« ハイドン/人魚の歌 | トップページ | ハイドン/回想 »

内藤明美&平島誠也/シューベルト「冬の旅」(2009年1月30日 日暮里サニーホールコンサートサロン)

独演コンサートシリーズ シューベルト三大歌曲集
Naitoh_hirashima_2009012009年1月30日(金)19:00 日暮里サニーホールコンサートサロン(全席自由)

内藤明美(Naitou Akemi)(MS)
平島誠也(Hirashima Seiya)(P)

シューベルト/「冬の旅(Winterreise)」D911

1.おやすみ(Gute Nacht)
2.風見の旗(Die Wetterfahne)
3.凍れる涙(Gefrorne Tränen)
4.かじかみ(Erstarrung)
5.菩提樹(Der Lindenbaum)
6.あふるる涙(Wasserflut)
7.川の上で(Auf dem Flusse)
8.かえりみ(Rückblick)
9.鬼火(Irrlicht)
10.休息(Rast)
11.春の夢(Frühlingstraum)
12.孤独(Einsamkeit)
13.郵便馬車(Die Post)
14.霜おく頭(Der greise Kopf)
15.からす(Die Krähe)
16.最後の希望(Letzte Hoffnung)
17.村にて(Im Dorfe)
18.あらしの朝(Der stürmische Morgen)
19.幻(Täuschung)
20.道しるべ(Der Wegweiser)
21.宿屋(Das Wirtshaus)
22.勇気(Mut)
23.幻の太陽(Die Nebensonnen)
24.辻音楽師(Der Leiermann)

-------------------------

シューベルトの誕生日を翌日にひかえた1月30日、日暮里サニーホールコンサートサロンで、メゾソプラノの内藤明美とピアニスト平島誠也による「冬の旅」を聴いた。
この長崎県出身コンビの実演を聴くのは2007年のシェックのコンサート以来2度目となる。
そして、女声の歌う「冬の旅」を生で聴くのも白井光子に続いて2度目である。

今年に入って、フローリアン・プライ&読響、淡野太郎&武久源造と「冬の旅」ばかり聴いているが、この歌曲集ほど演奏者にとっても聴き手にとってもチャレンジを投げかける作品はそう多くないのではないだろうか。
ぎりぎりの精神状態を歌い、弾き、そして聴くのだから、いい演奏であればあるほど、終わった後にぐったり疲れる。
そういう意味で、今回の内藤&平島の演奏は緊張感の途切れることのないもので、「辻音楽師」が終わってようやく呪縛から解き放たれた気分だった。
ドレスに黒いジャケットをまとって舞台に登場した瞬間から内藤は言い知れぬ緊張感をみなぎらせていたが、それはすでに「冬の旅」の世界に入り込んでの登場と映った。
「壮絶」という言葉で形容したらよいだろうか、内容が「冬の旅」ということもあってか、内藤の歌は感情の起伏を前面に押し出したものだった。
ドイツ語の発音の美しさや、音程の完璧さといったレベルをとうに超えた実力を備えていることは前回のシェックのコンサートで了解済みだったが、安定した実力に安住せず、全力でこの大きな歌曲集にぶつかっていこうとする姿はやはり壮絶という以外の言葉が見当たらない。
自らぎりぎりの状況に追い込んでの歌唱といったらいいだろうか。
そのため、1曲1曲の密度が濃く、ある曲が終わると次の曲が始まるまでの間にかろうじて息をつけるという状況である。
息苦しいほどの緊迫感は、この歌曲集が失恋した男の旅というだけでない、普遍的な心の旅でもあることを思い出させる。
素晴らしい解説を執筆された山崎裕視氏はクリスタ・ルートヴィヒの言葉を引用している。

“冬の旅”の歌い手は男性であろうと女性であろうと、音楽や詩を、さらには人間的な情動をはるかに超えた状態にまで自己と聴衆を置かねばならない。
それは私たちを、意識するかしないかに関わらず、もはや戻ることのできぬ目標に向かって一歩ずつ近づける連れ立ちの旅なのである。

ルートヴィヒの「冬の旅」はあたかも母親目線のような第三者的な優しい包容力を感じさせるものだった。
しかし、内藤の「冬の旅」はあくまで自身の中に主人公を置いた歌であった。
男声歌手が歌うとさりげなく響く"Fremd bin ich eingezogen"も、内藤が歌うと激しい慟哭の歌となる。
女声であることを生かしたアプローチといえないだろうか。
「うまい」「深い」といった次元を超えた、言葉を失うような「冬の旅」の絶唱であった。

平島誠也のピアノは持ち前の美しく清冽な音色を生かしつつも、シューベルトの音楽そのものに語らせようという姿勢を貫く。
一見なにげない表現の中に磨きぬかれた響きの彫琢がある。
「辻音楽師」の最後の1ふし「私の歌にあなたのライアーを合わせてくれないか」で歌と共に盛り上がったあと、一瞬の間を置き、再び何事もなかったかのようにライアーの淡白な響きに戻すという解釈はこれまでのどのピアニストからも聴かれなかった新しい響きではっとさせられた。

さきほど触れた山崎氏の解説では、氏の師匠であった柳兼子との貴重な思い出と共に、彼女自身が「冬の旅」を歌っていたこと、さらに「お蝶夫人」で一世を風靡した三浦環までもがその晩年に自身の日本語訳で「冬の旅」や「水車屋」を歌っていたという貴重な情報を交えて、読み応えのある「女性歌手の“冬の旅”」論を執筆されている。

|

« ハイドン/人魚の歌 | トップページ | ハイドン/回想 »

コンサート」カテゴリの記事

シューベルト」カテゴリの記事

内藤明美」カテゴリの記事

平島誠也」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

壮絶なんですか。。
聞いてないので何とも言えないですが、やっぱりある程度美しさに配慮してあるほうが好きです。
声が出なくても内容が伝わってくるとか、そういうなぞなぞみたいな演奏会も行きたくないですね。

投稿: Auty | 2009年1月31日 (土曜日) 09時59分

Autyさん、おはようございます。
内藤さんの歌は壮絶とはいってもその声の美しさはあらためて言うまでもなく素晴らしかったので、あえて書きませんでした。声の配慮のうえの内容の濃さということです。
私はリートは声だけではないと思っているので、声が出なくても内容が伝わってくるという演奏は感動することも多いです。
逆に声だけに頼った歌は苦手です。

投稿: フランツ | 2009年1月31日 (土曜日) 10時47分

フランツさん、シューベルト生誕212年おめでとうございます。その前夜に、素敵なおふたりによる『冬の旅』リサイタルでお会いできて、たいへん嬉しく思います。記念すべき演奏会となりましたね。
 内藤さんと平島さんの演奏会に伺ったのは、昨年11月のシューベルト歌曲リサイタルに続き2度目ですが、どちらも品格、知性、大人らしさを感じさせる魅力を備えていると思いました。特に夕べの『冬の旅』は、より歌い込まれ、曲に対する誠実さ、真摯な態度、深い感情移入が感じられました。甲斐さんとも感想を交換しましたが、内藤さんの歌唱が女性であることを意識させなかったっことと、平島さんのピアノがとても綺麗だったことがほとんど同じ意見でした。平島さんのピアノから、「おやすみ」、「孤独」、「辻音楽師」という、最初、前半最後、終曲において、左手のいわゆる空虚5度がツィクルスの構造を形成し、その5度が、「道標」など他の作品においても重要な役割を果たしていることを感じ取ることができました。おふたりの演奏には、性別や国境を越えた広さと、普遍的な人間の悲しみという深さがあり、感動を新たにしています。
 夕べから風雨が強く、シューベルトの誕生日は「嵐の朝」でした。これからもシューベルトをこよなく愛していきましょう。

投稿: 渡辺美奈子 | 2009年1月31日 (土曜日) 11時27分

フランツさん、お早うございます。
このコンサートは、私も、ずいぶん前にチケットを買ってあり、昨日は、大雨でしたけど、愉しみに出かけました。
100席というシンプルな会場で、奏でられた演奏。
女性の「冬の旅」を直に聴くのは初めてでしたが(昨年5月の白井光子を別として)、充実したコンサートだったと思います。
休憩無しの1時間半くらい、歌手の緊張感や、その世界に没頭する姿勢が伝わってきて、じっと目を閉じると、吸い込まれそうな気持ちになりながら、声と言葉(ドイツ語の詳細は分かりませんので、記憶している日本語歌詞を時々思い浮かべながらですが)の醸し出す世界に浸りましたが、とても素晴らしかったと思います。
出だしの歌は、一瞬男声かと思うような力のこもったもので、前回聴いたオトマール・シェックの歌唱とは、大分イメージが違いましたが、多様な表現力を持った人なのだと思いました。

様々の「冬の旅」。
昨夜は、平島さんのピアノも、良かったですし、演奏家にとっては、挑戦し甲斐のある、それだけに困難な道を達成されたのだと、お二人に拍手したいと思います。
良いレポート、有り難うございました。
私の聞き及ばなかった点も、お陰様で、よく分かりましたし、気づかせていただきました。感謝します。

投稿: Clara | 2009年1月31日 (土曜日) 11時37分

渡辺さん、こんにちは。
昨夜はお目にかかれて光栄でした。
シューベルトの誕生日はおっしゃるように「嵐の朝」となってしまいましたね。
しかし昨夜のコンサートの素晴らしさの余韻はまだ冷めることがありません。
ご感想を興味深く拝見しましたが、中でも空虚5度のご指摘、なるほどと思いました。「おやすみ」の第3節のピアノパートをノンレガートで弾く平島さんの演奏が今も印象に残っています。
内藤さんの歌唱に関しても特に「深い感情移入」というご指摘、全く同感です。
「冬の旅」もまだまだ尽きることのない演奏の可能性があることを痛感した素敵なコンサートだったと思います。

投稿: フランツ | 2009年1月31日 (土曜日) 13時07分

Claraさん、こんにちは。
演奏を楽しまれた感動がひしひしと伝わってくるコメントを有難うございました。
確かにシェックの時の内藤さんと随分異なった印象を私も受けました。もちろんどちらも充実した歌唱という点では共通しているのですが、その表情の厳しさという点で今回ははじめから手に汗にぎるものでした。
曲に対する対応力の豊かさを備えておられる方なのだと思いました。
平島さんの演奏も作品に真正面から対峙しながらも美しさを失わない演奏でそのバランス感覚が素晴らしかったと思います。
今後のお2人の演奏にも注目していきたいと思いました。
「吸い込まれそうな」演奏にこれからも出会っていきたいですね。

投稿: フランツ | 2009年1月31日 (土曜日) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/43909096

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤明美&平島誠也/シューベルト「冬の旅」(2009年1月30日 日暮里サニーホールコンサートサロン):

« ハイドン/人魚の歌 | トップページ | ハイドン/回想 »