« ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) | トップページ | ヒュンニネン&ライッコネン/クーラ、メリカント、シベリウス歌曲リサイタル(2007年11月12日 紀尾井ホール) »

内藤明美メゾソプラノリサイタル(2007年11月9日 東京オペラシティ リサイタルホール)

没後50年に因み オトマール・シェック「若き日の歌」
2007年11月9日(金)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
内藤明美(MS)
平島誠也(P)

シェック作曲

山のあなたo. Op. No. 11(ブッセ)
やすらぎの谷Op. 3-1(ウーラント)
葦の歌ⅠOp. 2-1「彼方には陽も沈みゆき」(レーナウ)
葦の歌ⅡOp. 2-2「空は曇りて雲は飛ぶ」(レーナウ)
葦の歌ⅢOp. 2-3「こもりたる森の小径を」(レーナウ)

別れOp. 3-3(ウーラント)
さよならOp. 3-4(ウーラント)
礼拝堂Op. 3-2(ウーラント)
九月の朝Op. 7-1(メーリケ)
捨てられた娘Op. 6-1(シュヴァーベン民謡)

エリーザベトOp. 8-1(ヘッセ)
知らせOp. 8-3(ヘッセ)
二つの谷からOp. 8-2(ヘッセ)
非難o. Op. No. 27(ヘッセ)

~休憩~

美しいところOp. 14-3(フライ)
思い出Op. 10-1(アイヒェンドルフ)
森の湖Op. 15-1(ロイトホルト)
わが母にOp. 14-1(メーリケ)
眠りよ 眠りOp. 14-4(ヘッベル)
プラハ学生の旅の歌Op. 12-2(アイヒェンドルフ)

ペレグリーナⅠOp. 15-6「人言うに 恋人は杭に」(メーリケ)
ペレグリーナⅡOp. 17-4「かつて神聖であった愛の」(メーリケ)
秋にOp. 17-2(ウーラント)
春の教会墓地Op. 17-3(ウーラント)

[アンコール]
シェック/山のあなたo. Op. No. 11
レーガー/マリアの子守歌
山田耕筰/赤とんぼ
島原の子守唄

----------------------------------

いつもお世話になっている歌曲投稿サイト「詩と音楽」の甲斐さんに声をかけていただき、メゾソプラノの内藤明美さんとピアニストの平島誠也さんによるオトマール・シェックの歌曲のみによるリサイタルを聴いてきた。
シェックは今年が没後50年のアニバーサリーなので、それに因んでのプログラミングだが、歌曲創作に人一倍力を注ぎ、重要な歌曲作曲家でありながら知名度は必ずしも高くないシェックの歌曲ばかりを実演で聴けるということはどれほど貴重なことだろうか。
しかも、後年の熟した作品ではなく、シェックの若かりし頃の作品ばかりで一晩のプログラムを組むというのは今後もなかなか無い快挙ではないだろうか。

シェックの歌曲創作はシューベルトからヴォルフに至る大家たちをリスペクトしているのが感じられるが、彼らの作曲している多くの詩に果敢にチャレンジしていながら、メーリケの「ペレグリーナ」作品群の中でヴォルフが作曲している2編を避けているのが興味深い。
特に「ペレグリーナⅡ」は深刻なピアノパートも含め、惹き込まれる名曲だった。
上田敏の「海潮音」で有名なブッセの「山のあなた」には素直な旋律が付けられ、リサイタルの最初とアンコールの2回歌われた。
ブラームスも同じ詩に作曲している「捨てられた娘」(ブラームスの題名は「悲しむ娘」Op. 7-5)はシュヴァーベン民謡の詩により、ブラームス歌曲の深い悲しみとは異なり、民謡的な素朴さを追求しているようだ。
ヘッセの詩による4曲はいずれもなかなか魅力的な作品だが、特にたゆたうような響きが聞かれる「エリーザベト」が美しく素晴らしかった。
アイヒェンドルフの「プラハ学生の旅の歌」は3節からなる歌曲で、ヴォルフのアイヒェンドルフ歌曲に通ずる物語展開の面白さがあり楽しかった。
プログラム最後の「春の教会墓地」はしっとりとした趣が印象的で、平島さんのピアノ後奏が深い思いを反映した美しさだった。
アンコールは4曲歌われたが、ドイツリートとは全く異なる世界をもった「島原の子守唄」の感動的な歌唱には驚かされた。
ほんの数分の中で1つのドラマがくっきり浮かび上がってくるようで、内藤さんの持ち駒の豊かさを感じさせられた。
ちなみに内藤さんは前半では髪を束ね青いドレスで登場し、後半では鮮やかな赤いドレスに衣装を変え、髪もほどき、さらにペレグリーナを歌うセクションではショールをまとい、奔放な放浪癖のある女性を演出していた。

寡聞にして私はこれまで内藤さんのお名前も演奏も存じ上げなかったのだが、今回、その歌唱を聴き、甲斐さんが絶賛しておられたのが納得できる素晴らしい名唱であった。
これほどリートの歌唱に適性をもった歌手にはそう出会えるものではない。
声はどこをとっても美しく練られているばかりか、色合いの豊富さと深みがあって、1曲1曲に思いが込められているのがしっかりと伝わってくる。
そのドイツ語は明晰でネイティヴのような自然さだった。
珍しい作品を演奏する人の中には手探りで危なっかしい演奏を聴かされることもあるものだが、内藤さんは暗譜で完全にご自分の血肉とされていた。
これは平島さんのピアノにも感じられ、芸術家としての誠実で真摯な姿勢に感銘を受けた。
客席はほとんどがお弟子さんで占められていた感もあり、一般の歌曲ファンと思われる客層があまりいなかったのは残念だが、派手なプロモーションはなさらない主義なのかもしれない。

平島氏のピアノは見事なまでの完成度の高さで、自在に操る音色の美しさはベテランならではの底力のようなものを感じさせられた。
特に「ペレグリーナⅡ」での深みのある表現が素晴らしかった。

内藤明美という屈指の名歌手を知ることが出来、さらに平島誠也という現役最高の歌曲ピアニストの妙技を味わえて、とても収穫の多いコンサートだった。
今後は是非このコンビでの録音を望みたいものである。

なお、今回は甲斐さんと初めてお会いできたばかりか、甲斐さんのお知り合いの方たちとも知り合えて、充実した楽しい時間を過ごすことが出来た。
同じ趣味を持つ方たちと時間を共有する楽しみを感じられて感謝!

Naito_hirashima_200711

←ちらし

|

« ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) | トップページ | ヒュンニネン&ライッコネン/クーラ、メリカント、シベリウス歌曲リサイタル(2007年11月12日 紀尾井ホール) »

コンサート」カテゴリの記事

シェック」カテゴリの記事

内藤明美」カテゴリの記事

平島誠也」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私も素晴らしい演奏会の場に身を置くことが出来ました。
この記事を読ませて頂き、当日の感動が甦ってきました。
ドイツリートについて、詳しいこともあまり知りませんでしたが、内藤さんの深みのある声と、表情の豊かさに魅せられてしまい、身近な場所で、こうした演奏会に触れることが出来て、良かったと思います。
曲や演奏についての詳しいレビュー、ひとつひとつ納得できます。
つまらないコメントは、何も付け加えない方がいいように思います。
甲斐さんのお導きで、偶然、ご一緒に感動をわかちあえたことの幸せをお伝えしたくて、立ち寄らせて頂きました。
有り難うございました。

投稿: Clara | 2007年11月11日 (日曜日) 10時44分

Claraさん、ご訪問とコメントを有難うございます。
先日はご一緒に音楽を楽しむことが出来、こちらこそとても充実した時間を過ごせました。
合唱をなさっているClaraさんだからこそ感じる部分もあったことと思います。
また、初めてお会いしたとは思えないほど、楽しくお話させていただきました。
シュッツやモンテヴェルディなどの古楽は全く疎いので、Claraさんの日記でいろいろ教えていただけたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: フランツ | 2007年11月11日 (日曜日) 13時39分

フランツさん、ごぶさたしております。
演奏会当夜は弟がお世話になりました。
たいへんすばらしい演奏会だったようですね。私も伺いたかったのですが、所用があり上京できず残念でした。歌曲好きでありながらシェックは全く明るくなく(聴いたのはF=ディースカウくらい)お恥ずかしい限りなのですが、今年の6月にclavesレーベルから発売された合唱曲集(商品番号:502701)が非常に優れた出来栄えで、これから全般に渡って聴いてみたいと思っております。内藤さんに関しては昨年も聴き逃しておりますので、次回こそ是非と思っております。ひとまず、弟のかわりにお礼まで。ありがとうございました。

投稿: | 2007年11月11日 (日曜日) 20時51分

竹さん、こんばんは。コメントを有難うございます。
演奏会で弟さんと初めてお会いできて、とても楽しい時間を過ごせました。ご兄弟でネットショップを開くという関係、いいなぁと思いました。先日も弟さんの仕事への情熱が言葉の端々に感じられましたので。
私もそれほどシェックの曲は知らないまま、少し予習をしただけで当日に臨んだのですが、若い頃の作品とはいえすでに立派な芸術作品として完成されていたので、最後まで楽しめました。竹さんの聴かれたclavesの合唱曲も機会があればぜひ聴いてみたいと思います。
こちらこそ先日は弟さんにお世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: フランツ | 2007年11月11日 (日曜日) 23時53分

フランツさんこんばんは。
わたしの方はもう感動したことを伝えるのが精一杯で、曲目も何も書かずにいたのが、こちらで詳細を掲載して頂いて助かりました。
今回の演奏会では、本当にたくさんの感動することがありましたが、わたしの良き友人たちの中でも屈指の歌曲通のフランツさんに、内藤さんを「屈指の名歌手」と評して頂いたことに、これまた感動しました。ありがとうございました。

投稿: 甲斐 | 2007年11月12日 (月曜日) 01時14分

甲斐さん、こんばんは。
甲斐さんの日記は、確かに「感動」が溢れているのが感じられて、とても素晴らしい文章でした。
内藤さんはリート歌手として実力に見合った知名度を得ていませんが、これも一つの生き方だと内藤さんが満足しておられるのなら、このままでもいいかもしれません。ただ、日本にも白井さんのほかにまだ最高のリート歌手がいるということを知らない人があまりにも多いのももったいない話ですね。
今回、甲斐さんに内藤さんという歌手を教えていただけたこと、本当に感謝しています。まだまだ知られざる才能がいるのかもしれませんね。

投稿: フランツ | 2007年11月12日 (月曜日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/17037404

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤明美メゾソプラノリサイタル(2007年11月9日 東京オペラシティ リサイタルホール):

» 【 作曲家 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
作曲家に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日曜日) 01時55分

« ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) | トップページ | ヒュンニネン&ライッコネン/クーラ、メリカント、シベリウス歌曲リサイタル(2007年11月12日 紀尾井ホール) »