« 素晴らしく美しい月、五月に(Im wunderschönen Monat Mai) | トップページ | 五月の夜(Die Mainacht) »

五月に寄せるわが挨拶(Mein Gruss an den Mai)

五月を歌ったシューベルトの歌曲「五月に寄せるわが挨拶」D305の詩を紹介したい。詩人はシューベルトと同時代を生きたクンプフ(Johann Gottfried Kumpf:1781年12月9日Klagenfurt-1862年2月21日Klagenfurt)で、筆名はエルミーン(Ermin)。医者、編集者、詩人という多くの顔を持った人だったようだ。なお、グレイアム・ジョンソンによると、シューベルトは自筆譜に第1節の詩のみを記し、「もう8詩節」と書いているそうだが、1節の詩句の一部の音節を増やして(明らかに誤って)作曲してしまった為に、ほかの詩節を歌うのが困難になってしまったそうだ。

----------

ようこそ、おお五月よ!おまえの花の天国、
おまえの春、おまえの喜びの海よ。
ようこそ、私のまわりで
新たに生まれたものの楽しい一群よ。

|

« 素晴らしく美しい月、五月に(Im wunderschönen Monat Mai) | トップページ | 五月の夜(Die Mainacht) »

シューベルト」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/10168195

この記事へのトラックバック一覧です: 五月に寄せるわが挨拶(Mein Gruss an den Mai):

« 素晴らしく美しい月、五月に(Im wunderschönen Monat Mai) | トップページ | 五月の夜(Die Mainacht) »