« プライ日本公演曲目1990年(第9回来日) | トップページ | ゲルネ&レオンスカヤ/シューベルト歌曲集「憧れ」 »

ジャーノット&シュマルツ/リサイタル(2008年6月6日紀尾井ホール)

コンラッド・ジャーノット バリトン・リサイタル
2008年6月6日(金)19:00 紀尾井ホール
 
バリトン:コンラッド・ジャーノット(Konrad Jarnot)
ピアノ:アレクサンダー・シュマルツ(Alexander Schmalcz)

Jarnot_schmalcz_2008_pamphletベートーヴェン/連作歌曲《遙かなる恋人に寄す》Op. 98(丘の上に腰をおろし/灰色の霧の中から/天空を行く軽い帆船よ/天空を行くあの雲も/五月は戻り、野に花咲き/愛する人よ、あなたのために)

シューベルト/白鳥の歌 D957~ハイネの詩による6つの歌曲(アトラス/彼女のおもかげ/漁夫の娘/まち/海辺にて/影法師)

 ~休憩~

シューマン/詩人の恋 Op. 48(うるわしい、妙なる五月に/ぼくの涙はあふれ出て/ばらや、百合や、鳩/ぼくがきみの瞳を見つめると/ぼくの心をひそめてみたい/ラインの聖なる流れの/ぼくは恨みはしない/花が、小さな花がわかってくれるなら/あれはフルートとヴァイオリンのひびきだ/かつて愛する人のうたってくれた/ある若ものが娘に恋をした/まばゆく明るい夏の朝に/ぼくは夢のなかで泣きぬれた/夜ごとにぼくは君を夢に見る/むかしむかしの童話の国から/むかしの、いまわしい歌草を)

アンコール
 1.シューマン/あなたは花のようだ Op. 25-24
 2.ブラームス/五月の夜 Op. 43-2
 3.R.シュトラウス/献身 Op. 10-1
 4.R.シュトラウス/ツェツィーリエ Op. 27-2
 5.シューマン/ひそかな涙 Op. 35-10
 6.シューマン/はすの花 Op. 25-7

---------------------------

コンラッド・ジャーノットは1972年イギリスのBrighton生まれで現在はドイツに住んでいる。
ロンドンのギルドホール音楽演劇学校(Guildhall School of Music and Drama, London)でRudolf Piernayに師事、レナータ・スコットやブリギッテ・ファスベンダーのマスタークラスに参加し、1998年以降は定期的にF=ディースカウのレッスンも受けている。
2006年5月のラ・フォル・ジュルネでモーツァルトの「レクイエム」を歌うために初来日していたそうだが、リサイタルは今回がはじめてとのこと。
すでにいくつかのCDを通じてその歌唱に触れていたが、そのレパートリーが一風変わっていて、R.シュトラウスの「4つの最後の歌」やラヴェルの「シェエラザード」、ヴァーグナーの「ヴェーゼンドンクの5つの詩」のような、これまで女声専門といってもいい曲をいずれもピアノ版で録音している。
だが、「4つの最後の歌」などは歌詞の内容からすれば男声が歌っても全くおかしくない(というより詩人が男性なので、むしろ男性が歌っていなかったのが不思議なくらいだ)ので、これを機にほかの男声歌手も進出するかもしれない(とはいえ高音での息の長いフレーズはバリトンよりはテノールの方が歌いやすそうだが)。
今やバリトンのゲルネが「女の愛と生涯」を歌う時代、男女のレパートリーの垣根は徐々に取り払われていくのだろう。
そういえばジャーノットもレッスンを受けたというメゾソプラノのファスベンダーは、「冬の旅」「詩人の恋」やシューベルトの「竪琴弾きの歌」などに果敢に取り組んでいたものだった。

紀尾井ホールで開かれたリサイタルは、最近頻繁に来日しているアレクサンダー・シュマルツとの共演で、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンの有名な作品が披露された。
比較的多くのソロ録音をすでに残しているジャーノットだが、今回のレパートリーはまだ録音がリリースされていないので、これらのスタンダードナンバーをどのように聴かせてくれるのか楽しみだった。
実際に聴いた彼の声はバリトンといってもゲルネのような重みのある声質ではなく、むしろゲアハーヘルのようなハイバリトンで、ゲアハーヘルよりさらに高い印象だった。
高音は響きがこなれていて、耳障りになることがなく充実している。
一方、低声も悪くはないのだが若干弱いところもあるようで、シューベルトの「まち」の中間部の低声は不安定さが感じられた。
それから、一聴してすぐに感じたのがドイツ語の見事なまでの美しさ。
彼の生まれがイギリスだと知らずに聴いたら、間違いなくドイツ人だと思っただろう。
イギリス人の多くから感じられる外国人の発音するドイツ語という印象が皆無であるだけでもすごいが、その発音の美しさはドイツ人が歌ってもなかなか感じられないほどではないか。
若干子音(特に語尾)を強調気味に歌っていたのが特徴的だったが、自然な舞台発音だったと思う。

彼はいい意味でF=ディースカウの影響をはっきり打ち出している歌手のように感じた。
これまで聴いた何人ものディースカウ門下の中でも解釈や声質など、最も近いものを感じた。
だが、単なるコピーというのではなく、きっちり充実した音楽として聴かせていたので、全く二番煎じといった感じはしない。
言葉を大事にしつつも、音楽の流れが途切れることもない。
「遙かなる恋人に寄す」は丁寧な表現が印象的で、「白鳥の歌」ではハイネ歌曲の深く、切り詰めた音を真正面からとらえて劇的な表現力を聴かせていた。
「詩人の恋」は言葉を大切にした歌唱で作品の魅力を素晴らしく再現していた。
「ぼくは恨みはしない」の最高音も余裕をもって響かせており、それが技術的なレベルを超えた表現力に裏付けられていた。

シュマルツはこれまでに聴いた印象と特に大きく変わることはない。
相変わらず美しいタッチで作品を完璧に手中におさめていたし、恣意的なところが一切なく、自然な流れを貫いていたのも気持ちよかった。
とりわけ「影法師」での畳み掛けるような長い和音の連続は、音の重みや色合いを曲の展開に応じて反映させていてとても素晴らしかった。
一方、いつもながら歌手の声を消さない音量上の気配りも常に感じられたが、それが「アトラス」のような激しさを特徴とする作品には物足りなさを感じさせる結果になり、そこまで控えめにならなくてもという瞬間が少なからずあったのが惜しいところだ。
「詩人の恋」もシューマン特有のアンニュイな雰囲気はあまり感じられず、健全で素直なシューマンといった感じだった。
だが、曲と曲をつなぐ間の素晴らしさは特筆すべきだろう。
プログラムの解説によると、2007年はエヴァ・メイ、ゲルネ、グレイス・バンブリーと3回も来日したのだとか。
引く手あまたの注目株のますますの精進を期待したい。

8時半ごろには正規のプログラムが終わってしまったが、その後6曲もアンコールを演奏してくれた。
どれも見事な演奏だったが、有名なわりに実演で聴く機会の少ないブラームスの「五月の夜」を歌ってくれたのが個人的にはうれしかった。
心のこもったいい演奏だった。
シューマンの「ひそかな涙」ではジャーノットの張りのあるのびやかな高音が会場内を満たした。

なお、NHKのテレビカメラが会場内の数箇所に設置されていて、プログラムにも「テレビ収録がございます」との注意書きがあったので、いずれ放映されると思う。
私はBSを入れていないので、教育テレビでも放送してくれるといいのだが。

|

« プライ日本公演曲目1990年(第9回来日) | トップページ | ゲルネ&レオンスカヤ/シューベルト歌曲集「憧れ」 »

コンサート」カテゴリの記事

バリトン歌手」カテゴリの記事

ピアニスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

さすが歌曲に詳しいフランツさん、いい演奏会はちゃんとキャッチしていらっしゃるのですね。
紀尾井ホールは、歌曲には向いていますね。
プログラム充実していて、しかも6曲のアンコールなんて!
サービス精神素晴らしいです。
お客さんは、喜んだでしょうね。

確かに女性が「冬の旅」を歌ったり、男歌、女歌の別なく、その人らしい表現で、チャレンジし、聴く方にも違和感が無くなってきました。
これも、時代の変化と繋がっているのでしょうか。

投稿: Clara | 2008年6月 7日 (土曜日) 22時05分

Claraさん、こんばんは。コメントを有難うございます!
紀尾井ホールの若干後ろの方の席だったのですが、ど真ん中だったので、とてもいい響きでした。
ジャーノットはCDを聴いて知っていたので、実演をぜひ聴いてみたいと思っていました。
CDでの印象と若干異なり、高い音域が得意そうでした。
ディースカウもこのような弟子がいて鼻が高いことでしょう。
ディースカウは女声用の歌曲は殆ど歌わなかったのですが、彼が引退して若手の歌手たちの意識が変わってきたのかもしれませんね。
6曲のアンコールというのも最近ないぐらいのサービス精神でした。空席も少なからずあった会場でしたが、拍手はすごかったです。
テレビで放映される時にはもしご都合があえばご覧ください。

投稿: フランツ | 2008年6月 7日 (土曜日) 22時59分

ほんとにまんべんなく聞いておられるのですね。尊敬します。

投稿: Auty | 2008年6月 7日 (土曜日) 23時26分

Autyさん、遅くなりましたがおかえりなさい!
HPで旅行記を拝見させていただきました。
素敵な写真があって海外旅行に無縁な私も楽しませていただきました。本来HPにコメントすべきでしょうが、コメント記入はたしか登録が必要だと思ったので、こちらで失礼します。

まんべんなくというよりも好きなものだけ聴くという偏った聴き方なので、大したことではないんですよ。技術翻訳を極めるために英独仏ととりくんでおられるAutyさんの方がずっとすごいです!

投稿: フランツ | 2008年6月 7日 (土曜日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/41453233

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーノット&シュマルツ/リサイタル(2008年6月6日紀尾井ホール):

« プライ日本公演曲目1990年(第9回来日) | トップページ | ゲルネ&レオンスカヤ/シューベルト歌曲集「憧れ」 »