« シューベルト「収穫の歌」(詩:ヘルティ) | トップページ | ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) »

シェック「秋の感情」(詩:ゲーテ)

Herbstgefühl, Op. 19a-1
 秋の感情

Fetter grüne, du Laub,
Am Rebengeländer
Hier mein Fenster herauf!
Gedrängter quellet,
Zwillingsbeeren, und reifet
Schneller und glänzend voller!
Euch brütet der Mutter Sonne
Scheideblick, euch umsäuselt
Des holden Himmels
Fruchtende Fülle;
Euch kühlet des Mondes
Freundlicher Zauberhauch,
Und euch betauen, ach!
Aus diesen Augen
Der ewig belebenden Liebe
Vollschwellende Tränen.
 より分厚く緑になれ、木の葉よ、
 葡萄棚に接した
 この私の窓辺へ上っておいで!
 さらにせかされてふくらむのだ、
 双子の葡萄よ、そして実るのだ、
 よりはやく、より輝きにあふれて!
 おまえたちを母なる太陽が
 別れの眼差しで照りつけ、おまえたちのまわりで
 素敵な天からの
 豊かな実りが音をたてる。
 おまえたちを月の
 親しげな魔法の息吹が冷やす。
 そしておまえたちを露でぬらすのは、ああ!
 この瞳から、
 永遠に元気づける愛の瞳から、
 いっぱいに溢れる涙なのだ。

詩:Johann Wolfgang von Goethe (1749.8.28, Frankfurt am Main - 1832.3.22, Weimar)
曲:Othmar Schoeck (1886.9.1, Brunnen - 1957.3.8, Zürich)

--------------------------------

今年はスイスの作曲家オットマル・シェックの没後50年目である。
彼は膨大な数の歌曲を残し、F=ディースカウやヘフリガーなどによって歌われてきたものの、必ずしも質と量に見合った知名度、評価を得ていない。
実は私自身も彼の歌曲はこれまでほんの一部しか聴いておらず、Jecklinレーベルの11巻からなる歌曲全集も1、5、10巻を所有しているのみである。
この機会に少しシェックの歌曲に触れてみようと1、5巻の初期歌曲から聴き始めているのだが、これがなかなか良い。
R.シュトラウスのような爛熟した陶酔ではなく、もっと自然で丁寧な作風が一見地味なのだが、詩に対して誠実に向き合っているのがとても心地よい。
ゲーテ、ハイネ、メーリケ、アイヒェンドルフといったシェックにとっても過去の偉人たちに作曲しているだけでなく、ヘルマン・ヘッセのような彼の同時代人の詩も積極的に取り上げている(かつてF=ディースカウはヘッセの詩のみによるシェック歌曲集を録音していた)。

ここで訳したゲーテの「秋の感情」はブラームスによるヘルティの詩による「秋の感情」とは全く趣が異なり、秋の「実り」を歌っているようだ。
シェックの曲はゲーテの詩ばかりを集めた作品19aの第1曲目で、しっとりとした中に詩の展開を反映させた動きも感じられ、味わい深い作品である。

|

« シューベルト「収穫の歌」(詩:ヘルティ) | トップページ | ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) »

ゲーテ」カテゴリの記事

シェック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

フランツさんのブログは大好きです。
でも、私にはゲーテの詩が身体に合わないようです。特に燃えたぎる情熱、わき起こる感情、みたいなものが秋の静けさに似合わなくて、それはゲーテの有名なグレートヒェンの歌曲もそうだし、西東詩集もなんとなく嫌いです。
ゲーテが大文豪で凄い詩人だということは、またさまざまな詩形を駆使して技術的にも凄いということは、私でも感じ取れます。
でも、なんとなく好きになれません。
疾風怒濤的な感じが嫌なのでしょうか。

なんかネガティブな感想ですみません。
フランツさんのブログは大好きです。

投稿: Auty | 2007年10月28日 (日曜日) 10時45分

Autyさん、率直なコメント、有難うございました。
文学や音楽、美術などは最終的には好きか嫌いかだと思います。一般的には高く評価されているのに何故か好きになれなかったり、逆に全くの駄作と言われているものが妙に心に響いてきたり。
Autyさんがゲーテと相性が合わないというのも、世評に惑わされずにご自身で感じた真実なのですから、その気持ちは大切にされていいと思います。
私も率直に言いますとゲーテは大好きというタイプではないのですが(今のところ)、彼の詩に付けられたシューベルトやヴォルフの歌曲はとても素晴らしく、好んで聴いています。
私の場合は最初に音楽に惹かれ、その後でテキストの詩を読むというパターンが多いです。人それぞれですね。

投稿: フランツ | 2007年10月28日 (日曜日) 12時56分

フランツさん
ほんとに失礼なこと書いてすみませんでした。
このブログの「Taubenpost」って「白鳥の歌」からですよね。鳩がリート情報を持って飛んできてくれるみたいでとってもかわいくて好きです。

ゲーテは高橋健二さんが新潮文庫で訳している「格言集」が結構好きでした。「峯峯に憩いあり」も好きです。要するに愛に燃えまくってるような詩がだめみたいです(笑)。

フランツさんのブログを参考に少しずついろいろ聞いていきたいです。

投稿: Auty | 2007年10月29日 (月曜日) 11時19分

Autyさん、全然失礼だなんて思っていませんからご安心ください。人間ですから芸術作品に対して好き嫌いがあって当然です。
Taubenpostはおっしゃる通り、「白鳥の歌」からとりました。私の最も好きなシューベルト歌曲の一つです。
「峯峯に憩いあり」は静謐な雰囲気と晩年の思いが選ばれた言葉で素晴らしく表現されていますね。シューベルトがまた見事に曲を付けています。
今後とも率直なご意見をお待ちしています。

投稿: フランツ | 2007年10月29日 (月曜日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/16892216

この記事へのトラックバック一覧です: シェック「秋の感情」(詩:ゲーテ):

« シューベルト「収穫の歌」(詩:ヘルティ) | トップページ | ヴォルフ歌曲全曲演奏会(第12回)(2007年10月31日 浜離宮朝日ホール) »