« 北村さおり&平島誠也/リサイタル(2010年6月5日 王子ホール) | トップページ | 「小山実稚恵の世界」第9回~感動のソナタ~(2010年6月12日 Bunkamura オーチャードホール) »

ヴォルフ/こうのとりの使い(Storchenbotschaft)

Storchenbotschaft
 こうのとりの使い

Des Schäfers sein Haus und das steht auf zwei Rad,
Steht hoch auf der Heiden, so frühe, wie spat;
Und wenn nur ein mancher so'n Nachtquartier hätt'!
Ein Schäfer tauscht nicht mit dem König sein Bett.
 羊飼いの家は2つの車輪の上、
 朝も夜も荒地の高みにある。
 多くの人がそんな宿があったらなぁ!と憧れる。
 羊飼いは王様とさえ自分の寝床を交換しないだろう。

Und käm' ihm zur Nacht auch was Seltsames vor,
Er betet sein Sprüchel und legt sich aufs Ohr;
Ein Geistlein, ein Hexlein, so luftige Wicht',
Sie klopfen ihm wohl, doch er antwortet nicht.
 夜に何か不思議なことが起こっても
 彼はおまじないを唱えて横になってしまう。
 幽霊やら魔女やら風の妖精やらが
 音を立てても、彼は返事などしない。

Einmal doch, da ward es ihm wirklich zu bunt:
Es knopert am Laden, es winselt der Hund;
Nun ziehet mein Schäfer den Riegel - ei schau!
Da stehen zwei Störche, der Mann und die Frau.
 だが以前に、本当にあまりにも騒がしいことがあった、
 よろい戸はがりがり音を立て、犬はクンクン泣く。
 そこで羊飼いがかんぬきをあけると-おや、ごらんよ!
 そこには二羽のこうのとりが番(つがい)で立っている。

Das Pärchen, es machet ein schön Kompliment,
Es möchte gern reden, ach, wenn es nur könnt'!
Was will mir das Ziefer? ist so was erhört?
Doch ist mir wohl fröhliche Botschaft beschert.
 そのカップルは、きちんとおじぎをする、
 何か言いたそうだ、ああ、彼らが話せたらなぁ!
 飼い鳥さんたちがわしに何の用だい?何か聞いて欲しいのか?
 だがどうやらうれしい知らせをもってきたようだぞ。

Ihr seid wohl dahinten zu Hause am Rhein?
Ihr habt wohl mein Mädel gebissen ins Bein?
Nun weinet das Kind und die Mutter noch mehr,
Sie wünschet den Herzallerliebsten sich her?
 君たちはライン下流の家にいたのかい?
 わしの愛する人の足をつついて彼女に子供が産まれたというのか?
 それでその子供が泣いて、母親はもっと泣き、
 愛する人に戻ってきてほしいというんだね?

Und wünschet daneben die Taufe bestellt:
Ein Lämmlein, ein Würstlein, ein Beutelein Geld?
So sagt nur, ich käm' in zwei Tag' oder drei,
Und grüßt mir mein Bübel und rührt ihm den Brei!
 それに加えて洗礼をするのに、
 子羊に、ソーセージに、袋いっぱいのお金が要るんだね?
 それならこう伝えておくれ、わしは二、三週間後には戻るから、
 赤ん坊によろしく言って、おかゆをかきまぜてやっておくれ!

Doch halt! warum stellt ihr zu zweien euch ein?
Es werden doch, hoff' ich, nicht Zwillinge sein? -
Da klappern die Störche im lustigsten Ton,
Sie nicken und knicksen und fliegen davon.
 だが待てよ!なぜ君たちは二羽で来たんだ?
 それって、まさか、双子ってことじゃないのか?
 するとこうのとりたちは陽気な音をたてて羽ばたきし、
 うなずき、おじぎをして、飛んで行った。

詩:Eduard Mörike (1804-1875)
曲:Hugo Wolf (1860-1903)

-----------------

歌曲集「メーリケの詩」第48番目。
1888年3月27日作曲。

この歌曲をはじめて聴いたのは、まだFMラジオから必死にエアチェックしていた高校生の頃だったろうか。
シュヴァルツコプフがパーソンズとDECCAに録音した「わが友に」という最後の録音がFMから流れてきたのである。
その時の印象は歌はなんだか語るような部分が多くてよく分からないが、ピアノ後奏は派手で格好いいなぁというものだった。
その後、F=ディースカウの録音を聴いたり、実演でも接したりしていくうちに私の最もお気に入りのヴォルフ歌曲の1つとなった。
少なくとも詩を語るイントネーションの再現、半音階進行といったヴォルフらしさが最も発揮された曲の1つであることは間違いないだろう。

「こうのとりが赤ちゃんを運んできた」というようなことを日本でも言うが、こうのとりと赤ちゃんを結びつける発想は世界にどれぐらいあるのだろう。

Gemächlich(ゆったりと)
8分の12拍子
ト短調
全43小節
歌声部の最高音:2点変ロ音
歌声部の最低音:1点ハ音

Anneliese Rothenberger(S) Günther Weissenborn(P)
先日亡くなったローテンベルガーによる歌唱。
さすがにオペラで鳴らしただけの語りのうまさが見事。
ヴァイセンボルンのピアノも完璧。

Dietrich Fischer-Dieskau(baritone) Hartmut Höll(piano)
4:30~「こうのとりの使い」
Baden-Badenでのライヴ映像が楽しめる。

|

« 北村さおり&平島誠也/リサイタル(2010年6月5日 王子ホール) | トップページ | 「小山実稚恵の世界」第9回~感動のソナタ~(2010年6月12日 Bunkamura オーチャードホール) »

ヴォルフ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/48608060

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルフ/こうのとりの使い(Storchenbotschaft):

« 北村さおり&平島誠也/リサイタル(2010年6月5日 王子ホール) | トップページ | 「小山実稚恵の世界」第9回~感動のソナタ~(2010年6月12日 Bunkamura オーチャードホール) »