« 夏の音楽浴II 北村朋幹ピアノリサイタル(2010年8月1日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | キルヒシュラーガー&ジョンソン/ハイペリオン・ブラームス歌曲全集Vol.1 »

ヴォルフ/夏の子守歌(Wiegenlied im Sommer)

Wiegenlied im Sommer
 夏の子守歌

Vom Berg hinab gestiegen
Ist nun des Tages Rest;
Mein Kind liegt in der Wiegen,
Die Vögel all' im Nest;
Nur ein ganz klein Singvögelein
Ruft weit daher im Dämmerschein:
"Gut' Nacht! gut' Nacht!
Lieb' Kindlein, gute Nacht!"
 山から下りて行くのは
 今や昼間の名残。
 わが子はゆりかごの中。
 鳥たちはみな巣の中。
 ただ一羽のちっちゃなスズメが
 黄昏の光の中で遠くから呼んでいる。
 「おやすみ、おやすみ!
 かわいい子よ、おやすみね!」

Die Wiege geht im Gleise,
Die Uhr tickt hin und her,
Die Fliegen nur ganz leise
Sie summen noch daher.
Ihr Fliegen, laßt mein Kind in Ruh'!
Was summt ihr ihm so heimlich zu?
"Gut' Nacht! gut' Nacht!
Lieb' Kindlein, gute Nacht!"
 ゆりかごは揺れ、
 時計はチクタク音をたてて、
 ハエたちはとても静かに
 まだ羽音をたてている。
 ハエよ、わが子を休ませておくれ!
 何をそんなにこっそりと羽音をたてているのか?
 「おやすみ、おやすみ!
 かわいい子よ、おやすみね!」

Der Vogel und die Sterne,
Und alle rings umher,
Sie haben mein Kind so gerne,
Die Engel noch viel mehr.
Sie decken's mit den Flügeln zu
Und singen leise: "Schlaf in Ruh!
Gut' Nacht! gut' Nacht!
Lieb' Kindlein, gute Nacht!"
 鳥や星や
 あたり一面のあらゆるものは
 わが子のことが大好き。
 天使たちはもっと大好きで
 翼を子どもにかぶせて
 そっと歌う「安らかに眠るんだよ!
 おやすみ、おやすみ!
 かわいい子よ、おやすみね!」

詩:Robert Reinick (1805-1852)
曲:Hugo Wolf (1860-1903)

----------------------

残暑お見舞い申し上げます。
うだるような暑さの中、私もへばっておりますが、清涼感あふれる歌曲でしばし癒されてみてはいかがでしょう。

ヴォルフ作曲「女声のための六つの歌(Sechs Lieder für eine Frauenstimme)」の第4曲「夏の子守歌」は、ヴォルフ初期の優しい視線が感じられる音楽です。
詩はローベルト・ライニクによります。

Elisabeth Schwarzkopf & Gerald Moore
シュヴァルツコプフの気品あふれる歌とムーアの温かいタッチが美しいです。

Esther Ofarim
ポピュラー系の歌手でしょうか。抑えたハスキーヴォイスが新鮮な魅力を感じさせてくれます。

この曲をはじめて聴いたのは、アーメリングがボールドウィンと録音した「ドイツロマン派歌曲集」のLP(PHILIPS)でした。
そろそろCD化されないものでしょうか。

|

« 夏の音楽浴II 北村朋幹ピアノリサイタル(2010年8月1日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | キルヒシュラーガー&ジョンソン/ハイペリオン・ブラームス歌曲全集Vol.1 »

ヴォルフ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/49209913

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルフ/夏の子守歌(Wiegenlied im Sommer):

« 夏の音楽浴II 北村朋幹ピアノリサイタル(2010年8月1日 東京文化会館 小ホール) | トップページ | キルヒシュラーガー&ジョンソン/ハイペリオン・ブラームス歌曲全集Vol.1 »