« 「詩人の恋」第3曲:薔薇、百合、鳩、太陽 | トップページ | 「詩人の恋」第5曲:ぼくの魂を潜らせたい »

「詩人の恋」第4曲:ぼくがきみの瞳を見つめると

Wenn ich in deine Augen seh',
So schwindet all mein Leid und Weh;
Doch wenn ich küsse deinen Mund,
So werd' ich ganz und gar gesund.
 ぼくがきみの瞳を見つめると、
 ぼくの悲しみや痛みはみんな消えてしまう。
 でもぼくがきみの口にキスすると、
 ぼくはすっかり元気になってしまう。

Wenn ich mich lehn' an deine Brust,
Kommt's über mich wie Himmelslust;
Doch wenn du sprichst: "ich liebe dich!"
So muß ich weinen bitterlich.
 ぼくはきみの胸に寄りかかっていると、
 天上の至福を味わっているような気分になる。
 でもきみが「好きです!」と言おうものなら、
 ぼくは激しく泣かずにいられないのだ。

|

« 「詩人の恋」第3曲:薔薇、百合、鳩、太陽 | トップページ | 「詩人の恋」第5曲:ぼくの魂を潜らせたい »

シューマン」カテゴリの記事

ハイネ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/12305874

この記事へのトラックバック一覧です: 「詩人の恋」第4曲:ぼくがきみの瞳を見つめると:

« 「詩人の恋」第3曲:薔薇、百合、鳩、太陽 | トップページ | 「詩人の恋」第5曲:ぼくの魂を潜らせたい »