« 「詩人の恋」第4曲:ぼくがきみの瞳を見つめると | トップページ | 「詩人の恋」第6曲:ライン川、聖なる川の »

「詩人の恋」第5曲:ぼくの魂を潜らせたい

Ich will meine Seele tauchen
In den Kelch der Lilie hinein;
Die Lilie soll klingend hauchen
Ein Lied von der Liebsten mein.
 ぼくの魂を潜らせたい、
 百合の萼(うてな)の中に。
 その百合にそっと歌わせるのだ、
 ぼくの恋する女(ひと)の歌を。

Das Lied soll schauern und beben
Wie der Kuß von ihrem Mund,
Den sie mir einst gegeben
In wunderbar süßer Stund'.
 その歌はぞくっと震えるものにしよう、
 彼女の口からのキスのように、
 その口は彼女がぼくにかつてくれたもの、
 すてきな甘いひとときに。

|

« 「詩人の恋」第4曲:ぼくがきみの瞳を見つめると | トップページ | 「詩人の恋」第6曲:ライン川、聖なる川の »

シューマン」カテゴリの記事

ハイネ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/12305884

この記事へのトラックバック一覧です: 「詩人の恋」第5曲:ぼくの魂を潜らせたい:

« 「詩人の恋」第4曲:ぼくがきみの瞳を見つめると | トップページ | 「詩人の恋」第6曲:ライン川、聖なる川の »