« シューベルト:ミュラー歌曲 | トップページ | クリストフのロシア歌曲集 »

ミュラー「凍った涙」

今日関東地方は朝から久しぶりの雪です。6cmを超すのは5年ぶりなんだとか。こういう日にシューベルトの「冬の旅」を聴くのも悪くないでしょう。第3曲「Gefrorne Tränen(凍った涙)」(ミュラー:詩)をご紹介します。

凍った涙

凍ったしずくが
私の頬から落ちて行く。
気付かなかったのだろうか、
自分が泣いていたことを。

おい、涙よ、わが涙、
それなのにお前はこんなにもなまぬるいのか、
固まって氷になってしまうほどに、
冷えた朝露のように。

それなら、ほとばしりでるがよい、
熱く燃えさかる胸の泉から、
冬の氷をすべて
溶かし尽くそうとするかのように。

|

« シューベルト:ミュラー歌曲 | トップページ | クリストフのロシア歌曲集 »

シューベルト」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/8265496

この記事へのトラックバック一覧です: ミュラー「凍った涙」:

« シューベルト:ミュラー歌曲 | トップページ | クリストフのロシア歌曲集 »