« 恥じざる伴奏者ジェラルド・ムーア | トップページ | シューベルト:シラー歌曲 »

アンナ・モッフォ逝去

1960〜70年代に活躍したアメリカのソプラノ、アンナ・モッフォ(Anna Moffo)が3月10日、ニューヨークの病院で亡くなったそうだ。生年については諸説あるようだが、グローヴやニューヨーク・タイムズの記事によれば1932年(6月27日ペンシルヴァニア州Wayne)生まれで享年73歳ということになる。ヴィオレッタ、ミミ、ルチアなどを得意とし、その美貌を生かして数本の映画に出演したり、イタリアのTV番組に10年以上出演し続けたりと活動の幅は広かったようだ。

正直に告白すると私はモッフォの歌はまだ一度も聴いていない。ただ、ジェラルド・ムーアのディスコグラフィー作成のために情報を集めていて、モッフォもムーアと1枚のドイツリート・アルバムを作っていたことを知った。ほかにもジャン・カサドシュとのドビュッシー歌曲集や、「オヴェルニュの歌」も録音しているらしい。まだCD化されていないムーアとの有名曲を集めたリサイタル盤を記して、彼女のご冥福を祈りたい。

Anna Moffo(S) Gerald Moore(P) : 1971年9月2~5日、Schloss Klesheim, Salzburg 録音

(COLUMBIA : OS-2800)

シューベルト/あなたは憩いD776;ナイティンゲールにD497;春の夢D911-11;至福D433

シューマン/献呈Op. 25-1;わが麗しの星Op. 101-4;私は恨まないOp. 48-7;月夜Op. 39-5

ブラームス/永遠の愛についてOp. 43-1;ひばりの歌Op. 70-2;五月の夜Op. 43-2

R.シュトラウス/万霊節Op. 10-8;あなたの黒髪をわが頭に広げよOp. 19-2;わが思いのすべてOp. 21-1;ツェツィーリエOp. 27-2;帰郷Op. 15-5

----------

(以下、2006年5月20日追記)

7月19日に上のリサイタル盤が、モッフォ追悼シリーズの1枚としてCD復活するそうで楽しみです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1312159

|

« 恥じざる伴奏者ジェラルド・ムーア | トップページ | シューベルト:シラー歌曲 »

ジェラルド・ムーア」カテゴリの記事

ソプラノ歌手」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/9167832

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ・モッフォ逝去:

« 恥じざる伴奏者ジェラルド・ムーア | トップページ | シューベルト:シラー歌曲 »