司祭長(Il Gran Sacerdote di Belo):境 信博(SAKAI, Nobuhiro)

ほか

合唱:二期会合唱団(Nikikai Chorus Group)
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(Tokyo Philharmonic Orchestra)
指揮(Conductor):アンドレア・バッティストーニ(Andrea BATTISTONI)

演出(Stage Director):ダニエレ・アバド(Daniele ABBADO)
演出補(Associate Stage Director):ボリス・ステッカ(Boris STETKA)

美術(Set and Costume Designer):ルイージ・ペレーゴ(Luigi PEREGO)
照明(Lighting Designer):ヴァレリオ・アルフィエーリ(Valerio ALFIERI)

--------------------

ヴェルディの音楽のもつ凄さをあらためて感じさせられた素晴らしい一夜だった。
前作「一日だけの王様」がよい評判を得ることが出来ずにしばらく立ち直れなかったヴェルディが、ようやく完成させた3作目がこの「ナブッコ」であり、音楽は劇性と繊細さを併せ持ち、この作曲家が早熟であったことを感じさせられる。
初期作品にしてこれほどわくわくさせられる音楽の連続!
低弦だけの伴奏箇所や管楽器主体の箇所など、オペの様々な可能性を試しているかのようなヴェルディの情熱が伝わってくる意欲作といえるだろう。
ちなみにナブッコとは歴史の教科書で馴染みのネブカドネザル王のことで、史実から話をふくらませてリブレットが書かれているようだ。

バビロニア王のナブッコとその娘アビガイッレとフェネーナ、それに対するエルサレムのザッカーリア、イズマエーレという2つの勢力の争いが軸になっている。
しかし、フェネーナはエルサレムに人質として捕らわれており、敵であるイズマエーレは以前フェネーナに助けてもらった恩を感じながら恋愛感情も抱いている。
さらにナブッコは実の娘であるフェネーナに王位継承させるつもりで、ナブッコが奴隷との間に生んだアビガイッレはそのことを快く思わず、自分が権力の座につくことを望んでいる。
この辺の複雑な人間模様をあらかじめ理解しておいたので、このオペラを楽しむことが出来たが、やはりある程度の予習はしておかないと難しいかもしれない。

イタリア・パルマ王立歌劇場との提携公演とのことで、さすがに舞台装置や衣裳はオーソドックスながら非常に美しく、真実味があり素晴らしい。
嘆きの壁を模したような背景の岩壁はどっしりとした重みを舞台に与えていた。
第3幕でアビガイッレが王座に就いている場面の空中庭園の窓から見える外を真っ赤にしたのが彼女の性格をもあらわしているかのようで印象に残った。
なお、演出のダニエレ・アバドは長時間のフライトに耐えられない体調らしく、ボリス・ステッカがその代役をつとめたとのこと。

歌手はすべて二期会員のみという上演も意義深く、みな素晴らしい歌唱を聴かせてくれた。
とりわけアビガイッレ役の板波利加、ザッカーリア役のジョン・ハオ、フェネーナ役の中島郁子は終始素晴らしく、適材適所であった。
タイトルロールの上江隼人は尻上がりに良くなり、後半はエンジンもかかり、ナブッコの心変わりと悲哀を見事に表現していた。
それにしても敵役の重要性がこのオペラでは特に強く感じられ、アビガイッレの超絶技巧は本当に凄い。
しかもかなり出番も多く、疲れを見せず役になりきった板波利加には個人的に一番の拍手を贈りたい。
権力欲のしたたかさだけでなく、奴隷の子と知った時の悲しみ、憎悪、さらにかつては女性らしい気持ちをもっていたことを歌ったりと、一人で様々な心情を表現しなければならないのはさぞかし大変だろう。そんな役を彼女は見事に表現しつくしていた。

第3幕の合唱の名曲は2回歌われたが、1回目は円形にまとまり、放射状にまわりを見渡すように配置し、2回目はゆっくり移動し、全員がまっすぐ客席を見るように歌っていた。
この合唱はアンコールされることがあるとプログラムの解説にも書かれていたが、これまで見たオペラの中で、すぐに同じ曲をアンコールするというのは私にとってはじめての体験で興味深かった。
この合唱曲は失った故郷を思うというテキストが今の日本人の心情にもだぶって感じられ、特に締めのオケの音が消えて合唱のみの弱声の響きが名残惜しげに消えていく箇所は非常に美しく、二期会合唱団は素晴らしかった。

今回は席が3階席右脇の最も舞台寄りだったので、オケピットの左半分はよく見え、指揮者もこれまでになくはっきりと見ることが出来たのが良かった。
24歳にしてすでに世界中から期待を背負った指揮者アンドレア・バッティストーニ(1987年生まれ!)は振り方がかなり大きく感じられたが、オケピットの指揮者はみなそうなのかどうか私には分からない。
しかし、その覇気に富み、細かく指示を出す指揮ぶりは、上り坂の勢いとダイナミックな迫力が感じられ、確かにカリスマ的な魅力をもった指揮者であった。
オケも完全燃焼で見事に表現しきっていた。

聴衆の熱狂も物凄く、歌手、合唱団、指揮者、オケ、スタッフに惜しみない拍手を贈っていた。
非常に耳に残りやすいヴェルディの音楽をたっぷり堪能できた。
また別の演出でも見てみたい作品である。

|

« 新国立劇場オペラ/プッチーニ「ラ・ボエーム」(2012年1月29日 新国立劇場 オペラパレス) | トップページ | 髙橋節子&太田直樹&平島誠也/ジョイントコンサート(2012年3月6日 大泉学園ゆめりあホール) »

オペラ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/54028224

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルディ/ナブッコ(2012年2月17日 東京文化会館大ホール):

« 新国立劇場オペラ/プッチーニ「ラ・ボエーム」(2012年1月29日 新国立劇場 オペラパレス) | トップページ | 髙橋節子&太田直樹&平島誠也/ジョイントコンサート(2012年3月6日 大泉学園ゆめりあホール) »