« 内藤明美メゾソプラノリサイタル(2007年11月9日 東京オペラシティ リサイタルホール) | トップページ | 堅実かつ雄弁なピアニスト:ルードルフ・ドゥンケル »

ヒュンニネン&ライッコネン/クーラ、メリカント、シベリウス歌曲リサイタル(2007年11月12日 紀尾井ホール)

~舘野泉プロデュース/フィンランドの心を歌う~
ヨルマ・ヒュンニネン バリトン・リサイタル
2007年11月12日(月) 19:00 開演 紀尾井ホール

ヨルマ・ヒュンニネン Jorma Hynninen(Bariton)
イルマリ・ライッコネン Ilmari Räikkönen (Piano)

トイヴォ・クーラ Toivo Kuula(1883-1918)作曲
秋の気配 Syystunnelma, Op. 2-1 (Eino Leino)
炎をみつめて Tuijotin tulehen kauan, Op. 2-2 (Eino Leino) 
朝の歌 Aamulaulu, Op. 2-3 (Eino Leino)
夏の夜、教会の墓地で Kesäyö kirkkomaalla, Op. 6-1 (V.A.Koskenniemi)
エピローグ Epilogi, Op. 6-2 (V.A.Koskenniemi)
来て、愛する人よ Tule armaani, Op. 27-1 (V.A.Koskenniemi)

オスカル・メリカント Oskar Merikanto(1868-1924) 作曲
私は生きている! Ma elän!, Op. 71-1 (Larin Kyosti) 
なぜに私は歌う Mikai laulan, Op. 20-2 (J.H.Erkko) 
夕暮れに Illansuussa, Op. 69-2 (V.A.Koskenniemi) 
バラッド Ballaadi, Op. 69-4 (Ilmari Kianto)
海にて Merella, Op. 47-4 (J.H.Erkko) 
嵐の鳥(フルマかもめ) Myrskylintu, Op. 30-4 (Kasimir Leino) 

~休憩~

ジャン・シベリウス Jean Sibelius (1865-1957) 作曲
葦よそよげ Säv,säv,susa, Op. 36-4 (Gustav Froding) スウェーデン語
わたしは1本の木 Jag är elt trad, Op. 57-5 (Ernst Josephson) スウェーデン語
水の精 Nocken, Op. 57-8 (Ernst Josephson) スウェーデン語
黒い薔薇 Svarta rosor, Op. 36-1 (Ernst Josephson) スウェーデン語
海辺のバルコニーで Påverandan vid havet, Op. 38-2 (Viktor Rydberg) スウェーデン語
夕べに Illalle, Op. 17-6 (A.V.Forsman-Koskimies) フィン語

タイスへの賛歌 Hymni Thaisille, JS. 97 (A.H.Borgstrom) 英語→スウェーデン語?訳
テオドーラ Teodora, Op. 35-2 (Bertel Gripenberg) スウェーデン語
口づけの望み Kyssens hopp, Op. 13-2 (J.L.Runeberg) スウェーデン語
春はいそぎゆく Varen flyktar nastrigt, Op. 13-4 (J.L.Runeberg) スウェーデン語
狩人の少年 Jagargossen, Op. 13-7 (J.L.Runeberg) スウェーデン語
逢引きから帰った乙女 Flickan kom ifran sin älsklings mote, Op. 37-5 (J.L.Runeberg) スウェーデン語

[アンコール]
シベリウス/夢なりしかOp. 37-4
メリカント/人生にOp. 93-4
シベリウス/泳げ青いカモ

---------------------------------

シベリウス没後50年を記念して、ピアニスト舘野泉がプロデュースしたヨルマ・ヒュンニネンのリサイタルを聴いてきた。
ピアノ共演はイルマリ・ライッコネン。

ヒュンニネンはシベリウス歌曲の録音を聴いていたが実演は初めてで、しかもクーラやメリカントの歌曲を聴くのも初めてだった。

今回は開演前に20分ほど舘野泉さんのプレトークがあり、もう1人の男性と対談のような形で北欧歌曲と演奏者について語っていた。
メリカントはフィンランドでは人気があるが、若干軽い作風に見られがちということ、
シベリウスは他のジャンルで知られているが歌曲も重要であるということ、
ヒュンニネンは歌曲歌いとして素晴らしいというような話の内容だったと思う。
お元気そうな舘野氏を見て、彼の実演も聴いてみたいものだと思った(ブラームス編曲の「シャコンヌ」などを収めた左手のための作品集のCDが素晴らしかった)。

ステージに颯爽と登場したヒュンニネン(1941年生まれ)は長身でダンディな印象で、オペラの舞台に立ってもさぞ舞台映えするだろうと思わせるものがあった。
一方のライッコネンは1976年生まれというからまだ31歳の若さだが、プログラムに掲載されている写真に比べると大分貫禄が出てきた感じだ。

前半最初の6曲はトイヴォ・クーラの歌曲。
クーラは酒宴の席で酔った兵士と口論になって射殺されてしまったそうで、35年の短い生涯だった。
ヒュンニネンによれば「生きていたら、シベリウスと同じくらいフィンランドを代表する偉大な作曲家になっていた」ほどの人で、管弦楽曲、室内楽曲、合唱曲など様々なジャンルの作品を残しているらしい。
約50曲の歌曲のうち、独唱歌曲は20数曲とのこと。
出身地のオストロボスニア地方の音楽に影響を受けているそうで、大束省三氏曰く「悲哀と感傷が漂っている」。
初めて聴いた6曲のクーラ歌曲、確かに冷たい空気感の中でせつない旋律に心を揺り動かされるような気がする。
「朝の歌」という曲が軽快で明るい印象を受けた以外には、ほとんど静かに心を揺さぶるタイプの曲だったように記憶している。

クーラの後に演奏されたのはオスカル・メリカントの6曲。
ヒュンニネンの初めて録音したLPがメリカント歌曲集で、フィンランドで非常に評判になったそうだ。
彼の作品は軽いスタイルとみなされがちで、そういうことがかえってフィンランド人にとって親しみやすさを感じさせるのかもしれない(トスティやフォスターのような感じだろうか)。
実際聴いた印象もいい意味で俗っぽい分かりやすさがあったような気がするが、最後に演奏された「海にて」と「嵐の鳥(フルマかもめ)」のドラマティックな迫力が強く訴えかけてきた。

休憩後はすべてシベリウス歌曲で6曲ずつ2ブロックに分けて演奏された。
これらの曲はDECCAの全集録音で予習していたし、何曲かはヒュンニネン自身の録音でも聴いていたので、演奏そのものに集中することが出来る。
最初の「葦よそよげ」は有名な作品で、高音域での流れるピアノ前奏は一見抒情的な内容を予感させるが、インガリルという女性が悩みぬいたうえ、湖に沈んだという暗い内容を反映した短いバラードになっている。

厳格なアルペッジョではじまる「わたしは1本の木」は畳み掛けるようなリズムが印象的で、夏の盛りのはずの1本の木から嵐が葉を落としてしまい、身を隠す雪を待ち望むという内容を重厚な音楽で描いている。

水のざわめきや、少年と水の精の弦の響きを描写した「水の精」に続き、シベリウスの最も有名な歌曲「黒い薔薇」が演奏された。
棘のある薔薇が私の胸で育ち、それが私に苦痛を掻き立てると歌われる。
ほとばしるアルペッジョの上で緊迫感を増す歌が、いやがうえでも聴き手の心をざわつかせる。

「海辺のバルコニーで」は苦渋に満ちた主張の強い前奏に導かれて深刻な歌が続く。
永遠の岸辺にたどりつけない波を歌った第1節、いずれ死ぬ運命にある星の光を歌った第2節と重みのある内容を反映しているが、神を予感してあらゆるものが沈黙に沈むと歌う第3節で「沈黙」と相反するような劇的な盛り上がりを見せるのが詩を表面的にとらえないシベリウスの感受性を感じさせて興味深かった。

シベリウスの最初のブロックを締めくくる「夕べに」でようやく明るい曲が選ばれ、聴き手も緊張から開放されて一息つくことが出来る。
ちらつく星の光を模すピアノの上で、同音を基本とする優しく語りかける歌が、昼間の仕事疲れがあっても夕べには恋人のもとに行くことが出来る喜びを表現する。

シベリウスの後半ブロックは作品番号のない「タイスへの賛歌」で始まった。
この曲はシベリウスが作曲した唯一の英語歌曲らしいが、ヒュンニネンの発音はどう考えても英語ではなかったからスウェーデン語訳(またはフィンランド語?)だったのではないだろうか。
アテネの遊女であるタイスの美しさは一度見た者は忘れることが出来ないと歌われる。
まさしく恋に目をくらまされた男の真剣な告白の歌である。

続く「テオドーラ」はシベリウス歌曲の中で最も個性的な部類に入るのではないだろうか。
ピアノの低音でうなるように響いては消えるパッセージはテオドーラの引きずるドレスの衣ずれの音なのか、アクセサリーの揺れる音なのか、語りに付けられたメロドラマのように「間」に意味を持たせたようなピアノパートである。
静かな満月の夜に忍び足で近づいてくる皇后テオドーラに官能的な欲情を抱く男のなんとも妖しい作品である。

大人の男の気持ちを歌った2曲の後に、若者のういういしい恋心を歌った初期の3曲「口づけの望み」「春はいそぎゆく」「狩人の少年」が歌われ、最後は有名な「逢引きから帰った乙女」で締めくくられた。
恋人との逢引きから帰った娘と母親との対話というありがちなシチュエーションが歌われるが、この種のテキストの常として、恋人との逢引きの末裏切られ、お墓を用意してと歌われる。
シベリウスの音楽は詩に対応してドラマティックな展開を見せ、聴き手をその世界に引きずり込む。
ヒュンニネンのプログラミングの妙味を感じさせられた。

ヒュンニネンの歌唱はなんといっても語り口の絶妙さが印象に残る。
60台半ばですでに声の艶に頼れない時期でありながら、力強い箇所での迫力は凄まじいものがあり、一方ささやくような弱声の箇所でのなんとも味のある表現は芸で聞かせる境地に達したことを感じさせた。
クーラの静かな佇まいから、メリカントの軽快さ、そして奥の深いシベリウスの世界まで(中でも「テオドーラ」での名唱は素晴らしかった)、その守備範囲の広さに驚かされ、また、北欧歌曲と一くくりに出来ないような多彩な世界の対応力は未だにこの分野の第一人者の地位が揺るがないことを実感させられた。

Hynninen_20071112_chirashi

ライッコネンは、舘野氏が「これからのフィンランド楽壇を担っていく貴重な才能」と評価するのも頷ける音楽性とテクニックを兼ね備えた見事な演奏だった。
北欧の環境を反映したかのような特有のほの暗い重さと情熱を身をもって会得している強みが感じられた。

|

« 内藤明美メゾソプラノリサイタル(2007年11月9日 東京オペラシティ リサイタルホール) | トップページ | 堅実かつ雄弁なピアニスト:ルードルフ・ドゥンケル »

コンサート」カテゴリの記事

シベリウス」カテゴリの記事

北欧歌曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

館野泉さんは右手が病気で引けなくなって左手だけで弾いてる方ですよね。凄く偉い!
フィンランド語挫折しましたが、カレワラの歌なんかは聞きにいきました。
民謡調の曲はCD持ってますが、芸術歌曲はまだです。
フランツさん範囲が広い! ☆彡

投稿: Auty | 2007年11月19日 (月曜日) 18時19分

舘野さんも病気で倒れられてからしばらくは音楽を弾ける精神状況ではなかったようですが、今やすっかり立ち直り、左手のレパートリーを次々と開拓するそのバイタリティーは感動を与えてくれます。以前テレビのピアノ講座で舘野さんの優しい語りによるレッスンが放送されていたのを懐かしく思い出しました。
Autyさんがフィンランド語までやっておられたとは素晴らしい!機会があればぜひシベリウスの歌曲を聴いてみてください。きっと好きな曲があると思いますよ(シベリウスの歌曲はほとんどがスウェーデン語ですが)。

投稿: フランツ | 2007年11月19日 (月曜日) 21時10分

フランツさん、こんにちは!
シベリウスは、ずーっと昔、合唱で歌って、とても好きだった曲があります。
「消え去った音」というような題だったと思います。
誰の訳か、覚えていませんが、日本語の歌詞になっていました。

あの大きな音 美しい響き
誰がそれを止め それを消したのか、
それは悲しみだ 大きな嘆きだ

・・と言う歌詞でしたが、4分の5という拍子で、不思議な旋律でした。
ガリ版刷りの時代なので、コピーもありませんから、楽譜も手元になく、1番の歌詞だけしか覚えていません。
藤原歌劇団所属の人が、一度だけ指導してくれたのでした。
フランツさんの仰る歌曲の中に、もしその曲が含まれていたら、是非聴きたいと思います。

投稿: Clara | 2007年11月20日 (火曜日) 15時28分

Claraさん、こんばんは!
シベリウスを合唱で歌ったことがあるそうですね。
「消え去った音」というタイトルはおそらく日本人向けのもので正確な訳ではないのかもしれませんね。調べてみたのですが、どの曲にあたるのか結局分かりませんでした。訳詩ではなく、歌いやすいように詩の内容を新しく創造してしまっている可能性もありますよね。
でもずっと記憶に残っているというのは素晴らしいですね。歌を愛するClaraさんには今後もいろいろ体験談を聞かせていただけたらと思います。

投稿: フランツ | 2007年11月21日 (水曜日) 01時15分

フランツさん、調べてくださって有り難うございます。
そうですね。昭和30年代前半ですから、原詩そのままでない可能性もあります。
あるいは重訳かも知れませんし。
でも、歌詞と曲は、よく合ってました。
同じく合唱団員だった連れ合いに訊くと、「4分の5拍子と言うのが、珍しかったので、それは記憶にあるが、曲と歌詞は覚えていない」とのこと。
短調で、暗い旋律は、私の好みだったので、たまたま覚えていたのでしょう。
当時の友人で、昔の曲について、ものすごい記憶力のいい人が居るので、機会があったら、尋ねてみようと思います。
学生指揮者だったので、楽譜も、理由無く手放すことはない筈ですが、何しろ、長い年月を経過してるので・・。

お手数おかけして済みません。

投稿: Clara | 2007年11月21日 (水曜日) 13時03分

横から失礼します。
恐らくこれは「失われた声 Sortunut ääni」Op.18-1ではないかと思います。
もとから合唱曲ですので、残念ながら独唱歌曲にて歌われることはないですが、彼らしい静謐な美しい作品です。歌詞はフィンランドの万葉集とも言える抒情詩カンテレタールから。
フィンランド語ですので私にはうまく訳せないのですが、手持ちの英訳からすると
「何がその力強い声をそこなうのか
 偉大な歌声を
 美しい歌声も消えてゆく
 かつては大河のように溢れていた」
と言ったような詞ですのでたぶん間違いないと思います。

投稿: Fujii | 2007年12月 2日 (日曜日) 15時18分

Fujiiさん、こんにちは。
ご多忙のところ、お答えを有難うございます。
実はあの後、メールのやりとりでClaraさんも"Sortunut ääni"であることを探し当てられました。こちらのブログでのご報告が遅れ、すみません。
独唱曲ばかりでなく合唱曲にも精通されているFujiiさんの幅広さを見習わなければとあらためて思いました。
ClaraさんにもFujiiさんのコメントの内容をお伝えしました。
今後ともお時間のある時にはいろいろ教えていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
本当に有難うございました。

投稿: フランツ | 2007年12月 2日 (日曜日) 16時07分

フランツさん、ブログは最近の記事は拝見していたのですが、シベリウスの記事の処は、このところ見ていませんでした。
Fujiiさん、シベリウスの歌について、お気に掛けていただき、有り難うございました。
フランツさんから、お知らせいただき、早く、その後の「顛末」をコメントさせていただけば良かったと思っております。
フランツさんのブログは、いろいろな方が見ておられるので、ちゃんとこちらに、書くべきでしたね。
実は、Fujiiさんの方にも、それに該当するシベリウスの詩はないかと、訪問させていただいたのですが、どうも、見あたりませんでしたので、原詩と日本語詩とは、あるいは、違うタイトルになっているかも知れないと思った次第です。
あの曲については、合唱について詳しく探求している「山古堂」というブログで、四大学男性合唱団の過去の演奏会曲目を調べ、その中で、慶応大学が、何度かシベリウスの合唱曲を取り上げていたことが分かりました。
その中に、『失われた声』という題があり、歌詞は載ってませんが、原詩の題がありましたので、もしやこれではと、フランツさんにお知らせした次第です。
フランツさんが、探してくださったアマゾンのCDページから、その曲を試聴をしてみると、まさに私の捜していたシベリウスそのものだったことが分かりました。
大変感激し、残るのは日本語の訳詞ですが、11月23日、昔の学生指揮者に会う機会があり、訊いたところ、「曲は記憶があるけど、まだ楽譜が出て来ない」と言うことでした。です。
Fujiiさんの仰っておられる詩とは、訳が違うようですが、原詩は同じだと思います。
本当は、私が、段ボールに詰めて保存している、昔の楽譜を調べてみればいいのですが、半世紀近くも昔の資料、年末で忙しいこともあり、まだ手を付けていません。
見つかったら、自分のブログで、詳細を書き、こちらにもご報告するつもりでした。
お騒がせして済みません。
フランツさん、Fjiiさま、有り難うございました。

投稿: Clara | 2007年12月 2日 (日曜日) 16時57分

Claraさん、こんばんは。
「失われた声」の件、過程のご説明を有難うございます。こういう形で懐かしい曲と再会するというのも素晴らしいですね。そのうち歌の歌詞も見つかるといいですね。
今後も気になることがありましたらお気軽にコメントしていただけたらと思います。

投稿: フランツ | 2007年12月 2日 (日曜日) 22時49分

フランツさん、こんにちは!
シベリウス/「失われた声」で検索すると、今までに、けっこう、いろいろな合唱団が演奏しているのですね。
最近でも、もう済んでしまった東混のコンサートや、ヘルシンキ大学合唱団の来日コンサートにも、曲目に入っていて、知らずに惜しいことをしたと思います。
没後50年という事で、まだ聴くチャンスがあるので、これからも注目したいと思います。
大学の合唱団の過去のレパートリーが、ネット公開していて、いくつかは、リアルプレーヤーで聴けましたが、ただ男声合唱なので、私の持っている昔の歌のイメージとは、かなり違いますし、それに、全て原語です。
何としても、楽譜を探さねばと言う気に、なってしまいました。
私が日本語で歌ったのは、「消え去った音」という題で、日本語で歌うのに、良く合った歌詞だったと思いますので・・。

投稿: Clara | 2007年12月 3日 (月曜日) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/17108895

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュンニネン&ライッコネン/クーラ、メリカント、シベリウス歌曲リサイタル(2007年11月12日 紀尾井ホール):

« 内藤明美メゾソプラノリサイタル(2007年11月9日 東京オペラシティ リサイタルホール) | トップページ | 堅実かつ雄弁なピアニスト:ルードルフ・ドゥンケル »