« リンク集追加のお知らせ:辻乃森音楽師 | トップページ | ホル&オルトナー/シューベルト「白鳥の歌」(2008年10月31日 川口・リリア音楽ホール) »

ハイドンのオペラ《騎士オルランド》を聴く(2008年10月25日 北とぴあ さくらホール)

北とぴあ国際音楽祭2008
ハイドン(Haydn) オペラ《騎士オルランド(Orlando Paladino)》3幕の英雄喜劇(Dramma eroicomico)/イタリア語上演・日本語字幕付

Orlando_paladino2008年10月25日(土)午後3時開演

北とぴあ さくらホール(2階H列16番)

指揮:寺神戸 亮
演出:粟國 淳
管弦楽:レ・ボレアード(オリジナル楽器使用)

美術:横田あつみ
照明:笠原俊幸
衣装:増田恵美
舞台監督:大仁田雅彦

オルランド(Orlando)(騎士):フィリップ・シェフィールド(Philip Sheffield)(T)

アンジェーリカ(Angelica)(カタイ=中国の女王):臼木 あい(S)

ロドモンテ(Rodomonte)(バルバリアの王):青戸 知(BR)

メドーロ(Medoro)(アンジェーリカの恋人):櫻田 亮(T)

リコーネ(Licone)(エウリッラの父。羊飼い):根岸 一郎(T)

エウリッラ(Eurilla)(羊飼い):高橋 薫子(S)

パスクワーレ(Pasquale)(オルランドの従者):ルカ・ドルドーロ(Luca Dordolo)(T)

アルチーナ(Alcina)(魔女):波多野 睦美(MS)

カロンテ(Caronte)(三途の川の渡し守):畠山 茂(BSBR)

--------------------------------

ほとんどオペラ素人の私が久しぶりにオペラを見に行った。
演目は来年が没後200年のハイドン(1732-1809)による歌劇「騎士オルランド」。
北とぴあで毎年開催している音楽祭の今年のテーマは「魔法」。
そのトリの演目となっている。
この音楽祭、以前エディット・マティスのリサイタルを聴いたことがあるが、それ以来、何年ぶりかで王子駅近くの北とぴあに出かけた。
会場に開演40分前ごろに着き、1階の広間に入ると、片隅に小型のパイプオルガンが設置されており、ちょうどオペラ開演と同刻にはじまる無料のオルガンコンサートのリハーサルを女性のオルガニストが弾いていたので、思わぬ得をした気分で間近でしばし聞き入った。

「騎士オルランド」の実演を聴こうと思ったのは単純かつミーハーな理由なのだが、大好きなアーメリング(エウリッラ役)が録音した唯一のオペラ全曲のスタジオ録音の演目だったからだ。
PHILIPSに1976年に録音されたこのLPはドラティ指揮で、アーリーン・オジェーがアンジェーリカ役を歌っていたが、国内盤は出なかったようだ(海外ではCD化されている)。
2005年にアルノンクールがライヴ録音したものが2度目の正規録音で、これは国内盤が出たので、ようやくリブレットの対訳を見ることが出来た。

中国の女王アンジェーリカにはメドーロという恋人がいるが、その女王に思いを寄せる騎士オルランドは彼女を奪おうとし、同じく女王に好意を抱くロドモンテはオルランドと決闘するために追ってくる。
追われる身のアンジェーリカは恋人メドーロの身を案じ、魔女アルチーナの力を借りる。
嫉妬に狂うオルランドのために窮地に陥る場面でアルチーナが何度もアンジェーリカを救い、最後は三途の川の渡し守カロンテに命じてオルランドに忘却の水を浴びせさせ、恋心を忘れさせる。
オルランドはアンジェーリカとメドーロに対して脅威でなくなり、大団円という内容である。
途中で羊飼い娘エウリッラとオルランドの従者パスクワーレが恋仲になり、ドラマを進行させたり、ひっかきまわしたりしながら、コミカルな要素を加味している。

まずは演出の粟國淳をはじめとするスタッフの健闘を心から讃えたい。
過激で奇抜な要素は全くなく、あくまで内容に沿った丁寧なつくりであり、額縁風の背景のスクリーンに映し出される映像(空や海だったり、戦闘シーンの絵、さらに石から人間に戻るオルランドの映像には思わずどよめきが起こった)は控えめながらストーリーを分かりやすく伝えていたし、斜めにせり出した舞台に当てられた美しい照明や、時にびっくりするような白煙なども飛び出し、歌い手の衣装も印象的で(冥府の船乗りカロンテのメイクと衣装は夢に出てきそうだ)、音楽を壊さない範囲内で多くの効果を挙げることに成功したスタッフ陣の力は素晴らしかったと思う。
セリアとブッファの要素が融合したと言われるこのオペラの贅沢な味わいを堪能させてくれた。

2階の私の席からはオーケストラピットは最後列の管楽器奏者しか見えず、寺神戸氏の指揮姿を見ることは出来なかったが、真ん中あたりの男女の管楽器奏者が演奏の前や合間に仲良くしゃべっていたのがリラックスした雰囲気を感じさせた。
古楽器の良い意味での生々しい音が生命力を感じさせた。
特にテンポの大胆な流動は、指揮の寺神戸亮をはじめとする演奏者の原典研究の賜物なのだろう。

歌手はイギリス人のフィリップ・シェフィールドがタイトルロールを演じ、その従者である愛すべき道化パスクワーレを演じるのはイタリアのルカ・ドルドーロである。
そのほかのキャストはすべて日本の若手、中堅の実力派で固めている。

格別に素晴らしかったのは、中国の女王アンジェーリカを演じたソプラノの臼木あいであった。
その声は芯があり、どの音域も豊かでつややかな声をコントロールして悲劇のヒロインを真摯に悲痛さをこめて表現していて素晴らしかった。
リリックとコロラテューラ(魔女アルチーナよりもずっと技術的に難しそうな印象を受けた)の両要素が要求される難役だが、どちらの要素も見事なまでに歌いこなしていた。
出産のため降板した森麻季の代役を期待以上に果たしてくれ、素晴らしい歌手をまた一人知ることが出来た喜びを感じた。
また、現在の古楽界を支えているテノールの櫻田亮は、優柔不断で頼りないメドーロ役にしては立派すぎるぐらい堂々たる歌いぶりと美声でさすがと思わされた(オルランド役でも良かったかも)。
一方、コミカルな要素を代表する2人、オルランドの従者パスクワーレ役のルカ・ドルドーロと、羊飼いエウリッラ役の高橋薫子はその演技の絶妙な楽しさで聴衆の心を完全にとらえた。
ルカ・ドルドーロはどこまでが演技でどこまでが素なのか分からないような自然さで、気の弱い従者としての側面と、それでも強がってみせる側面をコミカルな演技と歌唱で表現していた。特にエウリッラへの愛で骨抜きになり、「アー」だの「エー」だのと母音でため息ばかりを繰り返す箇所は絶妙だった(「パ・パ・パ」のパパゲーノを思い出した)。
高橋薫子は仕草のどの一つをとっても可愛らしく愛嬌にあふれ、ほとんどの登場人物となんらかの絡みを見せながら、シリアスな時にも場を明るくする魅力的な役回りで聴衆に安心感を与えていた。
波多野睦美の演じた魔女アルチーナは、「夜の女王」の原型のようなイメージだが、あちらの邪悪な扱いではなく、登場人物たちの苦難を彼女の魔法一つで解決してしまうという「頼みの綱」的な存在である。
その威厳に満ちた役柄に、彼女は余裕をもった堂々たる演技と安定した歌唱で見事に同化していた。
タイトルロールを歌ったフィリップ・シェフィールドは初来日とのこと。
確かにイギリス人テノールの典型のような丁寧な歌いぶりは素晴らしいものの、オルランド(カール大帝の甥のロランがモデルと言われているそうだ)の狂気を表現するには人の良さが邪魔をしていたような感じがした。
だが痩身で背の高い彼は舞台上での見栄えはよく、適役を歌えば舞台上で映えたことだろう。
オルランドの敵、ロドモンテ役を歌う青戸知は20年近く前アーウィン・ゲイジのマスタークラスで「万霊節」を歌うのを聴いて以来である(その時は声の大きさが印象に残っている。ちなみにその時の彼のピアニストはヴォルフ全曲演奏会の松川儒だった)。
オルランドに対する丁々発止とした緊張感を表現しようという意欲が伝わってきた。

第1幕の後に約20分の休憩をはさみ、3時間近くの上演を終えて、私はただただハイドンのこのオペラを心ゆくまで楽しんだ。
これほどのメンバーを集め、美しい舞台を時間をかけて作り上げているものを、たった2回(23日と25日)の上演しか行わなかったのはもったいなかった。

来年はハイドンの没後200年。
彼の45曲ほどの歌曲と、無数の民謡編曲と同時に、彼のオペラにも目を向けてみようと思う。
私にとって、ハイドンのオペラは才気にあふれ、聴き手を楽しませるサービス精神と美しい音楽性の同居した親しみやすいエンターテインメントであった。
記念年にはCDだけでなく、DVDでも彼のオペラを楽しめるようになるだろうか。

ちなみに来年の北とぴあ音楽祭のテーマは「未知なるものへ」とのことで、グルックのオペラ「思いがけないめぐり会い、またはメッカの巡礼」が、同じく寺神戸指揮レ・ボレアードで上演されるそうだ。
このオペラの中の「流れる小川に」はシュヴァルツコプフの愛唱歌だった。
どんなオペラなのか来年も聴いてみようか。

|

« リンク集追加のお知らせ:辻乃森音楽師 | トップページ | ホル&オルトナー/シューベルト「白鳥の歌」(2008年10月31日 川口・リリア音楽ホール) »

コンサート」カテゴリの記事

ハイドン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

オペラは楽しいですよね。とはいえ、私は実演にはほとんど接したことがありませんけれど。(何や、そりゃ?ですね)なにせ、はるか昔、若かりしころ、「フィガロの結婚」を観にいって、フィガロが登場したことは覚えているのですが、爆睡状態におちいり、気がつけば終わりそうだったことがあって、そのトラウマもあるのです。
 でもでもモーツァルトの歌劇など本当は、序曲が鳴り響きだすなり、わくわくですし、いやもっと正確に言えば、鳴り出す前からわくわくしますものね。おや?経験と言っていることが矛盾していますね・・・。失礼しました。
 ハイドンのオペラは残念ながら知らないのですけれど、フランツさんの記事を読むと、それだけでもう楽しくなりました。

投稿: 辻乃森 | 2008年10月26日 (日曜日) 04時25分

フランツさん、このたびは、たいへんありがたい記事に深謝します。長年の友人高橋さんの出演オペラで、早くから案内をいただいていたのですが、諸事情でうかがえませんでした。彼女の演奏は、彼女が大学2年生の時から知っているのですが、その最初の時から、抜群の声と知性、作品への真摯な態度で、常に聴衆を魅了し、好感もてる演奏でした。またたいへん謙虚で優しいお人柄が歌唱にも表れています。いつも、世界で通用する歌と思っていました。これから本人にメールを書いて、フランツさんの感想をお伝えしますね。熱心に聴いてくださり、たいへん好意的な文を紹介してくださって、友人ながら感謝します。

投稿: 渡辺 | 2008年10月26日 (日曜日) 10時34分

辻乃森さん、こんにちは。
辻乃森さんもオペラの実演経験があまりないそうで、お仲間ですね(笑)。
私の場合、歌曲のように2、3分で完結する世界を愛するあまり、そのコンパクトさに体が慣れてしまっているようです。オペラは目と耳で味わえるのが楽しいのですが(序曲はおっしゃるようにわくわくしますね)、1~2回の休憩をはさんでも3時間もの間、登場人物を見分けながら字幕も追っていくため、かなりの集中力と体力を使ってしまいます。もっと聞き込めば、余計な体力を使わずにすむのかもしれませんが。
でも、このハイドンのオペラ、楽しかったですよ。おすすめです。

投稿: フランツ | 2008年10月26日 (日曜日) 11時48分

渡辺さん、こんにちは。
渡辺さんはいろいろな方と交流をもっておられ、顔の広さにあらためて驚きました。
高橋さんも個人的にご存知だったのですね。
この日のエウリッラ役、まさに彼女のはまり役と感じました。私ははじめて彼女の歌声と演技に接したのですが、指先の一つにいたるまで神経が行き届いているような、徹底したエウリッラ像には本当に魅了されました。演技と同時に歌もしっかりしていました。お人柄も素晴らしいそうですね。
私の感想は素人の戯言なので、専門の教育を受けておられるご本人にお伝え出来る内容ではないかもしれませんが、渡辺さんのお気遣いに感謝いたします。

投稿: フランツ | 2008年10月26日 (日曜日) 11時57分

フランツさん、今晩は。
オペラの記事とは、珍しいですね。
「オルランド」、北とぴあの音楽祭に縁があって、聴きたいプログラムに入っていたのですが、同じ時間帯に、友人の関係するヴェルディ「レクイエム」公演(東京芸術劇場)があり、先にチケットを買ってあったのでそちらに行ってしまいました。
ハイドンは、あまり聴いたことがないのですが、今年から来年に掛けて、演奏されることが多そうですね。
フランツさんの鑑賞記事は、臨場感が良く伝わってきて、自分も聴いてみたいと思わせる処があり、読みやすいです。いつも愉しく拝見しています。

投稿: Clara | 2008年10月26日 (日曜日) 19時51分

Claraさん、こんばんは。
昨日はヴェルディを聴かれていたのですね。
私はオペラを全幕まとめて聴くということがこれまであまりなかったのですが、ホールに行けば他の用事や誘惑もなく、オペラにどっぷり浸れるので、もっとホールに出向いて聴いてみようかなという気になりました。ハイドンのオペラはあまり知られていませんが、私の好みとはぴったり合っていました。楽しかったです!
私のつたない文章で聴いてみようと思っていただけるのはとてもうれしいです。有難うございます!
Claraさんの文章も毎回いろいろと考えさせてくれる内容で、とても勉強になります。

投稿: フランツ | 2008年10月26日 (日曜日) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/42905430

この記事へのトラックバック一覧です: ハイドンのオペラ《騎士オルランド》を聴く(2008年10月25日 北とぴあ さくらホール):

« リンク集追加のお知らせ:辻乃森音楽師 | トップページ | ホル&オルトナー/シューベルト「白鳥の歌」(2008年10月31日 川口・リリア音楽ホール) »