« アーメリングのバイオグラフィー(2) | トップページ | アーメリングのバイオグラフィー(4) »

アーメリングのバイオグラフィー(3)

モンテヴェルディ、ハイヘンスからメノッティ、ダッラピッコラまで幅広いレパートリーを持つアーメリングだが、最も得意とした歌曲の分野では数々の名舞台、名録音を残し、ハイドン、モーツァルトからシューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、ヴォルフなどのドイツ歌曲や、フォレ、ドビュッシー、ラヴェル、プランク、サティなどのフランス歌曲、さらにムソルクスキーの歌曲集「子供部屋」や中田喜直の歌曲まで歌っている。

オーケストラ歌曲では、ラヴェル「シェエラザード」、ベルリオーズ「夏の夜」、R.シュトラウス「4つの最後の歌」、ベルク「ワイン」「アルテンベルク歌曲集」などを歌っている。

1980年代に2枚のポピュラー・ソング・アルバムをリリースして驚きをもって迎えられたが、実はレコード会社の奇抜な企画というわけではなく、すでに1969年にガーシュウィンの「私の彼氏(The Man I Love)」を録音しており、1972年7月にはオランダ・フェスティヴァルでルイ・ファン・デイク(Louis van Dijk)のトリオと共演してコール・ポーターやガーシュウィンなどを歌っているのである。

共演者は数多く、指揮者はエルネスト・アンセルメ、カール・ミュンヒンガー、クレメンス・ホルトハウス、アルベルト・ケッテラレイ、ヤン・ドゥ・ヴァールト、イシュトヴァン・ケルテス、アントン・ファン・デル・ホルスト、レイモンド・レッパード、クルト・ザンダーリング、ベルナルト・ハイティンク、ヴォルフガング・サヴァリシュ、カルロ・マリア・ジュリーニ、ジョン・エリオット・ガーディナー、ヨーゼフ・クリップス、ロリン・マゼール、ヴォルフガング・ゲンネンヴァイン、モーシェ・アツモン、エド・ドゥ・ヴァールト、カール・リヒター、ベンジャミン・ブリテン、ポール・スタイニッツ、ヘルムート・ヴィンシャーマン、フィリップ・レッジャー、アントン・ケルシェス、ネヴィル・マリナー、オイゲン・ヨッフム、ラファエル・クーベリック、ヴィットーリオ・ネグリ、ジャン・フルネ、ミッシェル・コルボ、ミヒャエル・ギーレン、ユーリウス・ルーデル、アンドレ・プレヴィン、アンタル・ドラティ、小澤征爾、エーリヒ・ラインスドルフ、フェルディナント・ライトナー、テーオドール・グシュルバウアー、ニコラウス・アルノンクール、ズデニェク・マーツァル、ロバート・ショー、クルト・マズア、ハンス・フォンク、セルジュ・コミッシオーナ、ジェラード・シュウォーツ、ルーカス・フォス、エト・スパンヤールト、Gerhardt Zimmermannなど、 ピアニストは初期のヘルマン・ウルホルン(Herman Uhlhorn)(1932-1996)、フェーリクス・ドゥ・ノーブル(Felix de Nobel)(1907-1981)や、イェルク・デームス(1928-)、ノーマン・シェトラー(1931-)、ドルトン・ボールドウィン(1931-)、アーウィン・ゲイジ(1939-)、トマス・グラッブ(Thomas Grubb)(1951-2014)、ルイ・ファン・デイク(Louis van Dijk)(1941-)、ルドルフ・ヤンセン(1940-)、ロジャー・ヴィニョールズ(1945-)、小林道夫(1933-)、Elyakim Taussig(1944-)、Mikael Eliasen(1944-)、ハンス・スハウマン(Hans Schouwman)(1902-1967)、ヴィルヘルム・ノイハウス(Wilhelm Neuhaus)、それに録音ではジェラルド・ムーア(1899-1987)やグレアム・ジョンソン(1950-)、フランク・マルタン(1890-1974)などとも共演している。

アーメリングは1995年4月2、9日にニューヨーク(リンカン・センター)、1996年にヨーロッパ各地で引退公演を行い、歌手活動から引退した。最後に地元アムステルダムのコンセルトヘボウで1996年1月29日に行われたさよならコンサートではボールドウィン、ヤンセン、ファン・デイクといった歴代の共演者たちが顔を揃え、盛大に行われたようだ。

日本では、1996年4月に紀尾井ホールなど4会場でオール・シューベルト・プログラムによるさよなら公演を行ったが、翌年5月にも再度アンコール公演として来日し、横浜、熊本でシューマン「女の愛と生涯」とシューベルトの歌曲を歌った(ボールドウィンのピアノ)。

※以下、(4)に続く

--------------

(2010年5月1日追記)

1996年1月29日アムステルダム・コンセルトヘボウ(Concertgebouw Amsterdam)でのフェアウェル・コンサートの共演者は以下のとおり。

ニュー・シンフォニエッタ・アムステルダム(Nieuw Sinfonietta Amsterdam)
エト・スパンヤールト(Ed Spanjaard)(指揮)
ロベルト・ホル(Robert Holl)(バス)
ドルトン・ボールドウィン(Dalton Baldwin)(ピアノ)
ルドルフ・ヤンセン(Rudolf Jansen)(ピアノ)
ルイ・ファン・デイク(Louis van Dijk)(ピアノ)
ジャニーヌ・ファン・メファー(Janine van Mever)(ピアノ)
ペペ・ロメロ(Pepe Romero)(ギター)
レオナルド・デ・リージ(Leonardo de Lisi)(テノール)
ミッシェル・ディスパ(Michel Dispa)(チェロ)

参考にしたサイトはこちら

|

« アーメリングのバイオグラフィー(2) | トップページ | アーメリングのバイオグラフィー(4) »

エリー・アーメリング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150976/7437388

この記事へのトラックバック一覧です: アーメリングのバイオグラフィー(3):

« アーメリングのバイオグラフィー(2) | トップページ | アーメリングのバイオグラフィー(4) »