« エリー・アーメリングのクリスマス・ソング集 | トップページ | ボストリッジ&ドレイク/マーラー&ベルリオーズ歌曲集(2008年11月26日(水) 東京オペラシティコンサートホール) »

ボストリッジ&ドレイク/シューマン&ブラームス歌曲集(2008年11月24日 トッパンホール)

〈歌曲(リート)の森〉~詩と音楽 Gedichte und Musik~ 第2篇
イアン・ボストリッジ

2008年11月24日(月)17:00 トッパンホール(D列6番)

イアン・ボストリッジ(Ian Bostridge)(T)
ジュリアス・ドレイク(Julius Drake)(P)

詩:ハインリヒ・ハイネ(Heinrich Heine: 1-17)+プラーテン&ダウマー(Platen & Daumer: 18-26)

シューマン(Schumann)作曲

1.きみの顔(Dein Angesicht) Op.127-2
2.きみの頬を寄せたまえ(Lehn deine Wang) Op.142-2
3.ぼくの愛はかがやき渡る(Es leuchtet meine Liebe) Op.127-3
4.ぼくの馬車はゆっくりと行く(Mein Wagen rollet langsam) Op.142-4

歌曲集《リーダークライス(Liederkreis)》 Op.24
5.第1曲 朝、目が覚めるとまず思う(Morgens steh' ich auf und frage)
6.第2曲 なんだってそんなにうろうろ、そわそわするんだ!(Es treibt mich hin)
7.第3曲 ぼくは樹々の下をさまよう(Ich wandelte unter den Bäumen)
8.第4曲 恋人ちゃん、ぼくの胸にお手々を当ててごらん(Lieb' Liebchen, leg's Händchen)
9.第5曲 ぼくの苦悩の美しいゆりかご(Schöne Wiege meiner Leiden)
10.第6曲 おーい、待ってくれ、舟乗りさんよ(Warte, warte, wilder Schiffsmann)
11.第7曲 山々や城が見おろしている(Berg' und Burgen schaun herunter)
12.第8曲 はじめはほんとうに生きる気をなくして(Anfangs wollt' ich fast verzagen)
13.第9曲 愛らしく、やさしいばらやミルテで(Mit Myrten und Rosen, lieblich und hold)

~休憩~

ブラームス(Brahms)作曲

14.夏の夕べ(Sommerabend) Op.85-1
15.月の光(Mondenschein) Op.85-2
16.海をゆく(Meerfahrt) Op.96-4
17.死、それは冷たい夜(Der Tod, das ist die kühle Nacht) Op.96-1

歌曲集《プラーテンとダウマーの詩による9つのリートと歌(Lieder und Gesänge)》 Op.32
18.第1曲 私は夜中に不意にとび起き(Wie rafft' ich mich auf in der Nacht)(プラーテン詩)
19.第2曲 もう二度とあなたのもとへ行くまいと(Nicht mehr zu dir zu gehen)(ダウマー詩)
20.第3曲 わたしはそっと歩きまわる(Ich schleich' umher betrübt und stumm)(プラーテン詩)
21.第4曲 わたしのそばでざわめいていた流れは今はどこ(Der Strom, der neben mir verrauschte)(プラーテン詩)
22.第5曲 いまいましい、おまえはぼくをまた(Wehe, so willst du mich wieder)(プラーテン詩)
23.第6曲 わたしは思いちがいしているときみは言う(Du spricht, daß ich mich täuschte)(プラーテン詩)
24.第7曲 あなたはきびしいことを言おうとしている(Bitteres mir zu sagen)(ダウマー詩)
25.第8曲 わたしと愛しいあなたは立っている(So steh'n wir)(ダウマー詩)
26.第9曲 わたしの女王さま(Wie bist du, meine Königin)(ダウマー詩)

~アンコール~

すべてブラームス作曲

27.恋人のもとへ向かって(Der Gang zum Liebchen) Op.48-1(ボヘミアの詩のヴェンツィヒ訳)
28.教会の墓地にて(Auf dem Kirchhofe) Op.105-4(リーリエンクローン詩)
29.私は夢を見た(Ich träumte mir) Op.57-3(スペインの詩のダウマー訳)

-------------------------------------------

祝日の月曜日の夕方、雨の降りしきる中、飯田橋まで出かけてきた。
トッパンホールでの〈歌曲(リート)の森〉~詩と音楽 Gedichte und Musik~シリーズ、10月9日のパドモア&クーパーの「冬の旅」に続き、第2篇にあたるこの日はボストリッジ&ドレイクによるシューマン&ブラームス歌曲集が演奏された。
今回はシューマンの全曲とブラームスの最初の4曲がハインリヒ・ハイネの詩によるもの、そしてブラームスの後半はプラーテンとダウマーによるOp. 32の9曲がまとめて演奏された。
実はブラームスのOp.32は大好きな歌曲集なので、こうして初めて実演でまとめて聴けるというので、楽しみにしていた。
最近の不況の中、小さなホールとはいえ全席完売というのは根強い人気の高さを物語っているように思う。
席がすべて埋まっている中で聴くのは久しぶりだ。

ボストリッジは依然美しい高音は健在で、その独自の声の魅力は全盛期の輝きを放っていた。
低音もかなり充実してきたようで、これまでにない重心のしっかりした響きになっていた印象を受けた。
相変わらず細長い体で舞台上をよく歩き回り、足を交差させたり、後奏ではピアノの方に体を向けるなど、以前聴いた時と基本的には変わらない自由さだった。

彼らは前半のシューマンのすべての曲を間隔を空けずに一つの流れで演奏していた(「ぼくの馬車は」と「リーダークライス」1曲目の間さえ続けて演奏された)。
彼らにとってはハイネの詩の流れを停滞せずに一気に伝えようという意図だったのだろう。
緊張感が途切れることもなく、ハイネの世界にひたることが出来てよかったと思うし、そのような意図を汲み取って聴いていた聴衆も素晴らしかったと思う。

ボストリッジの繊細で神経質な歌い方はシューマンの歌ととても相性がいいように感じる。
この日の最初は、もともと歌曲集「詩人の恋」に含まれるはずだったが、結局そうならなかった4曲(つまりシューマン「歌の年」に作られた作品)で始まったが、ハイネの毒はボストリッジの表情の中に確かに表現されていた。
特に「きみの顔」の一見穏やかな表情から間髪を入れずに激しく歌われる「きみの頬を寄せたまえ」で、恋するあまりに死を予感する心情が一つの流れを形成していた。

ハイネの詩による歌曲集「リーダークライス」は歌の年の中でも比較的早く作曲され、ハイネの詩と懸命に向き合っているシューマンのういういしい若さがかえってすがすがしく感じられる。
「青春」というともう古臭い言葉かもしれないが、まさにこの歌曲集はシューマンの「青春」のうぶな心情を綴ったモノローグになっていると思う。
それはハイネの毒すら、シューマンのナイーヴさで包み込んでしまったかのようだ。
そうしたういういしく繊細な作品にボストリッジの声質と語るような歌は絶妙のはまり具合であった。
ドレイクもそうしたボストリッジの歌と真っ向から対峙した演奏を聴かせていた。

ボストリッジはまだブラームス歌曲集の録音を出していない。
ブラームスの太く流れる旋律線は、ボストリッジの自在で繊細な歌の語りかけと一見相容れないような印象をもっていた。
だが、実際聴いてみると、彼の歌うブラームスはまた新たな可能性を感じさせるものだった。
ブラームスの旋律を彼なりにかなり意識して歌っていたように感じたし、様式の違いはしっかり現れていたように思う。
しかし、ボストリッジのこと、従来のブラームス歌唱の伝統と比べると、やはり自在に語る。
弱声と強声をかなり大きな幅で使い分け、語りへの比重が高まったことで、ブラームス特有の重厚さはより軽さを増していた。
時々ノンビブラートの音を混ぜていたが、それが成功しているように感じる箇所と、必然性を感じない箇所とに分かれた印象を受けた。

ドレイクは先日のボールドウィンよりは長い棒で蓋を開けていたが、全開ではなかった。
相変わらずまろやかでよく磨かれた音は健在だった。
しかし、この日のドレイク、かなり雄弁な熱演で、前奏や間奏部分はもちろんのこと、ボストリッジとのアンサンブルでもかなり互角に対峙した演奏を聴かせていた。
時に勢い余って音を外したりすることも。
しかし長いコンビでも惰性に陥ることなく、積極的な関係を築いているのが感じられて素晴らしかったと思う。
シューマンではかなりロマンティックな要素を加えつつも停滞感は全くなく、常に推進力が感じられたのが良かった。
ブラームスでは「いまいましい、おまえはぼくをまた」のドラマティックで細かい連打を全身で雄弁に表現していたのが印象的だった。

二人ともシューマンでは何の戸惑いもなく自在に表現していたが、ブラームスでは若干手探りのような印象を受けた箇所があったのは気のせいだろうか。
しかし、ブラームス「わたしは思いちがいしているときみは言う」は後半のベストだったと感じた。
「私の女王さま」の各節最後の"wonnevoll"を歌うボストリッジの旋律は私が聴きなれたものと違う音を歌っていたように思うが、そのようなバージョンがあるのかもしれない。

アンコールはオール・ブラームス3曲。
比較的知られている「恋人のもとへ向かって」はショパンのワルツ風のピアノパートがなんとも美しい。
こうして実演で聴けて得した気分である。
「教会の墓地にて」ではドレイクが堂々たるアルペッジョを響かせる。
そうした中、ボストリッジは曲のもつ表情の幅の広さを存分に表現していた。

シューマンはもちろんだが、ブラームスのめったに演奏されない名曲がまとめて彼らの演奏で聴くことが出来たという喜びは何物にもかえがたい素晴らしい体験だった。
水曜日の初台公演、チケットはとっていないが、なんだか気になってきた。

Bostridge_drake_200811 ←24日公演のちらし

-------------------

(2009年1月24日追記)

たまたま見つけたのですが、ボストリッジとドレイクが似たプログラム(「リーダークライス」の代わりに「詩人の恋」)を演奏した録音を以下のサイトで聴くことが出来ます(オランダのRadio4)。
最初の2~3分はニュースとCMで、その後に番組が始まります。
http://player.omroep.nl/?aflID=8268570

ブラームス/歌曲集《プラーテンとダウマーの詩による9つのリートと歌》 Op.32

ブラームス/夏の夕べOp.85-1
ブラームス/月の光Op.85-2
ブラームス/海をゆくOp.96-4
ブラームス/死、それは冷たい夜Op.96-1

シューマン/歌曲集《詩人の恋》 Op.48

(2008年5月25日シュヴェッツィンゲン音楽祭)

|

« エリー・アーメリングのクリスマス・ソング集 | トップページ | ボストリッジ&ドレイク/マーラー&ベルリオーズ歌曲集(2008年11月26日(水) 東京オペラシティコンサートホール) »

イアン・ボストリッジ」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

シューマン」カテゴリの記事

ジュリアス・ドレイク」カテゴリの記事

ブラームス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさん、お早うございます。
イアン・ボストリッジ、とてもいい演奏だったようですね。
私はこの日のチケットが取れず、サントリーホールで昼間、バッハのレクチャーコンサートを聴きに行きました。
終わると雨が降り始めて、うっかり傘を持たなかったため、バス停から家までの数分、雨に当たりながら帰りました。
ボストリッジのコンサート、会場が一杯だったというのは、歌手、ピアノ、プログラム含めて、人気が高いという事が判ります。
私は、オペラシティで、フランツさんが気になるところの、ボストリッジの「マーラー」を、今夜聴きに行くのですが、大変楽しみです。

投稿: Clara | 2008年11月26日 (水曜日) 07時23分

Claraさん、こんばんは。
ご返事が遅くなり申し訳ありません。
ボストリッジのコンサートを楽しんでこられたことと思います。
実は・・・私も我慢できずに初台に行ってきてしまいました(当日券がありそうだったので)。
Claraさんと同じコンサートを楽しんできたことになりますね。3階左の遠い遠い席だったのですが、トッパンホールが前から4番目という近さだったので、遠近両方で彼らの芸術を楽しめて、いい時間を過ごせました。
バッハのレクチャーコンサート、面白そうですね。Claraさんの知的好奇心の旺盛さを見習いたいです。
今日のコンサート、Claraさんのご感想を楽しみにしております。

投稿: フランツ | 2008年11月26日 (水曜日) 22時17分

フランツさん、やはりいらしてたんですか。
何となくそんな気がして、休憩時間にそれとなく、探したりしました。
私は今回奮発して、S席を取ったので、前から9列目の中央寄り。
聴きやすい良い席でした。
でも、空席がいくらか有りましたね。
トッパンホールは満員だったというので、マーラーはちょっと馴染みが薄いんでしょうか。
終わってから、サインを貰う人の列がありましたが、私はプログラムも、CDも買わなかったので、アンコール曲名が貼り出されるのを待って、帰りました。
帰りのロビーでバッタリ学生時代の友人に会いましたが、例のヘルマン・プライ初来日の時、一緒に聴いた人です。
24日も聴きたかったけど、トッパンホールだから敬遠したとの事。
ホールそのものはいいのに、場所と、道が分かりにくいので(私も2回行って、迷いました)、女性には人気がないようです。
彼女も、何となく来ているような気がしてましたが、今日は、予感が二つ当たりましたね。

投稿: Clara | 2008年11月26日 (水曜日) 22時41分

Claraさん、いい席にいらしたのですね。
私も休憩時間に3階から1階席をのぞきこんで、Claraさんを探してみましたが、残念ながら分かりませんでした。
プライ初来日の時のご友人とばったり会われたそうですね。思いがけない再会はうれしいものですよね。でもあれだけの人ごみの中で出会うことが出来たというのは、お互いに引き寄せあうものがあったのかもしれませんね。
トッパンホール、確かに遠いし、分かりにくいですよね。飯田橋からは道1本なのですが、かつて地下鉄の駅からホールに向かった時には私も迷ったことがあります。以前はシャトルバスが出ていたのですが、そのサービスもなくなってしまい残念。
来年の内藤さんの「冬の旅」ではお会いできると思うので楽しみにしています(まだチケットを買っていなかった!)。

最初にいただいたコメントについてですが、雨に打たれて風邪をひかないように気をつけてくださいね(でも傘をうっかり家に置いてきた時に限って降ってくることがあるんですよね)。

投稿: フランツ | 2008年11月26日 (水曜日) 23時11分

フランツさん
私は今日オペラシティのP席(オルガン席)で見ました。結構おもしろかったですよ、P席。近いし。mixiに日記を書いたのでよかったらご覧ください。
例によって音楽はよくわからないので、ドイツ語とフランス語に興味がいっちゃいました♪

いやーひさびさでした。
その前にはベルリン・フィル映画もユーロスペースで見て、その感想も書きました。

同じものをブログにも書くつもりです。

http://ameblo.jp/gateaux/
アメブロ

投稿: Auty | 2008年11月27日 (木曜日) 00時25分

Autyさん、こんばんは。
ついうとうとしてしまい、ご返事が遅くなってしまいました。すみません。
昨日、AutyさんはP席でご覧になっていたのですね。確かに舞台後ろにも人が入っているなぁと思いましたが、そこで聴いておられたのですね。
私もオペラシティではまだないのですが、サントリーホールのP席なら何度か経験済みで、音が反対側に響くもどかしさを我慢すれば、演奏家を近くから見れてなかなか興味深いと思います。
私は当日券で3階の遠い席から聴いていましたが、個性的なプログラミングを堪能し、やはり来て良かったと思いました。

投稿: フランツ | 2008年11月28日 (金曜日) 00時25分

音は確かにもどかしかったです。でも、近くで見られてよかったです。サントリーホールのP席は昔よく行ってました。フィッシャーディースカウの頭を後ろから(笑)。
拙ブログにコメントありがとうございました。
いつも立派なブログに阿呆なコメントしてすみませんです。

オペラシティのP席、オルガン前中央だったので、おもしろかったです。

投稿: Auty | 2008年11月28日 (金曜日) 09時29分

ボストリッジらの演奏を楽しまれたお記事を拝読し、いつもながら自分も聴いたような気にさせていただいております。
正確な表現ではありませんが、ボストリッジやゲルネなどの歌唱について、よくディースカウの言葉の厳密な分析より旋律を大切にするシフトにきっているとかなんとかの批評を目にすることが何度かあったように思います。
しかし、私はCDでしか知りませんが、彼らはディースカウとは別の意味で言葉を非常に大切にしていることを感じます。ボストリッジなどはいささか独特の訛りみたいなものもあるように思いますが、それは気になりませんし。おっしゃるように彼の繊細さは際立っていると思います。さぞやすばらしい演奏会であったと推察いたします。
以上、失礼いたしました

投稿: 辻森 | 2008年11月28日 (金曜日) 17時36分

Autyさん、こんばんは。
こちらこそいつもコメント、有難うございます。
私もディースカウやプライの後頭部をサントリーのP席で見ていた一人です(笑)。特にプライはP席にいても、声のボリュームの豊かさがはっきり分かってP席にいることが悔しかったのを覚えています。
オペラシティのP席中央でご覧になっていたとのことで、ボストリッジの例の動きがよく見えたことと思います。それにしてもあんなに足を頻繁に動かしていてよく歌えるものだなぁとあらためて感じました。

投稿: フランツ | 2008年11月28日 (金曜日) 23時26分

辻森さん、こんばんは。
いつもご覧いただき、有難うございます。
興味深くコメントを拝見しました。
おっしゃるようにボストリッジやゲルネはあたらしい世代のリート歌手として、ディースカウと比較されることもあったと思います。ボストリッジもゲルネも最初はディースカウの影響から出発して、その後それぞれ己の道を見出した人たちだと思います。それゆえに「言葉」に対するセンスは際立っていますね。ボストリッジにとってドイツ語は外国語ですが、外国人だからこそ可能な表現を聞かせてくれるのがすごいところだと思います。

投稿: フランツ | 2008年11月28日 (金曜日) 23時37分

フランツさん、こんにちは。26日オペラシティコンサートの記事は、アップしました。
フランツさんの記事、早く読みたいです。
外国語の歌というのは、全くバイリンガルの人を除いては、発音上の母国語の影響は避けられないと思います。
英国人のボストリッジがドイツ語の歌を歌い、日本人歌手も、ドイツリートやイタリアオペラを歌う。
ネイティヴの歌手とは微妙に違っても、それは個性でしょう。
歌うとき、歌い出しの言葉の音符の拍の前に子音が入り、母音で拍に入るという原則が出来ていれば、歌唱上の問題はないと思います。
柔らかいドイツ語が、私には大変心地よく聞こえました。

投稿: Clara | 2008年11月29日 (土曜日) 12時15分

Claraさん、こんにちは。
26日のClaraさんの記事、早速拝見したいと思います。
私の感想もさきほどアップしました。
確かに外国人が歌う歌曲というのに若干過敏になっている面はあるかもしれませんね。発音のうまさ以上にその言葉のもっている香りを伝えられるかどうかというのは重要かなと思います。でも、あまりにも問題が多いというのでなければ、もっと寛容に聴く方が楽しいですね。ボストリッジの発音は外国人としてかなり立派だったと思います。
逆にネイティヴのハンス・ホッターやホルツマイアは若干訛りがあるのが心地よくて好きです。

投稿: フランツ | 2008年11月29日 (土曜日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/43227841

この記事へのトラックバック一覧です: ボストリッジ&ドレイク/シューマン&ブラームス歌曲集(2008年11月24日 トッパンホール):

« エリー・アーメリングのクリスマス・ソング集 | トップページ | ボストリッジ&ドレイク/マーラー&ベルリオーズ歌曲集(2008年11月26日(水) 東京オペラシティコンサートホール) »